登下校の送り迎えって多いの?登下校の道のりを歩いてみる!

投稿日:

※入学前準備として登下校についてまとめています。(追記書き直したものです)

 

小学校の入学準備であれこれと買い揃えて親も子供も期待する気持ちと不安でいっぱいですね。入学したら、自分で歩いて登校しなければなりません。

入学前の学校説明会でも学校から「必ず、実際に通学路をあるいて練習して下さい。」というお話があります。特に子供の目線だと見え方が違います。そして、右に曲がる、左に曲がるという覚え方でいると交差点などでは帰りは逆方向に向かってしまう子がいるそうで、帰りになると迷う子供が毎年います!ということでした。

行きがスムーズであっても、帰り道でも迷わないように何度も確認が必要です。そしていつも一緒だったママ、パパはいない状況で、一人で歩くことは、危険回避は容易ではありません。注意しなければならないところをしっかりと伝えておきましょう。

 

通学路は何を重点的にチェックするべきか?

通学路の練習は、親子で一緒に自宅から歩いて行きましょう。道路の交差点、信号がある横断歩道など車や自転車などが通る「かもしれない」という事を常に伝えましょう。

また、歩道を歩くことは基本ですが歩道を歩いていても自転車が来たり、駐車場から車が飛び出す事があります。

必ず1回止まって確認する事を一つ一つていねいに伝えましょう。

・街路樹、塀による見通しの悪い道

・道路幅が狭く歩道にガードレールなどが無い道

・信号がない横断歩道の渡り方

・車が走っている狭い道路

・茂みになっている空地や建設現場など

・駐車場の車の出入りが多い商業施設

などなど、大人では当たり前に注意している事ですが、小さな子供にとっては予測できない事が多いです。子供が安全に通学できるように通学路の地図を書いて説明しながら歩くと、目で見て理解が深まるようです!

 

道路の渡り方の練習

通学で起こり得る危険は何と言っても車との接触、交通事故です。交通事故は安全確認、飛び出しなどのルール違反によって起こる事がほとんどです。

特に小学生の低学年では飛び出しが多いというデータもあるようです。

 

一旦止まる事

左右を良く見る事

車が来ている時、見えている時は無理をして渡らない事

車が止まってから渡る

実際にあるいて伝えるだけでなく、子供自身が考える事も促してみましょう。安全な歩き方を身に着けるためには経験も必要です。

 

初めての練習では・・・

初めて通学路を歩いて練習をするときには、子供ですから危険な時、危ない!と声を上げてしまいそうですが、叱らずに気長に、子供のペースで歩く練習をしましょう。一度歩いていくことができれば、少しづつ自信につながります。

通学路も様々ですね・・・

 

小学校への登下校、実際はどんな感じか・・・など。

実際に入学してみてからの状況は?というと、入学してから数日が経過しても、学校までの道のりは長く、まだ知らないお友達が多いクラスなど、息子も緊張感を持っている感じが伝わってきました。

休み明けになると「のどが変…」とちょっとした体調不良をアピールしつつ、学校へ行きたくない気持ちもあるんだな・・と思いました。

熱や咳、鼻水が出ているわけでは無いので、もちろん登校を促します。近所のお友達と一緒に登校できるように、幼稚園も一緒だったお友達にお話しして、子供同士も約束したようですが・・・

まだ、小学1年生です。この前まで幼稚園バスに乗っていた子供です。

迎えに来ると思ったら来ない・・・とか当たり前にあります。待つものの時間リミットを過ぎたので、大通りまで一緒に歩き登校しました。途中で別れ一人で歩いていきましたが、息子が言うにはお友達と途中で合流できたという事です。

子供同士でなんとかなるものですね。

息子の場合、集団登校はないので自発的に近くのお友達と登校する必要がありますが、近所であっても子供同士がお友達でなければ難しいものです。お友達同士ても約束がうまくいかないくらいなので。

だからと言って、子供の登校に毎日付き添って送り迎えをする事は良いことなのか?途中まで送りますがどこまで送れば過保護じゃないのか?これって結構迷います。

 

入学スタート時、登校で送っている家庭は多い

少々驚いたのが、毎日一緒に歩いて送り迎えをしている方が多い事です。下校は先生が引率して集団下校をしていますが、ママ達も迎えに行き、一緒に帰って来ています。

集団下校の意味って・・・。迎えに行かないといけないのかな?と少し疑問に思ってしまいました。あれ?私の感覚がおかしいのかな?私は放置しすぎてる?

登下校で生まれるお友達関係や自立心もあるんじゃないかな?と思うのです。どなたかのブログかフェイスブックで知った言葉

乳児はしっかり肌を離すな。
幼児は肌を離せ手を離すな。
少年は手を離せ目を離すな。
青年は目を離せ心を離すな。

となっていました。

息子はもう少年になるのでしょうか。手は離さなければならないのだろうと。

 

長い道のりを歩く息子に、励ますことができた一つの映像

1.5キロ以上もの距離を毎日歩いて通う事になる息子。時間にしたら片道30分~40分、子供の足だとそれ以上はかかると思われます。大人の足でも歩いて行くとなるとそれなりの運動になる距離です。

脂肪燃焼するのに20分以上は歩く・・・と言いますから、ダイエットには最適な運動量になりそうです。

小学校1年生となると体も小さいし、ランドセルはまだまだ体よりも大きく見えるくらいで大丈夫なのかな?って不安になるのが親心です。

本人は、大丈夫大丈夫!って言っているけれど、本当に?って思ってしまいます。そんな時に、入学前のお正月頃だったと思うのですがNHKで「世界の果ての通学路」を放送していたのです。

たまたまチャンネルを変えている時にやっていたので、途中からみたのですが。通学路だけに着目した映像で、様々な国の子どもたちが学校へ通う姿の映像が流れます。

ケニアの子はライオン(だったかな?)との遭遇から逃れるように通ったり、インドの子どもは障害のあるお兄ちゃんを、悪路の中、泥まみれになりながら必死で学校まで連れて行くなどです。

乗っている車いすは日本でよく見るようなものではなく、手作りのものです。命がけで学校へ通ったり、泥だらけになりながら通う健気な姿に我が家は目を奪われました。

そんな映像を息子も夢中になってみてました。同じ小学生だと思えば、息子も興味津々です。こんなに大変な道をあるいて学校へ行く子達がいる・・・ということを知った息子は、自分が恵まれている事を実感したようで。

「僕の学校は近いね。」って安心していました。久しぶりに見たドキュメント映画では、これはとてもいい映画でした。こういうリアリティのあるものを、もっと身近なものとして、子供に見せてあげたい。

何と言っても印象的なのは、この映像に登場する子供達の将来の夢が明確である事です。しっかりと夢を語れる。夢を持つことで今の原動力になっている・・・と思いました。

夢って大切ですね。何もかも子供のために手を貸し、不自由なくサポートしてあげる必要なんてないのだと思い知らされます。

 

入学してからの男の子の登下校は、順調にいかない事が多い!

-入園・入学

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.