100万円貯めるためにはどうしたらいい?具体的な実践術

更新日:

お金を貯める基本は、1年で100万円貯める力を身に着けることがポイント。年収に合わせてお金の使い道、使う金額を制限していく・・というものです。

収入が少ないから貯められないと言っていたら、いつまでもお金は貯められない。給料がわずかでもUPしたって、きっと無駄なものにつかうだけになってしまいそうです。年収200万円でも年収400万円でも、100万円貯める力が必要。

そして、目標は1年で100万円という数字だけではなく、具体的に計画を立てる事が大切です。そんな100万円を貯める為の節約術も含めてまとめてみました。

 

1年で100万円貯めるという事は・・・

1年で100万円ということは、漠然とただ貯めたい!と夢を見ているだけではダメです。具体的な数字を直視しましょう。1000000円÷12か月で単純計算をしてみると、約83000円を毎月貯蓄に回していかなければなりません。

毎月この金額を貯蓄に回しましょう!と言ったところで、今までできなかった人にはハードルが高いかもしれません。そこで、気になるのはボーナスの存在です。ボーナスで一気に挽回!する事も可能ですが、ボーナスは業績や景気に左右されるもので確実な収入源とは言えません。ですから、できるかぎりボーナスに頼らずにお金を貯める事が大切です。

毎月のコツコツとためる習慣が身につかなければ、どんなにボーナスが入ろうとも浪費するばかりになりそうです。

 

 

上のグラフを見ての通り、毎月の貯蓄額が多いほど溜まるペースは早まります。最も少ない2万円と4万円では貯蓄額が半減するだけで、倍の時間が掛かってしまう事が分かります。

そして、共働き家庭の奥様がパートで得るお給料は、扶養の範囲内の収入であれば5万~10万程度であることが一般的でしょう。このパート代の使い道は一体どうなっているでしょう?

このパート代をできるかぎり日頃の生活費に充当せず、貯蓄に回すことができたとしたら、月8万円、10万円の貯蓄も可能になりそうではありませんか?

パート代を「生活の余裕あるお金」ととらえるか?「貯蓄のためのお金」ととらえるか?では、1年、2年で大きな差が生まれます。

 

固定費を見直して、チェンジできるものはチェンジ

固定費は毎月必ずある支出なので、0(ゼロ)にしていくことはとても難しいものです。だからこそ、必ず出ていくお金ですからできる限り抑えることが大切です。光熱費、保険料、通信費用などについては一度見直しをしてみましょう。

日頃の買い物の値引きには敏感な主婦も、この固定費については鈍感であるとも言われています。固定費の見直しは契約変更、サービス変更を伴うものが多く何となく面倒だと感じやすく「まぁ、いいか。」となってしまいがちなのです。

一度契約するとついついそのまま払い続けてしまう・・・というものです。ここはひとつ、思い切って行動しましょう。一度の見直しが後のプラスに働くのであればぜひ、見直したいところですね。

 

スマホなどの通信費のチェンジ

スマホなどの通信費は大きな支出ですね。大手キャリア3社では、月々の使用料は8000円~1万円以上もかかります。これが、家族全員となると大きな負担です。

最近は、「格安スマホ」の登場によりスマートフォンによる通信費用は、大幅に料金が下がりました。通信をする頻度にもよりますが、ざっとみても約半額程度には抑える事ができそうです。

ここで、通信費が安いと分かっていても、なかなかチェンジできない理由もちらほらあります。電話番号の引継ぎができるものの、キャリアメールアドレスが引き継げないことが最も多い理由の一つです。

今まで使っていたアドレスの変更は、その後の変更お知らせの手間などを考えると、ついつい億劫になってしまう人も多いかもしれません。キャリア携帯でメールアドレスをキープしつつも、通信費だけ格安スマホを使う・・・というケースでも料金は下げられるようですよ。

ちょっとアクティブになって、行動してみてもいいかもしれません。

 

お金を貯める目的、目標を明確に

 

お金を貯める!と決めると、なんでも我慢をして節約に励まなければならない・・・というイメージを抱いてしまう人がいます。もちろん、お金を貯めるためには支出を減らすことが大前提です。しかし、お金を貯める理由や、貯めて使う目的など明確にしなければ長続きしません。

お金を使うのは一瞬なのに、貯めるのは大変根気がいる事です。モチベーションを高めていかなければ、すぐにあきらめてしまったり、誘惑に負けてしまいますよ。

 

家計簿つけている?

固定費の見直しや、その他の支出について把握するためには家計簿が最適です。家計簿をつけていますか?この「家計簿をつける」という作業も実はとても面倒だと感じてしまいます。

そして、最初は調子よくつけていた家計簿も一度でもさぼってしまえば、継続できなくなってしまいます。このひと手間が面倒であるばかりに、消費行動がおさまらないという家庭は、実はとても多いのです。

共働きで働いている家庭でも無頓着にしていれば、入ってきた分だけ、出ていく生活になります。ここは1か月~3か月だけでもつけてみましょう。

そうすることで、1か月の支出が一目瞭然です。ムダな買い物、切り詰められるところを知るためにも実践してみましょう。3カ月間で毎月のお金の動きが把握でき、季節単位での支出も検討する事ができます。

いろいろな節約方法が世の中に浸透していますが、すべて自分にピッタリ合うとは限りません。自分に合った節約方法を知るには、やっぱり家計簿をつけてみるのが一番です。

家計簿の書き方や考え方は、こちらの記事を参考にしてみて下さいね!

お金の貯まるかんたん家計簿を始めてみる!

 

ムリな計画を立てていない?達成できる目標に

お金を貯めるぞ!と最初はとても気合が入るものですね。この気合をぜひ継続させるためにも、ムリな計画を立てないことが大切です。このページの冒頭でもお伝えした通り、毎月の貯蓄額が多いほど達成するまでの期間は短くなります。

だからと言って、目標期間が短すぎたり、1か月の貯蓄額を高く設定すると、急激に節約を余儀なくされてしまい、日常生活に支障が起こる場合があります。生活レベルを一気に下げすぎてしまうと、生活の不便さを感じてしまいます。また、気持ちも落ち込んだりネガティブになってしまうなどで長続きできないと全く意味がありません。

そのため、ある程度の余裕が必要で、無理ない貯蓄額の設定で必ず継続して終着点にまで行く事が大切です。

 

節約をする→買う物を見極める

節約をするというと、1円でも安いものを買えばOKという思考に陥りがちですが、これでは消費を減らすとは言えません。買い物をする時によく考えてから買い物をすることが大切です。買うときの値段だけに注目するのではなく買う物の見極めが大切です。

本当に必要な物だけを適切な値段で購入することが求められます。これらの基準はそれぞれ個人の価値観にも委ねられるところですが、「目的を果たせるなら値段は低い方がいいんじゃない?」「これはいいものを買っておきたい」などメリハリも必要です。

よく考えて買う物を見極めるには?

世の中には便利グッズは溢れていて、面白いなーと思うものが沢山あります。もちろん、使えば便利なものですし、見た目にもお洒落な方が嬉しい気持ちになります。しかし、本当に必要?と言われるとそうでも無いものが多いのです。

すでに世の中に浸透している家電を取り上げてみますと・・

最近はオーブンとレンジが一体になっていることが多いですが、オーブンの機能ってクッキング好きでないとあまり使わない機能なんですよね。トースターや魚焼きグリルでも十分対応できるのに、いらない機能にお金を払っているのですよ。

 

そこで、よく考えて買うときの見極めポイントです。

・日頃の生活で本当に必要?ムダじゃない?

・どのくらい便利で、我が家ではどんな効果(コストパフォーマンス)が期待できる?

・家にあるもので代用できない?

・魅力的な広告、見た目、セールス価格に惑わされていない?

・今欲しい・・・来週も同じくらい欲しい気持ちはある?

・長期間つかい続ける事ができる?メンテナンスや修理など頻繁にない?

 

生活で必ず買わなければならない物もあります。日用雑貨類です。洗剤やトイレットペーパーなどは「必要」「買う」が前提ですから、役目を果たせるもの、お値段に見合うものを購入します。

上記の見極めが必要になる買い物というのは、今まで持っていなかった物、必要と感じ始めている物などです。今まで持っていなかった物を買うという事は、生活のレベルアップにつながります。

持っていない物を買い続けると、どんどん生活のレベルが上がります。一時的には満足感もありますし、実際に便利な生活を手に入れる事ができますが、生活レベルの維持費用もかかる・・という感覚が大切ですよ。

 

買い物をしていないはずなのに、お金が貯まらない?

買う物の見極めが大切だというお話をしてきました。買う物も十分に見極めて、要らない物は買い物をしていないのに、お金がなかなか貯まらない・・・。

そんな方もいるのではないでしょうか。お金を使っても手元に物として残らない支出もあります。食費やドリンクや飲酒、美容、交通費、医療費などです。これらは、お金を使った後に「形」として残らないものばかりなので、「使った」という実感が得にくいものなのです。

 

食費、ドリンク、飲酒

生きて、健康を維持して、明日の活力にするためには食事は大切です。食材をできるだけ節約して抑える事になります。コツコツと節約しているものの、週末は必ず外食・・・という方はいませんか?これ、我が家もついついやってしまうのです。

もちろん、休日での家族の特別な時間ですから、外食も楽しみの一つです。ところが、計画的に外食をする日と決めていればいいのですが、今日は自炊が面倒だから・・・と頻繁に外食の日を設けてしまうとお金が出ていくばかりです。

また、外出時にコンビニで買ったペットボトルのドリンク、「今日も一杯だけ」という仕事帰りの居酒屋・・なども毎日ではないけれど、ついつい嵩んでいく支出の一つなのです。お茶だったらマイボトルで十分ですよ。

そして、食べてしまえば形に残らないために、何に使ったか分からない・・という状態になってしまうのです。

 

美容

最低限、必ず必要になる美容代と言えばシャンプーなどの日用雑貨から始まり、ヘアカット代金でしょう。そして、女性ならば化粧品類も必需品として外せません。これらは、最低限の金額であれば大きな出費になることはありませんが・・・。

美容もお金をかけ始めるとどこまでもかける事ができてしまいます。どこまでお金をかけるのか?というのは、時には女性にとってはとても難しい判断となることもあるのです。

美容室でもカットだけなら最低限で抑えられますが、ヘアカラー、ヘアパーマ、トリートメントコース、フェイシャルなどオプションを追加するとそこそこ大きな出費になります。上手にサロンのスタッフさんに勧められて、流れでOKしてしまう人は多いものです。

さらにさらに美容整形、脱毛なども高額な支出になりますが、形として残るものとは言い難いものです。美容にお金をかけたい女性の心との闘いですね。

 

交通費

交通費は日頃の通学、通勤で使用しているのは固定費でもありますし、会社であれば支給されているから良いですが。たまに遠出したときや、飲み会帰りのタクシー代などは注意が必要です。

知らない土地だから、疲れたから、終電がないからと、理由をつけて「楽」をするために、タクシーに乗ってしまっていませんか?また、マイカーはそれ以上にお金が掛かるという認識も必要です。

年間走行距離が多くても、少なくてもかかる年間維持費は約50万円はかかります。車社会の日本ですから、自家用車があるのが当たり前になっていますが、本当に所有するべきなのか?検討してみてもいいのかもしれません。

 

医療費

医療費は健康であれば一切掛かりません。持病がないのでしたら、病気をしない生活を心がける事も大切です。時々風邪をひいて、こじらせた・・という時に初診料、治療費、処方薬と気が付いたら2,3日で1万円支払った・・・というケースがよくあります。

病気するのもお金がいるのです。病気しない生活習慣、食事、十分な睡眠の確保などに気を付けたいですね。

 

ふいに出ていくお金の質を考える!

この買い物をしていないはずなのにお金が貯まらない原因は、多くのケースで「楽」をしたり、「誘惑」に負けているために起こる支出です。

いつも通りに規則正しく生活をしていたら、出ていくことは無いお金です。このムダに気づくためには家計簿ですが、手間暇かけずに確認するにはレシートを保管することです。ムダな支出だと判断できれば、次回同じようなケースに遭遇しても一歩踏みとどまることができるのではないでしょうか。

お金を使ったという「形」であるレシートは、手っ取り早いです。一時的にはちょっとしたお金でも、長期間にわたって積み重なると大きな金額になります。

 

いかがでしたでしょうか?ちょっとした日頃の習慣が大きな支出につながっていることも多いですね。少し行動を改めるだけで大きく貯められるかもしれません。実践できるものは少しでも早く取り入れていきたいですね。

 

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.