お金 を貯める !楽しみながらやり抜くお金の使い方とは? !

更新日:

 

d5ca88a71d51fa0d33d686b9661bd21b_s

毎月のお給料で生活をしている家庭では、貯蓄額をキープしていくためには、支出の徹底的なムダを省く必要があります。とは言っても節約する事に意識が向いて、気持ちにゆとりが無くなってしまうのは避けたいものです。そして、お金をしっかりと貯める事が出来る人は、「お金を使う」「お金を貯める」というメリハリとバランスが取れています。

貯金のコツ、節約のコツを抑えてメリハリのある生活を楽しみたいですね。いくつかまとめてみました。

 

お金を貯める時の基本は、貯めるお金(目標額)を決める事。

毎月のお給料でやりくりしている方が一般的に多いと思いますが、毎月の支出の残りを貯金・・・という方法はお金を貯める事は困難。

支出に制限が無いためあればあるだけ使う事になります。そのため、お金を貯めるときには最終目標を決めて、毎月貯めるべき金額を決める事をおすすめします。これを毎月継続して行うことで、予算の中でやりくりしていくスキルが身に着きます。

 

お財布を綺麗に使う事で、使い道も整理整頓

お財布に入っているレシートが山となっていたり、不要なカードがたっぷり入っている人はお金の管理が出来ていません。できれば、1,2日ごとにレシートは取り出して、お金の収支を確認してみて下さい。

お金を貯める為の理想のお財布についてはこちらも参考になります。

お金を貯めるための身につけたい生活習慣

また、クレジットカードなども複数枚持っている場合には、使っていない事も多いはずです。様々なお店で発行してくれるポイントカードも例外ではありません。クレジットカードの場合は、年会費なども掛かるので、思い切って使わないカードは処分してしまいましょう。

クレジットカードを何枚も持つ必要はありません!クレジットカードは適正枚数を持ちましょう!

貯金のコツ?クレジットカードも適正枚数に!

 

使う!という決断が出来る事も大切

節約をするスキルを身に着ける事ができれば、学びや趣味、人生を豊かにするための投資には「使う」と言う判断をすることもできるようになります。

いつでも節約ばかりでは、心に余裕がなくなってしまいます。自分へのご褒美でも良いので日々の節約が頑張れている時には、使い道も考えてみましょう。

 

「欲しい」と「必要」は違いがある事を忘れないで!

お金を貯める事が出来ない人の特徴では、周囲の情報に流されてしまう事があります。買い物をするときに本当に自分には必要なのか?と言う事を常に考えてみて下さい。

友人が使っていて良いと言っていたから・・・と自分も購入しなければ!と無駄遣いをしている事はありませんか?友人には必要でも、自分には必要ない事の方が多いです。その人がいいと思っている物でも、自分にも良いとは限らないのですから惑わされない事が大切ですね。

 

買うものの目的や意味が重要

物を買う時に【買う事】が目的になっていませんか?いわゆる「買って満足してしまう」というケースです。1冊の本を買いたいと思っていても読まずに買って本棚にしまってあるだけ・・・という経験はないでしょうか。読む時間が無い・・・なんて言い訳をして飾り物になっているという事はよくある話です。

ポン!と買ってしまいがちなのはやはり少額の商品です。チリも積もれば山となるという通り、少額な商品でも必要な理由、目的、意味について考えて、答えが出ない場合は買わないという事も習慣づけましょう!

買うという判断よりも、買わないという判断を導き出す事が肝心。

何気なく毎月いらないものにお金を使っているものです。人の行動は意識していない、無意識行動が多く存在しているもので、無駄な出費も例外ではありません。

無駄な出費が多いものの一例としては、食費や衝動買いなどがあります。冷蔵庫の中身を常にチェックして買い物をしていれば問題ありませんが、冷蔵庫にあるものを把握せずに買い物に出かけていませんか?

買い物前に冷蔵庫のチェックするだけでも簡単にお金が貯まる・・貯められると言ってよいです。

衝動買いもできればやめましょう。セールに遭遇すると今しか買えない!と言う気持ちになりとにかく買っておこう・・と買い物籠に放り込んでいる方は多いかもしれません。

食品に関わらず様々な買い物に言える事ですが、使う予定が無いのに買い溜めする行為は、無駄な出費と言ってよいです。

 

使うと貯めるのベストなバランスを見極める

お金を貯める為の日頃の節約はとても大切ですが、日々無理をしたりして切り詰めるのはできれば避けたいところです。自分への投資やご褒美も取り入れましょう。

なぜなら、節約は使うことを制限しなければならないので、ある程度のストレスを感じる事もあります。ストレス発散で高級ブランド品を買う・・・なんて女性も多いくらいなので、これでは地道な努力が無意味になってしまう可能性も。

そういった、爆発的な散財をしないためにも、適度に使う事も忘れてはいけませんね。

 

 

現金を大切にする!現金を手元に残すことを重点的に

節約の基本とも言えますが、現金を手元に残せるほど貯蓄額を増やす事ができます。必ず買い物では必要かどうか?を自分に質問してみてから決めます。徹底的にムダな買い物を無くすことで、貯蓄に回していきましょう。

つまり予算よりも抑える事ができたほうがイイ!というわけですね。ところが、日頃の生活の中でお金を使う時に、私たちを惑わしてしまうものが沢山存在しています。

そんな様々なケースについてみてみましょう。

SALE」など小さな値引きに惑わされないで!

「期間限定」「SALE」などの割引でのお買い物はとてもお得感を感じさせてしまいますが、値引き額でも相応の商品だと感じたら購入をやめる事も大切です。買う理由が安いから・・・というのは必要無い物である事がほとんどです。

安くなければ買わないのでしょうから、買わないで済むものかもしれませんね。

 

賞味期限があるものは買いだめをしない!

食品類の買いだめは悪いことではありませんが、賞味期限があり期間が短いような食べ物の買いだめはお勧めできません。

食品は保存する事で安心感はあるかもしれませんが、場合によっては消費しきれない事もあります。そうなると全ての買いだめがムダになってしまいますので、保存期間が短い食品類の買いだめはあまりお勧めできません。

 

日常的に使用しないものはレンタル、シェアでコストダウン

日頃の生活で日常的に使用しないものはレンタルやシェアサービスを利用しましょう。たとえば、日ごろ交通機関の利用が可能な地域で暮らしているならば、レジャー使用のマイカーをやめてレンタカーを利用することも良いですね。

また、育児用品は必要なのですが、使用する期間が限られるベビーベット、三輪車、ベビーバスなどはレンタルサービスを利用すると便利です。また、知り合いと融通し合うのも良いですね。

そして、卒入学時のスーツなども購入しても普段着用する機会が無い人も多いはずです。これらもその日限りの使用ですから、レンタルで済ませればコストダウンできます。

 

自分でできる事は自分でやって節約する

お金を使えば便利な物やサービスを手に入れる事ができますが、出費をおさえるならば自分で行動して節約する事が大切です。

特に仕事をしたり、子育て主婦でも時間が限られるために簡単にできる便利グッズは多く頼っている事も多いはずです。

食事でも自炊をする事はもちろんですが、加工食品、便利な調味料類、お惣菜などを購入すれば手軽に一品増やしたり、美味しく作る事ができます。しかし、これらの食品類は便利ではあるものの、通常出費よりも高くつくことがほとんどです。

できるだけ、加工食品を購入せず、自分で作る、味付けをする、工夫をして手作りする事で節約につながります。ちょっとした事ですが、作業を面倒だな・・と感じて便利な物を買わない事が、簡単にお金が貯まる方法の第一歩です。

 

最後に・・・

いかがですか?基本的な事も含めていろいろとまとめてみましたが、もうすでに当たり前に実践していますよ!という家庭も多いかもしれません。

実践し始めたら毎日、続けることがとても大切でもあり、難しくもありますね。できるだけ習慣化して貯金体質になりたいですね。

 

 

 

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.