小学校入学準備リスト(学用品類)費用はどのくらいかかる?

更新日:

 

DSC_0068

小学校入学の時期を迎えるのはわが子の成長を実感します。親の立場でもとても嬉しいもので、新しい環境である小学校生活がスムーズにスタートできるよう、小学校入学の準備は抜かりなく進めたいですね。

そこで、事前に準備するにあたって、気になるのはお金のことです。入学準備となるとあれこれと購入を迫られ、一時的ではあるもののまとまった出費です。

毎月のやりくり、事前準備をするのも家計を守る主婦の役目?ですから、早めに無理のない計画を立てておきたいですね。計画を立てるためにもざっくりとスケジュール表を作ると良いですよ。

 

小学校入学準備費用を概算してみる

小学校入学準備は、まとまった大きな出費となります。特に学習机、ランドセルは大型用品という位置づけになり、最も大きな出費です。

ランドセルの予算

ランドセルは1万円~10万円という幅広い価格帯ですが、5万円前後のランドセルが最も多いそうです。

ランドセルの選び方のポイント

 

学習デスクの予算

学習デスクも価格帯は幅広いです。底値をみても4万円前後で、10万、20万という高価なものもあります。7万~8万円前後の価格帯が最も多いようです。

学習デスクについては、置く場所の問題、出費が大きい、すぐに必要ではないなどの様々な理由、考え方によりすぐに購入しないという家庭も多くなっています。

我が家のケースも含めて学習デスクについて、詳しく記事にまとめています。

入学準備で迷う学習デスク購入についての詳細

 

子供用スーツの予算

続いて出費が大きいのは、子供用スーツなどの洋品類です。こちらもお得なセットスーツで7000円~3~5万円です。1万円前後が最も多いのではないでしょうか。子供用スーツについては、入学式以外で着用する機会はとても限られます。七五三かピアノの発表会などの予定があれば活用できますが、それでも着用できるのは数回程度です。

良い仕立ての物を購入したとしても、大人とは違いサイズの変化がありますから、翌年、翌々年に着用するのは厳しいものです。入学式限定であれば高額なスーツを購入する必要は無いかもしれません。

子供用スーツレンタルをすると5000円前後で済み、リーズナブルに抑えつつもブランド、メーカー品によるお洒落さを追求することもできます。半額程度の出費で済みますのでとても魅力的だと思います。レンタルスーツの場合はサイズ、デザインなど限られますので早めの予約が必要です。

 

入学準備費用のトータルはおよそ20万円前後

ランドセル、学習デスク、子供用スーツの3点で、平均的な価格帯の商品を選んだとしても、ざっくり15万円前後は掛かります。

ただし!ランドセルや学習デスクは祖父母からのプレゼントというケースもあり、プレゼントしてもらえた方が経済的にもとても助かりますし、うれしいものですね。我が家も両方の祖父母から、ランドセルと学習デスクをプレゼントしてもらいました。

その他、体操着などの学校指定用品、手提げなどのバッグ、袋類で多くみても2万~5万円程度プラスと考えておくとよいですね。

小学校入学準備費用として、合計約20万円は必要になりそうです。ママ、パパのスーツを新調しようとなったらさらにプラスです。

 

入学時に学校で購入した学用品類の費用

私たちが住む市の小学校では、入学時にすべて一律で学用品を揃えます。もちろん、兄弟の物を使う場合などは購入しないという選択も可能です。初めての学用品でしたので、指定の学用品があるのは迷わないし、忘れないで済むので助かりました。

学校側も最初は同じものを使った方が、子供達もわかりやすいというスタンスで説明されていました。地域によっては各自で購入するものもあると思いますが、ほぼ同じような物が必要になると思いますので、参考になるよう下記の通りまとめました。

 

・教科ノート複数冊(さんすう、こくご、かんじ、さくぶんなど)

・鉛筆2B(5本)

DSC03783

・お道具箱

・はさみ

DSC03776

・クレパス

DSC03784

・粘土

・連絡ノート

DSC03778

・連絡用ケース

・消しゴム(息子の小学校では、無地で白いものというのがルールで、キラキラしたもの、色付きのものは禁止)
DSC03782

・のり(息子の小学校はスティックのりですが、NGの学校もありますので注意)

DSC03785

・赤い鉛筆と青い鉛筆

DSC03781

・ペン(油性サインペン)

DSC03786

・さんすうお道具箱

DSC_0067

・名札

少し変わりつつある最近の名札についての記事です。

最近の小学生名札事情

・体操着上下(夏用・冬用)

・赤白帽子

・ぜっけん

・なわとび

・運動靴(内履き)

 

 

個人で購入した学用品類の費用

・筆箱(約1200円)

入学準備、筆箱・筆入れの選び方は?

・手提げバッグ

・靴袋

手作りしてみました。

入学準備、靴袋を手作り

 

学校生活がスタートしてから購入したもの

・水筒

・絵具

DSC03777

・水泳道具(水着、帽子、ゴーグル、タオル、プールバッグ)

DSC03790

・鍵盤ハーモニカ

・携帯電話(キッズ携帯)防犯対策用

・リュック(遠足用)

DSC03787

・お弁当箱

 

これも必要かも?と思って持たせていたら、持ってきてはいけなかった物

・鉛筆のキャップ

赤鉛筆の芯が折れやすい・・・と言うもので、キャップをしておけば筆箱の中で芯がぶつかって折れないよ・・って、子供の頃はキャップを使っていたことを思い出し、購入していたものを付けていました。

ところが、学級だよりに頻繁に学校の持ち物のきまりを守りましょう!という内容があったもので、再度確認してみたら持って行ってはいけなかった(汗)というわけで、すぐに辞めさせました。

・鉛筆削り

鉛筆削りは、筆箱に付いてきた小さなものです。付属しているタイプの筆箱は多いと思います。そのまま、一緒に筆箱に入れていました。これについては、私も持って行っていいのか?気になったので、息子にもコレ持ってきている子いないんじゃない?と質問すると、「持ってきている子はいるよ。○ちゃんと、○君と。」って。

じゃあ大丈夫なのかな?と思いましたが、その子達もルールが分からないまま持ってきていたということが分かり辞めさせました。

 

 

-入園・入学
-, , ,

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.