人の悪口を言う人の心理!特徴と対処法を知って惑わされない

投稿日:

 

 

人の悪口はできれば言いたくないですし、聞いてもいい気分にはなれません。しかし、噂話のようなものでしょうか。人が集まるとどうしても人の悪口を言い始める人が一人、二人といるものなのです。

しかし、人との関わり、お付き合いの中で人の悪口を言う人はほぼ、決まっていることが多いものです。人の悪口を言う人の心理や対処法などまとめてみました。

 

人の悪口を言う人の心理、特徴とは?

人の悪口や意地悪を言ってはいけないですよ!小学生の子供達が頻繁に先生達に言われているようなことです。ところが、大人になっても人の悪口、意地悪を言う人は必ず存在します。子供の頃からいけない事だと言われていても、【悪口を言う】わけです。

どうしても悪口を言ってしまう人は、さまざまな原因となる特徴があります。

不満、ストレスを抱えている人

悪口を言う人は、常に不満を抱えています。不満がある上にそれがストレスになっているため、解消するための行為が他人の悪口になっているのです。

例えば、誰もが社会人、大人になれば・・・嫌々塾通いをしているような子供達も含めて、生きていれば不満やストレスは大なり、小なりあるものですが、それを埋め合わせるだけの解消法がない人が悪口を言ってしまうのでしょう。

趣味や夢中になれる事、好きな事がある人は、悪口をいう事がどれだけ無駄な時間で、つまらない時間が分かっています。

 

プライドが高い人

人は誰にでも劣っていたい・・・と思う人はいません。人との違いは必ずあるものですが、人間は【優】【劣】を比べてしまう悲しい生き物なのです。

相手の方が上であると思ってしまったとき、多くの人はそのような事だけにとらわれず、固執せず心を切り替える術を持っています。

しかし、プライドが高い人は、いかなる状況であっても我慢ができないもので、人の悪口、欠点などネガティブな話題を取り上げて相手を落とし、自分を優位な立場にしようとします。

 

劣等感がある

プライドが高い人と似ている心理ですが、自分が優位ではないという状況が常にある人で、相手に対しての劣等感から自分を優位にしたいがために、悪口を言います。劣等感をかき消すための手段になってしまうのです。

他人の立場を悪くするために画策する人もいるくらいですから、注意が必要なケースもあります。

 

好かれたい、嫌われるのが怖い

また、悪口も自ら発信する人ばかりではありません。先陣を切って発信している人のそばで、同調して悪口を言う人もいます。

こういう人は、子供の世界でも大人の社会でも起こることで、いわゆる【いじめ】の現場で起こる現象です。先陣を切って悪口を言う人は、多かれ少なかれ誰の事でもターゲットにして悪口を言うものです。

些細な事でもきっかけさえあれば、悪口のターゲットを見つけて、悪口を言います。自らが発信せずとも、そばで同調している人も持ち合わせている心理も似ていますし、結局は同類です。

同時に、自分がターゲットになりたくない、好かれたい、嫌われるのが怖い・・という心理も働いています。

このような同調してしまう心理は、集団化するほど強く働きますから、学校や職場で起こりやすいと言えそうです。

 

もともとネガティブ思考

表面上は明るく振舞い、その場その場では仲良くしていますが、相手のことを信用しきれない気持ちも持ち合わせているなど、ネガティブ思考の人も悪口を言うケースがあります。

【相手の気持ち】というのは、そもそも手に取るように分かるものではありません。明確に相手の気持ちを理解することは難しいものですが、コミュニケーション能力、スキルが不足しているために、【相手が分からない】状況に陥っているとも言えます。

コミュニケーションスキルを磨く、経験を積むことで相手の気持ちを予測、汲み取ることができるようになるものです。

一番は、相手の立場になって考える事ですが、ネガティブ思考の強い人が克服する、ポジティブな思考を身に付ける事が大切です。

ネガティブ思考の人は、嬉しい気持ちを共有したり、何かを成し遂げる達成感、成功体験などの経験が不足しています。むしろ、失敗、悲しい気持ち、傷ついた体験が多く引きずっている状態です。

そのため、傷つく前に相手を傷つけようと、ついつい軽はずみに悪口を言っている場合もあります。防衛本能によって起こる行動という場合もあるのです。

 

悪口を言う人は苦手、悪口を言う人は嫌われる

子供でも大人でも、悪口を言う人は苦手なものです。聞いていて楽しい気分になるものではありません。もしも、楽しいと感じてしまっている人は、上記で紹介した心理が働いたり、特徴のある人であると自覚しなければなりません。

悪口を言う人が苦手だと感じるようになるのは、自分の悪口も言われるようになるのでは?と思うからです。つまり、自分が悪口のターゲットになりたくないので、ほぼ交流は無くなっていきます。

悪口もその場、その時いる人達の話題で終わらないことがあります。場を変え、相手を変え悪口の伝染も始まります。噂話レベルにまでなると、悪口もあること、ないこと、色がついてしまいます。

悪口の恰好のネタになっては困りますし、その場にいれば自分自身も信用を失いますので、悪口を言っている人、人を批判ばかりしている人は間違い無く嫌われ、周囲の人は離れていきます。

 

悪口を言う人がいたら、どうする?対処法とは?

悪口を言う人は、【どこでも、誰にでも、誰へも悪口を言う人】というレッテルを貼られます。つまり、コミュニケーションの場で信用できない人という位置づけです。

人付き合い、人との関わりでは信用が全てです。相手と会話をするとき、安心できないような人とは関わりたくないものです。

また、類は友を呼ぶ…とも言われている通り、交流していれば同じレッテルを貼られてしまうのが世の常です。できれば、深い交流はしないことが一番でしょう。

相手にしない、気にしない、スルーをするのが一番です。

だからと言って、極端に避けたり、知らん顔をしたり・・・といった分かりやすい反応や行動をすると、相手のプライドが傷つき、今度はあなたがターゲットになる可能性もあります。

ターゲットにならないためにも、浅く挨拶のみにして、誘いは【嘘も方便】で乗り切りましょう。

しかし、どうしても会わなければならない相手であるケースもあります。職場の人、自治会での集まり、共通の友人を介している付き合いなどです。

そのような場合には、聞いても受け答えせず、聞き流して同調せず、興味関心を示さないことが一番です。

どう思う?なんて意見を求められても、答えを出してあげる必要はありません。下手に意見や考えを言ってしまったら、逆鱗に触れる可能性もありますし、悪口の発信元にされてしまう可能性もあるのです。

常に中立の立場でいて、私には分からないなぁ、どうするかなぁ・・?と、何食わぬ顔でとぼけて話題を変えてしまいましょう。

 

悪口の内容は事実?事実を把握してからものを言う

悪口ばかり言っている人の話は、その人の主観であることが多いものです。しかし、話している悪口に対して、事実であると思い込んでしまったりするものです。ところが、聞いている人にとっては、本来は事実が分からないまま【だろう】【~のようだ】【らしい】というあいまいなものであり、明確な答えを持ち合わせてはいません。

ですから、聞いた悪口もたとえ断定した物言いであったとしても、発信している人の主観であり、客観的な事実ではありません。その場で悪口に乗らない、真に受けない、すぐに答えを断定しないことが大切です。

これは、悪口ばかりではなく人の【噂】【情報】でも同じことが言えます。複数の同じ人が同じような悪口を言っていても、上記で説明した集団による同調意識が働いているだけに過ぎないケースもあるのですから、皆が言っている・・・だから正しいにはなり得ないのです。

ところが、世の中は一つの意見に流されやすいものです。意図的にそのようなシチュエーションを作れば、流されてしまう事もあるのです。世間で言う洗脳のようなものですが、事実を知るには時間が掛かる・・簡単に答えを出してはいけないこともあるという事を学ぶべきです。

特に【人】については、様々な面、性格を持ち合わせています。悪口で一言で言えるくらい、答えが出る簡単なものではないのですから。

 













-人と心

Copyright© My mind home , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.