幼稚園の運動会靴選び

更新日:

 

 

子供の靴選びってとても大切で、難しいですね。

 

9832b532922d74957b32517d983a1340_s

 

普段履いている靴でも肉付き、幅広など個人差があるもので、身長や体重に比例しません。

そして、子供を育てるようになって感じるのは、靴がすぐに履けなくなるくらい足の成長は速いという事です。

気が付いたら、小さい靴を履いていた・・と言う事になりかねません。

足の形に合わない靴を履き続けると発達の阻害となりますし、大き目の靴では歩きにくさから行動が限定的になるという弊害もおこります。

メーカーによっても靴の大きさは違いがある様に感じます。やっぱり、実際に履いてみて決めるのが良いようですね。

 

・・・で、運動会と言う事で走りやすい靴を・・と思いますが、幼稚園の場合は陸上競技のような走りはないですから、普段履くような靴選びで十分なのではないでしょうか。

 

つま先が広く、足の指が自由に動く

足の指を幼児の時に動かすことはとても大事なようです。指の腱、筋肉、ふくらはぎの筋肉が正常に発達しないそうです。

転びやすかったり、歩いて疲れを感じやすくなってしまうので、足の指が自由に動く靴を選びましょう!

 

靴底が硬すぎず、指の付け根で曲る

靴底はしっかりしているものがいいと思いますが、硬すぎると歩くときに前へ進むけり出しができないために、歩く、走る事がうまくできなくなってしまいます。

お店で、実際に歩いた時のように靴底を曲げてみる事をおすすめします。

 

かかとがしっかりした安定感のある靴

かかとの骨の成長のためにもしっかりと固定してくれる靴がおすすめです。かかとの骨の成長がしっかりできないと変形、O脚、X脚、偏平足になってしまいます。

 

甲がブカブカしていないもの

甲がしっかりと抑えられることで自然に歩き、走る事ができます。

 

 

歩く、走る、飛ぶという動作が出来るようになるのも、幼稚園に通う子供の運動量では、靴も傷みやすくなります。

息子も幼稚園の園庭で遊んだ日は、靴も汚れますしスニーカーの傷みは激しかったです。そのため、安いスニーカーを買うのはやめてスポーツメーカーの物を買うようになりました。

もちろん、お値段は少々高めですが何度も洗っても形、色が崩れないで丈夫です。

・・・で、やっぱり靴はマジックテープなどで調節できる靴が良いようです。

本人も自分で脱いだり、履いたりが楽ですし歩いている時、走っている時に脱げることもありません。

 

運動会でできれば、1等賞を獲ってもらいたい!

1等賞を獲らせてあげて自信にしてもらいたい!

というママも多いと思います。

運動会用の靴を準備する場合には、直前ではなく早めの準備と言う事をお忘れなく!

 

 

 

-幼稚園, 育児
-, , , ,

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.