甘酒の栄養効果効能は?子供もOK!栄養豊富なスーパーフード

更新日:

 

甘酒というと冬の寒い季節に飲む、暖かい飲み物というイメージが定着しているように思います。しかし、甘酒は江戸時代の頃、夏の飲み物として町で売り歩いていたのでした。甘酒は栄養があり、疲労回復や夏バテ予防の効果が期待できる飲み物として人気がありました。

そのため、俳句では甘酒は夏の季語であり、甘酒売りは夏の風物詩でした。甘酒は米に麹を加え、発酵させたものです。麹菌の酵素でお米のでんぷんが糖化されたブドウ糖が強い甘味となり、お砂糖を加えていないのに強い甘味となります。アルコール分が含まれていない米と麹でつくられる甘酒は、自然な甘味があるので子供も美味しくいただくことができます。

また、甘酒は米と米麹でつくもの、酒粕と砂糖でつくるものがあります。もちろん、酒粕を使って作る甘酒にはアルコール分が含まれます。麹菌から生まれる機能性成分は多様であることが分かってきていて、アンチエイジング効果や腸内環境を整えるなどの効果が期待できます。

スーパーフードとしての甘酒は、アルコールを含まない米と麹だけで作るものがより良いです。市販品も各種様々で配合量などに違いがありますが、お米と麹さえあれば自宅で手軽に作ることもできますので、追ってこちらのサイトでも作り方を紹介予定です。

 

甘酒の栄養と効果効能

米と麹でできている甘酒の栄養についてみてみましょう。甘酒で使われている麹は、菌(カビのようなもの)です。穀類に熱を加えた時に生えやすい菌(カビ)です。日本の風土に合う麹は国からも認定されている菌なのです。(国菌)

 

ビタミンB1

甘酒はビタミンB1が含まれ、糖質をエネルギーに変換してくれます。ビタミンB1はエネルギー変換する際に必要不可欠な補酵素で、不足するとエネルギーを得る事ができなくなってしまいます。

糖分を摂りすぎてしまう人は、特に不足しがちです。インスタント食品や清涼飲料水などが大好き・・という方は、このビタミンB1が取れていない上、糖分の多い食事で不足気味です。

組み合わせがいいかは分かりませんが、甘酒もプラスした食事をおすすめします。また、アルコールを分解してくれるビタミンB1は、お酒を飲む機会が多い人も有効です。

 

ビタミンB2

ビタミンB2はタンパク質や脂質の代謝を高めてくれます。発育のビタミンとも呼ばれていて、人が成長するためには欠かせません。細胞の代謝を促進する栄養素で、大人だけではなく、育ち盛りの子供にもおすすめでしょう。(アルコール分の無い米と麹の甘酒に限る)

細胞の再生にも関係しているビタミンで、肌荒れ、にきび、髪の毛のパサつきなどの予防などの美容効果も期待できます。

 

ビタミンB6

ビタミンB6は、免疫を正常に保って、皮膚の粘膜を守ってくれます。鼻、目、口などの粘膜の炎症や皮膚炎を予防する効果が期待できます。

 

パントテン酸

パントテン酸は、比較的多くの食品に広く含まれている成分です。腸内でも合成されるためあまり不足することがない栄養成分でもありますが、体全ての組織に必要不可欠なビタミンです。

パントテン酸は、抗ストレスビタミンとも呼ばれ、ストレスがあるときに副腎皮質から分泌される抗ストレスホルモンの合成を促進してくれます。また、ビタミンCをサポートし、コラーゲンの生成も促してくれるため、髪の毛や皮膚の健康維持の効果が期待できます。

 

葉酸

葉酸は、ビタミン12と共に赤血球を作り出す働きがあり、必要不可欠な栄養素です。造血のビタミンとも呼ばれていて、細胞の新生で必要となる核酸を生成する働きがあります。

妊娠中の女性、成長期の子供にとって、細胞の増殖が活発な時期には欠かせない栄養素となっています。葉酸が不足してしまうと、子供の場合悪性貧血にかかりやすくなってしまうため、積極的に摂りたいところです。

また、消化管、口腔、舌などの粘膜を保護します。抵抗力を高めて抵抗力をつける働きがあり、病気予防をします。

 

食物繊維

食物繊維は、腸内環境を整えて大腸がんを予防します。また、肥満、2型糖尿病、心臓秒のリスクを低下させます。幅広い年代で1日の摂取量が不足しているといるそうですので、適量を摂るよう心がけましょう。

過剰に摂りすぎるとミネラルの吸収を妨げるため、摂りすぎには注意です。

 

その他の栄養と飲む点滴「甘酒」

その他、オリゴ糖、アルギニン、グルタミン、シティンといったアミノ酸も含まれていて、栄養ドリンクのようです。

栄養として使用される点滴の栄養成分と変わらないくらいですから、「飲む点滴」と親しまれているのも納得できますね。

 

甘酒の摂取量目安は?一日どのくらい飲んでいい?

米麹甘酒の摂取量の目安は、約200ml/1日です。甘酒は製造メーカーにより、原材料や栄養成分が若干異なります。もちろん飲みすぎは良くないですが、少量だけでもOKです。無理して200ml飲む必要はないですよ。

 

甘酒を美味しく飲むには?

甘酒は寒い冬の季節にはあたたかくしていただき、暑い夏の季節には冷たくしていただきましょう。

冬は風邪やインフルエンザ、胃腸炎などが流行しますから、弱った体で食欲がないときには栄養補給になります。

夏バテの食欲がない時や、外で遊んだあと、運動をした後などに、栄養補給やおやつの代わりにいただくといいですよ。

 

甘酒が苦手・・・アレンジはどうしたらいい?

甘酒は最近の若い人は、あまり馴染みがない人が多いかもしれません。家庭でも甘酒をいただいたり、作るという事もあまり耳にしなくなりました。

そんなわけで、甘酒がちょっと苦手・・・という方もいるかもしれませんね。

しかし、この栄養効果があるスーパーフードであるという点や、昔から私たち日本人が親しんできたものですし、できれば美味しく頂いて子供達にも伝えてあげたいですね。

甘酒は少し特徴のあるクセがあります。この風味、クセが苦手な方やお子様が美味しく飲むためには、牛乳や豆乳で割ったり、バナナ、しょうがなどを加えるなどすると若干緩和されます。

 

甘酒のカロリーは?ダイエット効果があるの?

甘酒がダイエットにいい?という話題も時々みかけます。甘酒のカロリーは、100gあたり81kcalです。

体にあまりいいという印象がない、炭酸飲料のコーラは100gあたり45.9kcalですから、甘酒の方がカロリーが高い飲み物です。

しかし、食事制限や運動をした後の栄養補給には最適です。また、ダイエット中には食物繊維が不足しがちです。健康的なダイエットを心がけるなら、甘酒をサポート食品にするならいいのかもしれないですね。

 

いかがでしたか?甘酒を積極的に飲んだことがない人も、この栄養効果を知ったら飲みたくなりますね。また、お米と麹で簡単に手作りできるようですから、これはぜひ実践してみたいものです。

こちらのサイトでも作り方を紹介してみます!

 

 













-スーパーフード

Copyright© My mind home , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.