性格診断!好きな色は?

投稿日:

 

好きな色によって性格、性分が現れる事は心理学的にも、一般的にも多く知られています。成人になると選ぶ服の色はいつも同じ、似ていてクローゼットの洋服はいつも同じ?という経験は、とても身近なのではないでしょうか?

好きな色によってどのような性格があるのか?まとめてみました。

 

好きな色によって現れる性格

上記の赤、黄色、茶色、黒、青、ピンク、緑、オレンジ、紫、白の中から直観で好きな色を順番に選んでみて下さい。

 

白が好きな人は?

白が好きな人は、純粋で新鮮な気持ちを持っています。誠実でありたい、良い人でありたいと考え、ライフスタイルもシンプルで無駄が少ない生活が好きです。

誠実、良い人でありたいと考えるように、自分に厳しく真面目なタイプです。正しくありたいという強い気持ちは、周りの人からも信頼が厚いです。ただし、これが自分自身だけの問題に留まらず、他者へも共有しようとすると、口うるさい、堅苦しい人、正論ばかりで融通が利かない人・・・というネガティブな印象を与えてしまうので注意が必要です。

 

黒が好きな人は?

黒は感性、センス、強さを表す色で、そのような人でありたいと憧れがある人ほど黒を好きになります。黒を好む人は他人からの干渉を嫌う傾向にあり、他人からの指示、束縛を嫌がります。

黒を好む人は見た目にも近寄りがたい雰囲気がありますが、一度話をしてみると良い人だった・・・というギャップの効果も影響するため、人間関係は広くはないけれど、浅く深いお付き合いをする人間関係を構築していきます。

また、センスや強さにあこがれがあるために、気持ちが弱っていると自分の成果などを自慢してしまったり、人に本音を話せないまま抱え込んでいることもあります。

また、人からの干渉を嫌うために自由度が低い、ルールが厳しいなどの環境に置かれると、反抗心、逃避したいという気持ちが生まれやすいタイプです。

自分のやり方や考えが尊重されるような環境を、職業や自分の居場所として選択しましょう。

 

ピンクが好きな人は?

女性らしさ、美しさ、若さを象徴する色であるピンクを好む人は、美しい自分でありたい、若々しくしていたい、ロマンティックな日々をすごしたい・・という気持ちがあります。

成人男性でもピンクを好む人は、ロマンティストです。反面依存心が強いために、愛されたい、甘えたいという願望を持っています。

また若さに対して以上に執着してしまうと、美容整形をしたり、ファッションが年齢に合っていないなどイタイ人に思われてしまうので気を付けましょう。

 

赤が好き

元気、活発、行動派を表す赤を好む人は、元気でありたい、活発でありたい、行動はでありたいという憧れを持っています。

情熱的であり、エネルギッシュに振舞いたい気持ちが強いです。行動派である一方で、感情の波があるために情緒は不安定です。

日頃赤を好まない人がストレスや強い不満を抱えると、ネガティブな気持ちがエネルギーになって赤を好む場合もあります。

心身の不調があるときには、攻撃的になったり、八つ当たりをする場合もあるため、赤を好む人は注意しましょう。

 

青が好き

青は冷静、慎重、知性を示す色で、青が好きな人は、知的でありたい、スマートにこなせる自分、上下関係も卒がない自分でありたいと考えています。

感情的怒ったり、声を上げる事は無く、冷静沈着、落ち着いた態度であり、責任感の強さから周囲の人に頼られやすいです。

その反面、自尊心の強さもあり、見栄を張ってしまうところもあります。そのため、相手と自分の優劣、上下を意識して判断してしまうところがあります。

このような判断が表面化してしまうと、【裏表】のある人と判断されてしまいます。またスマートに振舞いたい気持ちやかっこいい自分でいたい気持ちから、あらゆるシーンでの行動が身長すぎるところがあります。

判断が鈍ってチャンスを逃してしまわぬよう、時には思い切って決めたり判断することが大切です。

 

紫が好き

紫は高貴な色とも言われています。紫を好む人の多くは、美意識が高く、洗練されたものを好みます。またはそういったものへの憧れも強いです。感受性も豊かで繊細であるため、美的センスにも自信があります。

身に付ける物(ファッションなど)にもこだわりが多いのも特徴です。自分の高いセンスや美意識が過剰になると、他人の身に付けているもの(ファッションなど)についてを見下してしまう傾向がありますので、注意が必要です。

また、普段は紫を好まないけれど、疲れを感じたり、体調不良の時には本能的に紫を好みます。突然紫を好むようになったら、心身の不調を疑ってみてもいいかもしれません。

 

オレンジが好き

明るいイメージが思い浮かぶオレンジが好きな人は、明るい自分、活発でいたい、人気者になりたいという気持ちがある人です。

人を楽しませたり、サービス精神も備わっているため、多くの人に好かれやすいです。誰に対してもオープンな気持ちでいる影響で、自分個人の信念を貫けない、流されやすい・・というマイナスな面を持ち合わせています。

また、人間関係も深く築くことが苦手で、研究や黙々とこなす仕事よりも、営業、サービス業など多くの人と関わり合う方が向いています。

 

緑が好き

自然、優しい、平和を表す緑色を好む人は、日頃から穏やかさを求める傾向にあります。職場や友人などの人間関係でも出る杭になりたくない、やるべきことはしっかりとサポートしたい・・・という気持ちがあるため、人への気遣いができる人で、好かれる人です。

気遣いをしすぎてしまうとストレスになり、時には利用されてしまう事もあるため、自分の気持ちも大切にしましょう。

どうしてもストレスを抱えてしまう人は、家庭は癒される環境であることが大切です。パートナーや同居人は、穏やかなタイプの人が理想です。

 

黄色が好き

知的好奇心が旺盛である黄色が好きな人は、常に新しいものを好みます。饒舌でさわやか、文章を書いたりすることが得意です。

知的好奇心を刺激する色であることから、欧米などでは、黄色い鉛筆、黄色い文具を多く取り入れられている傾向にあります。

ユーモアがあり、話題のセンスもあり豊富です。人見知りすることなく初対面でも打ち解ける事ができるため、人間関係も幅広いです。

新しいものを好む傾向にあるため、飽きっぽい、自分だけの都合で身勝手な行動も見られます。朗らかさがある一方で、知的好奇心の影響から、相手に対して鋭く攻撃してしまう事もあるので注意が必要です。

 

茶色が好き

落ち着きや安定感、高級感を示す茶色が好きな人は、比較的温厚、保守的な考え方をしています。面倒見が良かったり、落ち着いた親分肌であるために頼りにされやすいタイプです。

堂々とした落ち着きがある一方で、環境が変わることを嫌います。若者の考え、新しいもの、中身のない人などを軽蔑することもあります。面倒見が良い反面、お節介になりかねない場合もあるので気を付けましょう。

 

1番目に好きな色、2番目に好きな色

いかがでしたでしょうか?

上記の色の性格診断は、自分自身のことを診断してみたり、家族や友人、上司など様々な人を思い浮かべ、持ち物の色を見て手軽に診断することができます。

しかし、一般的な事ですのですべての人が該当するわけではありませんし、個人によって見え方診断のしやすさは異なると思います。

そこで、自分自身を診断するときに1番目に好きな色、2番目に好きな色を診断してみましょう。

ここでポイントになるのは、2番目に好きな色です。性格を診断するときの表面ではわかりにくく、自分でも知らない深層心理の色です。

人の性格や人格に2面性があるとしたら、その裏人格・・・かもしれません。そのように診断してみると、面白いですし、さまざまな色を見るたびに診断したくなるかもしれませんね。

 

-人と心

Copyright© My mind home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.