食器、カトラリーの片づけ!整理整頓しやすい高さがポイント

投稿日:

食器やカトラリー類はどのように片づけ、整理整頓していますか?それぞれの家庭によって事情は異なりますので、片付け、整理整頓方法の一つとしてこちらでまとめてみました。

 

食器、カトラリー類は適切な量におさえる

食器やカトラリーは毎日使うものです。様々な食器がありますが、毎日使っている食器って限られていませんか。キッチンや収納棚のスペースは、それぞれの家庭によって違いがありますが、スペースに合わせた適切な量に抑える事が大切です。

家庭で使う食器です。レストランではありませんから多くの食器を揃えておく必要はありません。もちろん、料理やおもてなしが好きで趣味にしているなら専用のスペースを確保して楽しみましょう。

趣味でもないし、それほど好きでもない・・・という方はそれでいい、少量の食器で十分なのです。収納スペースを確保するためにも、増やしすぎないことが大切です。

また、もともと家族の人数分あった食器が、割れてしまったために1枚、2枚だけ半端になっている・・・そんな食器も意外と多いものです。日頃使っているならば良いですが、使わなくなっているけれど勿体ないから・・・と場所を占領していませんか?もしも使っていないならば、半端な食器は思い切って処分してしまいましょう。

できれば、シリーズもののいつでも買い足しができる食器にして、常に使えるように数を揃えておくのが理想です。つまり、定番の食器は定番のお店で買う!というそれぞれのルールをつくるといいですよ。

 

食器、カトラリー類の片づけやすい高さにしている?

片づけやすい、整理整頓しやすい高さであることも重要です。このキッチン用品の収納では、いつでも取り出しやすい事が日頃の家事のストレスを無くしてくれると思うのです。

と、同時に子育て中であれば自立を促すための学童期の子供達にも、キッチンではお手伝いをしてもらいたいものです。カトラリーや小皿といったちょっとした必要なものは、子供が自分で取り出せる位置、高さにしてあげるとママも少し楽ができるようになり、子供もキッチンが身近になります。

そして、子どもが自立して自分が老いた時、やはりキッチンで高さがある収納は使いにくくなると思うのです。脚立に乗るも今はできても、老いた時には大変危険な動作になるのです。老いた時にキッチンの整理整頓を機敏に行う事はできるでしょうか?今から習慣化しておきましょう!

つまり、子供目線で使えるキッチン=老後も使えるキッチンです。

 

子ども目線、老後も使えるキッチン収納の最適な高さとは?

子ども目線と言っても、子供も年々成長しますから小学1年生の高さに合わせる必要もありませんが、最も分かりやすい高さとしては、システムキッチンの高さが目安です。

システムキッチンは調理しやすい高さに設計されています。これより高い位置は何をするにも腕を上げる必要があるので不便なのです。ですから、システムキッチンの高さよりも低い位置に食器類もカトラリーもあらゆるものを片づけます。

食器棚も収納力があるものは高さのあるものが一般的です。見た目にも収納力としても抜群ですが、取り出すときに自分腕を目いっぱい上にあげて取り出すのは、なかなかキツイ時がやってきます。(四十肩…?笑)

だからと言って、食器棚を低い物に買い替える必要はありません。高い棚の部分を使わないだけでいいのです。高い棚の部分はあきスペースですが、観葉植物を飾ったりして「美」の演出につかいましょう。

キッチンにこだわりがなかったので、ハウスメーカーのデザイナーさんのデザインなら、十分使いやすいだろうとあまり細かに指定しませんでした。それは間違いでした。高さがあって食器の収納が大変でした。

造作家具ですので買い替えられませんから、空きスペースにして飾り棚にしていますよ。ステキな余裕あるキッチンを演出してくれますし、癒しにもなりました。

 

食器は引き出しがいい

一般的な食器棚ですと戸棚も奥行きがあるので、奥の方に収納すると取り出しにくくなります。手前の食器の出し入れなど面倒ですね。食器の出し入れが多く、取り出しにくいと食器を割ってしまったり、欠いてしまったりします。

それを避けるためにも食器の収納はできれば、全体が見渡せて、取り出しやすい引き出しが理想です。そして、特別に食器用の収納を買う必要もなく、システムキッチンの引き出しで十分です。

全体が見渡せますし、料理中の取り出しが楽です。そして、防災の面でも最適です。大きな揺れがあったとしても、収納スペースの転倒、食器の落下、飛散を防ぐことができます。

 

カトラリー類も同じく引き出しに・・・セット購入してそれ以上増やさない

カトラリーは、ダイソーなどのトレー類に入れて収納をします。そして、バラバラで購入すると数が合わなかったり、整頓しにくくなりますから、カトラリーセット一式を購入しちゃいましょう。デザインを統一させるだけでも綺麗に整って見えます。

しかし、このカトラリーセットのお値段もお高いものもありますが、低価格の普段使いのものでいいです。我が家は高級レストランではありません・・・というわけです。

急な来客があったとしても、高級な食器でなくてもしっかりと揃っているカトラリーであれば、きちんと感があります。そして、それ以上の余計なカトラリーは増やさないことも大切です。

画像のカトラリーはジバンシーのセットです。100円ショップよりはいいかな?程度の安価なカトラリーセットです。和食中心の我が家ですが、やはり子供へのしつけ、食事のマナーを身に付けさせるためにも、ナイフとフォークはやはり必要です。

また、子供のお手伝いでちょっとした野菜を切ってもらったり、果物を切ってもらうときにこのナイフが使えたりします。子供用包丁は買う必要ありませんよ。

-整理整頓

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.