オメガ3油!亜麻仁油の栄養効果、食べ方、飲み方レシピ

投稿日:

dsc03901

亜麻仁油はご存知ですか?食用油は様々な種類のものがあり、それぞれに風味や特徴も優れていますが、スーパーフードとして注目されているのが亜麻仁油です。

栄養や効果、食べ方や飲み方などについてまとめてみました。

 

亜麻仁油とは

亜麻仁油というのはそもそも何かというと、亜麻仁という植物から抽出された脂のことを指しています。
海外では有名なのが、この亜麻仁です。亜麻仁は海外ではフラックスシードというように呼ばれ、親しまれています。日本では北海道において主に生産されていますが、量はそれほど多くはなく、海外の生産量のほうがはるかに多いです。

亜麻は中央アジアが原産で紀元前8000年~6000年頃から利用されていた・・と言われているほど歴史的に古い植物です。古代エジプトでも栽培されていて、エジプトと言えばミイラですが、亜麻から作られた繊維によって作られた繊維に巻かれているそうです。

亜麻仁の茎はリネンとよばれていて、非常に上質な繊維であることから、いまでは服などにも利用されることが多くなっています。リネン素材というのを耳にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。
亜麻仁油は油なのに水に溶けやすいという性質をもっています。そのため、革や木工製品の仕上げとしても使われてきました。
そして、いまではなんといっても美容のために用いられるようになっています。

 

亜麻仁油の栄養と効能

亜麻仁油の栄養成分を見てみると、多くはビタミンが入っています。ミネラルも豊富で、最も多く含まれているのは脂肪です。脂肪でも上質なもので、リノール酸やオレイン酸が含まれている脂肪になっています。
こういった必須脂肪酸とよばれる成分は、人間は体内で自ら生成することができません。そのため、食品から摂取することが望まれます。
必須脂肪酸というのは、健康的な生活を営むうえできわめて重要な働きを担っています。それこそ、風邪にかかりにくくするための免疫力アップの効果や、血流を促進して動脈硬化などの病気を予防したり、コレステロールの上昇を抑えることができます。メタボリックシンドロームの進行を抑制する効能もあります。
亜麻仁油に含まれる成分中の半分以上が、α-リノレン酸という必須脂肪酸になっています。これは植物のなかでもとくに多い割合となっています。

 

アトピーを抑える効果がある

アトピーなどのアレルギー症状の根本的原因として、リノール酸を過剰に摂取してしまっていることがよくいわれています。
そして、このリノール酸の過剰摂取によって減少した善玉コレステロールを増加させる働きが、とくに亜麻仁油に多く含まれるα-リノレン酸にはあります。

そのため、亜麻仁油の摂取によって、アトピーなどの症状が抑えられるということがあります。
経口摂取のほかに、亜麻仁油をアトピーの症状が出ている患部に直接塗布するという方法も、効果があります。

 

ダイエット効果もある

亜麻仁油にはダイエット効果もあると巷で話題になっています。太る原因である血中コレステロールであったり、中性脂肪といったものを減少させる働きが亜麻仁油にはあるためです。
脂肪を燃焼しやすい身体にしてくれるので、やせやすく太りにくい体質になっていきます。

とくに他の油を使う代わりに亜麻仁油を使用するようにすると、カロリーを大きくカットできるので、こういった意味でもダイエット効果を得ることができます。

そして最近では、亜麻仁油だけではなく、その元になっている亜麻仁を一緒に食べるという人も増えています。亜麻仁には食物繊維が豊富に含まれていて、かつ抗酸化作用のあるポリフェノールが多く含まれているからです。

 

亜麻仁油の食べ方飲み方

1日大さじ1杯が目安量とされています。多く食べればそれだけ効果が得られるというものではありません。逆に多く摂りすぎると、めまいや下痢を引き起こすことがありますから、目安量は守って摂取するようにしましょう。

亜麻仁油の特徴として、熱ですぐに劣化してしまうということがいえます。そのため、食べる方法としては、そのままげ一番いいです。サラダのドレッシングに少し加えるのもいいでしょう。特にパスタとの相性もいいですし、オリーブオイルのようにパンに塗って食べるというのもおすすめできます。
ただし、トーストしたてのパンなど、非常に熱い状態ですと、亜麻仁油の効果が半減してしまうので、熱い状態は避けるようにしましょう。

亜麻仁油は光にも弱く、酸化をすぐにしてしまうということでも知られています。なので、保管は涼しく暗い場所でするようにしたほうがいいです。

一番いいのは、冷蔵庫に入れてしまうことです。そして、なるべく早めに消費するようにしましょう。2~3週間を目処に食べるようにするのがいいです。あまり日が経ちすぎると、酸化して身体に悪影響を与えるので注意が必要です。

空腹時に摂ると胃もたれすることがあります。
効率よく吸収するためにも、他の食事と合わせて摂るようにするのがいいです。

 

最後に・・

いかがでしたか?使い方としては、オリーブオイルのエキストラバージンオイルのような感覚で使えそうですよ。油は体に良くないなんて言われていますが、取り方、選び方が大切ですね。

体にいい油を摂る習慣を身につけたいですね。

-スーパーフード

Copyright© My mind home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.