アーモンド栄養、効果知ってる?ダイエット、栽培、食べ方

投稿日:

dsc03915

「アーモンドは、食べると太るもの。」そんな風に思っている人がいるのではないでしょうか。しかし、それは、大きな間違いです。最近では、アーモンドの栄養価の良さが見直され、ダイエットの為に好んで食べられる、そんな、食べ物にもなっているのです。

アーモンドの栄養、効果、栽培できるのか?などについてまとめてみました。

アーモンドの栄養

・ビタミンE

雑穀やナッツ類の中でも、ビタミンEは最も多く含まれているのが、アーモンドです。約20粒程度食べると、1日の所要量を摂取することができます。

・ビタミンB2、ナイアシン、葉酸も含まれています。

・脂質の2/3は、オメガ9のオレイン酸です。

・ミネラル、タンパク質も豊富です。

・食物繊維も豊富なので整腸作用が期待できます。

また、アーモンドの薄皮には、ポリフェノールも多く含まれているので、できればそのまま剥かずに食べたいですね。

 

ローストアーモンドと生のアーモンドの違いは?

アーモンドと言えばローストしているものが一般的に浸透していて、香ばしい香りが好き・・という方も多いと思います。アーモンドの場合、生で食べる方法と、焼いててベルローストアーモンドがあります。

どちらも、栄養価が高い食べ方ですが、毎日、欠かさず、食べるには、ローストアーモンドがお勧めになってきます。アーモンドの場合、生だとどうしても、独特の味が残ってしまい、食べにくいと思う人も少なくありません。

また、毎日、調理して食べるという事を面倒に思う人も多いかと思います。しかし、ローストしている場合は、そのまま、おやつ感覚、おつまみ感覚で口に運ぶ事ができ、手軽で、美味しいといった面がメリットになってきます。

ただし、ローストしたアーモンドは、酸化が早く、酸化したものは、あまり、お勧めできない事から、一度、封を切ったものは、早めに食べきる事をお勧めします。

それが難しい場合は、缶などに保管し、なるべく、早めに食べきるようにして下さい。

 

ローストアーモンド、さまざまな効果が期待できる!

アンチエイジング効果

注目されているのが、アンチエイジングです。アーモンドに含まれているビタミンEは、抗酸化作用が高く、細胞の酸化を防ぐことができると言われています。

その結果、肌の酸化も防ぐ事ができ、アンチエイジングを高めていく事ができるようになってくるのです。また、AGEsの生成を抑制し、排出を行う事ができる事から、シワや肌のたるみを抑える事も期待する事が可能です。

 

アーモンドで病気予防

アーモンドに含まれているオレイン酸は、動脈硬化を予防する事ができると言われており、そんな、オレイン酸によって、悪玉コレステロールを抑制する事ができるようになっています。

動脈硬化を起こす事で、心不全や心筋梗塞、また、生活習慣病全般を防ぐ事ができ、アーモンドは、若い人から年配の人まで、欠かす事の出来ない食べ物になっていると言えるのです。

アーモンドでダイエット効果

・食物繊維効果

アーモンドを食べることで、多くの食物繊維を吸収できます。食物繊維は体内の循環を良くすることで知られている成分です。ここで言う体内の循環というのは、主に消化活動や不純物の排出です。

食物繊維が不足しがちだと、消化活動が停滞し不純物が体内に留まるようになってしまいます。どちらのケースもダイエットにおける大敵です。消化活動と不純物の問題が解決すると、便秘解消に繋がります。快便が続くようになれば、体内の食べ物や不純物は排出した分だけ減ります。

アーモンドに含まれている食物繊維は、不溶性食物繊維と言われ、水を含む事で、膨らむ性質があります。これにより、腸内をコーティングする事ができ、結果、便通の改善に加え、食欲の抑制まで行う事ができると言われているのです。

それにより、魅力的なボディラインと体重の減少が実現するのです。食物繊維を多く含んでいるアーモンドが、ダイエット食として注目を集めるのは当然だと言えます。

 

・ビタミンB2による代謝UP

ダイエットにおいて効力を発揮する成分は、アーモンドにはビタミンB2を含んでいます。ビタミンB2は食物繊維と並ぶダイエットを助ける栄養素です。

ビタミンB2とダイエットが関連している理由は、脂質の代謝をアップさせてくれるからです。脂質の代謝が良くなると、脂肪が溜まり難い身体が実現します。

 

・不飽和脂肪酸によるコレステロール値のコントロール

アーモンドの主成分である不飽和脂肪酸は、血中の悪玉コレステロール値を下げる効能を持っています。肥満の原因である悪玉コレステロールは、ダイエットにおいて邪魔な存在です。

血中の悪玉コレステロールが大量に存在していると、血管に付着するようになります。血管に付着してしまった悪玉コレステロールは、肥満細胞を呼び寄せるので、結果的にダイエットを邪魔する要因になるのです。

 

ダイエットにおける、アーモンドの注意点

以上の3つの成分が存在しているおかげで、アーモンドはダイエット食品として認知されるようになりました。ですが、日常的にアーモンドを食べて痩せようとする場合には、注意しなければならないこともあるのです。

アーモンドは痩せるための成分が大量に含まれていますが、同時に肥満を促す成分も含まれています。それはカロリーです。

アーモンドは高カロリーの食品なので食べ過ぎてしまうと逆に肥満体型になってしまうこともあります。アーモンドダイエットをする場合には、食べる量をコントロールすることが大切です。

1日で約20粒程度のアーモンドを食べれば、ダイエット効果のある成分を吸収しつつ、カロリーの摂取を控えられると言われています。

 

アーモンドの栽培は家庭でもできる?

アーモンドの栄養価の高さやおいしさから、自宅で栽培できないのか?と疑問に持つ方もいると思います。どのように実が成るのかも見たことはあるでしょうか?

そして、アーモンドの木に咲く、綺麗な花を見た事があるのでしょうか。一見、桜や梅と見間違えるような鮮やかな桃色の花。本当に美しく、見ているだけで和む、そんな気持ちにさせてくれる花をアーモンドの木は咲かせてくれるのです。

その上で、実は、ご存知のようにあの、美味しく頂く事ができるアーモンド。その為、目で楽しみ、口で楽しむ事の出来るお得な木になっていると言えるのです。

アーモンドの木に適した土

土は、赤玉小粒7:鹿沼土3の割合で準備し、水はけのよい状態の土にしておきます。その為、水はけが不安な場合は、腐葉土を少し足しておくと良いかと思います。

アーモンドの種まき時期と植え方

アーモンド栽培は、種から行う場合、3月頃種まきを行います。方法としては、直接、地面に受ける方法でも大丈夫ですが、より確かに根を育てるためには、一度、プランターなどに植えて育てる事をお勧めします。

土の3、4㎝の深さで種をまき、上からたっぷりと水をあげておきます。土が乾かない程度に水をあげ続ける事によって、2か月ぐらいで発芽してきます。その後、成長して欲しい木の大きさに合わせ、プランターの大きさを選び、植替えを行います。もちろん、この時、地植えをしても大丈夫です。

アーモンドの開花と結実

一年を通しての成長としては、3月から4月に綺麗な花を咲かせ、その後、受粉が行われると5月から6月辺りに実が膨らみ始めてきます。その後、8月頃に、いよいよ、収穫の時期を迎える事になります。

目安は、果肉が割れ、中の実が見え始めてきた頃になり、出来るだけ、そのような状態になったものから早く収穫していく事をお勧めします。

そうして、収穫した実を一週間かけ、陰干しし、中の実を取り出せば、それが、アーモンドになります。アーモンドの木は、一般的な木と同様、さほど、難しい事もなく日本でも十分に育てる事ができる木になっています。

注意する点は、ただ一つ。出来た実は、出来るだけ早く収穫するという事です。そうしないと、実ができる時期は、梅雨時期にあたる為、実の中に水が入ってしまい、せっかくできた実が腐ってしまう事が考えられる為です。

あとは、一般的な事に注意すれば、春には、綺麗な花を夏には美味しいアーモンドを堪能する事ができると思います。

アーモンドの美味しい食べ方

食べ方としては、油で揚げたり、フライパンで炒って食べるのが一般的です。その後は、夕食やおやつの食材として利用する事ができるようになってきます。

砕いてクッキーにしたり、サラダや和え物、炒め物にトッピングも簡単で美味しく風味を味わうことができます。

 

-スーパーフード, 美容と健康

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.