チアシードとは?栄養価が高い!健康、美容、ダイエットにも?!

更新日:

dsc03899
チアシードは海外セレブや日本のモデルたちが愛用しているスーパーフードでその高い栄養価から一気に話題になりました。

チアシードは様々な栄養があり、美容だけでなく健康維持にも欠かせない栄養素をたっぷりと含んでいます。人の生命維持のためには、水とチアシードさえあればOKと言われるほどで、中南米では常に食べられています。チアシードについて詳しく知らない人に、チアシードの栄養素や正しい食べ方など詳しい情報を紹介したいと思います。

1.チアシードの栄養成分は?

チアシードはアメリカFDAでは、栄養が豊富であることから栄養補助食品としても、認められいます。特に現代人に不足しがちな栄養素が多く含まれているのでどんな人でも摂取する事がオススメです。例えば、たんぱく質、オメガ3脂肪酸、必須アミノ酸、8種類、食物繊維、カルシウム、亜鉛、マグネシウム、鉄分、ビタミン、脂質などが豊富に含まれています。

2.チアシードの効果

まずは生活習慣病の予防に効果的と言われています。チアシードにはオメガ3系の一つであるαリノレン酸が多く含まれているため、コレステロールを下げる働きや代謝を促進する働きがあります。

たとえば、高血圧、高脂血しょう、動脈硬化、心臓病の予防、コレステロール値の改善、糖尿病の予防、血糖値の変化を穏やかにするなどの効果があるので肥満気味の人は積極的に摂取した方が良いです。

さらにアレルギー症状を緩和してくれるなどにも効果的です。オメガ3にアレルギーを抑制する効果があるので、アレルギーを持っている人にオススメです。そして、女性の悩みとしても多い便秘解消もサポートしてくれます。

チアシードには水溶性の食物繊維(グルコマンナン)が含まれており、水に浸すとゼリー状に約10倍にも膨れます。

下の画像は、水に浸した後の状態です。トロトロとゼリーのようで、食感もぷにぷにとしています。

dsc03913

少量で満腹感を得る事が出来るので、ダイエットや美容に大敵な便秘にも効果的です。他にも貧血を改善する働きもあるので貧血になりやすい女性は積極的に摂取する事が大切です。

このように健康効果にたくさんの効果があるので美容だけでなく体の不調に悩んでいる人は是非積極的に摂取してください。

3.チアシードの正しい食べ方と注意点

チアシードは健康に良い食べ物というイメージがあるかもしれませんが、実は発芽毒があると言われているので生で食べるのは危険だといわれています。

この毒性を薄めて安全に食べられるようにするにはチアシード1に対して6の水で12時間以上浸す事が重要です。このときに水温が高いと効果がないので10度~42度までの水につけるようにすると良いです。

そして、1日の適量が大匙1杯なので必ずこの量を守ってください。食物繊維が豊富な食べ物なので食べ過ぎるとお腹がゆるい状態になる場合があります。

さらに大匙1杯のカロリーが50kcalなので太ってしまいダイエット効果がなくなる可能性があるので食べる量はしっかり守ることが重要です。そして、チアシードは水にもどすと膨張してヌルヌルした状態になります。

ストローなどで勢いよく吸い込むと窒息してしまい危険なので食べながら飲み込む事をオススメします。

 

4.効果的にチアシードの栄養吸収する方法

チアシードを最も簡単に摂る方法は、水に入れたり、ジュースに入れて飲むことです。しかし、チアシードはそれだけでは美味しいと思うものではありません。そのため、毎日続けるには味に変化をつけないと飽きてしまう可能性があります。

では、飽きないように美味しく食べる方法は、チアシードをスムージーに入れることです。ミキサーに飲むヨーグルト、ホウレンソウ、リンゴ、ココナッツジュースなどを入れて混ぜ、チアシードをそこにいれれば完成です。スムージーの栄養と両方取れるので朝食の変わりに飲むのをオススメします。

他にも、好きなヨーグルトの上にトッピングして食べる方法をオススメします。ヨーグルトはチアシードの相性がよくチアシードの独特な味が気にならなくなります。忙しい朝でも簡単に出来るのでヨーグルトにひと手間加えて食べてください。

他にも昼食や夕食などに、チアシードドレッシングでサラダにしたり、冷静スープにチアシードをいれて食するのもオススメします。パンプキンスープやポタージュスープなど濃厚なクリーム系のものと相性が良いのでこれらを食べる際にはチアシードをいれてください。

 

5.チアシードの育て方、栽培できる?

チアシードは高くて買うのが無理という人はチアシードを育てる事をオススメします。まず、栽培する期間はどれくらいかというと、栽培を始めるのは最高気温が20度前後の5月くらいが最適です。

チアシードは、シソ科のチアで紫色の花が咲きます。ごまよりも小さい粒粒の種がびっしり実ります。

そして、チアシードは1年草なので12月くらいには収穫を迎えるので栽培期間は長いですが、毎日みずやりを行なえば自然と大きくなっていきます。

畑がない人でもプランターがあれば育つので日が当たる場所ならどこでも育てる事が可能です。しかし、成長すると1mを超えるので出来るだけ深いプランターを用意すると良いです。また、どうしても種から育てるのに自信がない人は苗が販売されているのでそれを利用する事をオススメします。

このようにチアシードはスーパーフードとして海外でも日本でも話題になっています。美容、ダイエット、健康のどれにでも効果的なので自分の症状に合わせて摂取する事が大切です。

しかし、使い方を間違えると危険なので注意事項や飲む量を守って摂取する事をオススメします。













-スーパーフード, 美容と健康

Copyright© My mind home , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.