システムキッチン、リフォームや新築で悩む!おすすめは?

投稿日:

主婦にとって一日の結構な時間を過ごすキッチンですが、様々な形態があります。各家庭の生活に合わせたキッチンだとより効率的に作業をこなすことが出来るので家族に会ったキッチンが見つかると良いですよね。

キッチンなんてどれでも一緒のように感じられますが、最近はスタイルが多種多様になっています。どのようなスタイルにもメリット、デメリットがありますし、誰にでも合うわけでもありません。スペースの面や使い勝手、家族構成によって選ぶためのあれこれをまとめてみました。

 

最も基本的な形として、l 型 キッチン

l 型 キッチンのメリットとデメリットについて

I型キッチンはコンロからシンクまでが一直線につながっているのが特徴です。一番大きなメリットは、作業している手元や洗っていないお鍋や食器などが丸見えにならない点です。家族が多いと一日中食器を洗っている状態になる事もあると思いますが、そんな時に限って急な来客が来てもこの形態ならば丸見えにならないので、雑然として状態に目隠しが出来ます。また、一直線に全てがあるので、作業の動線が良いという事です。

そして、洗い物をしている時に意外に水しぶきが飛んだりするのですが、キッチンにカウンターなどがある場合が多いので、周りに吹き飛ぶ水滴が抑えられます。そして、対面であれば調理中に前面にあるカウンターの上にお皿を置けたり調理済みのものを置いて家族にそこから運んでもらう事が出来たりと意外に便利な一面もあります。

逆にデメリットは、まず壁に囲まれていたり、カウンターがある場合が多いので開放感については今一つです。それから、作業スペースがどうしても他の形に比べて狭くなります。お料理好きで沢山の人をお招きしたりする人には作業台を別で用意する事になるかもしれません。ごく一般的な形のキッチンなので、人とは違ったキッチンが良いという様な方には向いていないかもしれません。

実際に使用してみてl 型 キッチンの成功談と失敗談

頭では、分かっていても実際に生活し始めて料理を始めてみないと分からない事がありますよね。実際に使用しての意見は参考になると思います。

I型キッチンにして良かったという成功談

子供が宿題をしているのを見守ることが出来るという事です。確かに、まだまだ小さいうちは親の介入が必要な場面が多いです、また親が勉強しているのを見ていてくれるだけで子供にも安心感があるそうです。この形態のキッチンですと、壁付けタイプか対面タイプか選べるのでお子さんが小さいうちは対面するのも良いですよね。

揚げ物など油を使った料理をするのですが、コンロの前に壁があるので油がリビングまで広がらず掃除が楽という意見もあります。確かに、割と毎日拭き掃除をしていても油汚れがギトギトになるのにこれがキッチンの外にまで出ていたら相当な汚れがお部屋に付くのが予想されます。毎日の生活なので見た目だけではなく実用性が意外に大切です。

I型キッチンにして失敗したという失敗談

結構な広さのキッチンなのに、l 型 キッチンにしてシンクとコンロの位置が離れているのでパスタや野菜などを茹でた時の湯切りがイチイチ遠くてとっても面倒な事という事です、調理はスピードが勝負な場面が多々あるので、広すぎるキッチンには特にこの形態は向いていないのかもしれません。

 

l 型 キッチンのおすすめポイントと各メーカーの特徴について

色々見てきましたが、やはり日本で一番備え付けられているのがこの形態なので使いやすさは、考えられている上にデザイン、カラーも各社豊富に取り揃えられています。そして、色々なオプションをつける事で、同じキッチンでも全く違ったイメージに変える事が出来るのも特徴の一つです。

省スペースの場所でもコンパクトに収まる作りになっているので、充分キッチンとしての役目を果たしますし、逆に狭いスペースの方が調理中の無駄な動きをしなくて済みます。更には、ダイニングテーブルをキッチンの真横に配置する事で、調理したものを配膳するのがとても楽になります。

実は収納力にも優れていて、TOTOの機能性を高めたキッチンには、コンロ横に調味料入れが配備されていて、調理の時にそのまま使えてとても便利です。また、リクシルのサンヴァリエ(アレスタ)は、機能性とデザイン性のバランスの取れたキッチンで、扉のカラーが45種類の中から選べるのです。同じようなデザインになりがちなキッチンですが、自分だけのオーダーメイド気分が味わえてうれしいですよね。

クリナップのラクエラは、大容量の収納がウリです。昨今、食器洗い乾燥機が標準装備となっているご家庭が増えていると思いますが、内蔵型のものですと、結構場所を取りその分収納が減ってしまうのですが、こちらのキッチンは、食洗機部分の不足分を補えるほどの収納力が魅力です。収納は、家族の人数が増えるほど多くなりますし、足りないと結構料理がしずらくて困るので大容量は魅力的です。

人工大理石でできた、衝撃に強く傷がつきにくいキッチンは、トクラスのBbです。こちらの会社も、シンクや扉の色を自分で選ぶことが出来るセミオーダータイプで自分で選んだ色でとても素敵なキッチンが完成すれば愛着がわきますよね。更に、主婦にとって大きなポイントは、掃除が面倒なレンジフードがお手入れが楽ちんな作りになっている事です。構造が入り組んでいないので、掃除の際に細かい部分が無いのでパッと拭くだけで綺麗になります。キッチンの掃除は、とても大変なので嬉しいこだわりですよね。

 

憧れの?!アイランドキッチン

近年、ドラマや映画で見ることも多いアイランドキッチンに憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。新築を建てるならアイランドキッチンを夢見る人も多いと思いますが、アイランドキッチンにもメリットとデメリットがあります。メリットばかりに目が行きがちで、実際にアイランドキッチンを設置した後にこんなはずではなかったと後悔しない為に、アイランドキッチンのメリット、デメリットについてご紹介しましょう。

 

アイランドキッチンとは?

まずは、アイランドキッチンとはどの様なキッチンなのかをご説明します。多くの人が勘違いしやすいのが対面キッチンとの違いです。俗に言う対面キッチンとは、リビング側を向いて調理をすることができるキッチンを指します。アイランドキッチンも対面キッチンの部類には入りますが最大の特徴は、キッチンのどの部分も壁に接していないということです。海に浮かぶ島の様に独立した状態のキッチンということで「アイランド」と呼ばれています。片側が壁に接している対面キッチンはペニンシュラキッチンと言われています。

 

アイランドキッチンのメリットとデメリットについて

アイランドキッチンのメリット

まず考えられるのが、見た目の美しさです。アイランドキッチンはインテリア性を大切にする風潮が強くオシャレなキッチンが多くあります。

特に、テレビでよく見かけるのはトーヨーキッチンのオールステンレスキッチンです。天板部分はもちろん引き出し部分などの全てをステンレスで作られているキッチンでシンプルでオシャレなキッチンメーカーです。

その他のメーカーもアイランドキッチンが可能なシリーズは他のシリーズに比べて実用性よりもインテリア性を重視しているケースが多い傾向にあります。
メリットの2つ目としては作業スペースの充実です。前述した通りアイランドキッチンは壁に接している面がありません。その為、2人以上で作業をする場合に非常に使いやすいキッチンです。さらに、キッチンを中心に人で囲むこともできる為、お料理教室を自宅でやる場合などに向いています。
これらのようにアイランドキッチンは見た目と実用性の面で非常に魅力的な要素を含み多くの主婦に憧れの対象とされています。

アイランドキッチンのデメリット

メリットに関しては承知している方も多いと思います。しかし、だからと言ってアイランドキッチンに決めようというのは少々難易度が高い話になります。アイランドキッチンにはいくつかのデメリットがあり、設置する前には必ず知っておかなければ後で後悔する可能性もあります。
まず一つ目は、間口の問題です。標準的なキッチンの大きさは長さが約250センチが一般的です。従来の壁付け型であれば単純に長さが入るかだけを気にすれば良いのですが、アイランドキッチンの場合には、長さが入るかだけではなく両サイドに人が通れるだけのスペースが確保できるかといった問題がでてきます。

人が通れるスペースは80センチは必要だと言われておりますがそれはあくまで通路としての場合出会ってアイランドキッチンを設置しようと思ったら少なくとも1メートルくらいのスペースは必要でしょう。つまり標準的な間口のキッチンを設置しようと思ったら横幅だけで見ても350センチは最低限必要だということです。

さらに、キッチンを部屋の中心に置くことでリビングダイニングスペースが圧迫されます。その為リビングスペースを確保しようと思ったら敷地面積がかなり必要になってきます。この敷地の問題に直面し、アイランドキッチンを泣く泣く諦めたといった人も多いと思います。

デメリットの2点目は油ハネ、水ハネ問題です。通常のキッチンは壁に面している為、洗い物をする際の水ハネや、炒めもの揚げものをする場合の油ハネなどは壁に着きます。しかし、壁に接している部分がないアイランドキッチンは、ハネた油や水は床に飛び散ります。その為不要な掃除が増えるというデメリットが生じてしまいます。

結局飛び散るなら壁も床も同じだろうと思う人もいるとは思いますが、キッチンに面した壁は通常なら掃除が楽にできるキッチンパネルが使われている為、床に比べて壁に飛び散った方が掃除ははるかにしやすいです。

そして三つ目のデメリットは換気扇の機能的な問題です。通常、コンロ側が壁に接している場合が多い為、コンロから発生する湯気や煙は壁を沿って換気扇から排気されます。

しかし壁がない場合は湯気や煙は分散しやすく、換気扇を回しても十分に排気されません。その為コンロ前に、整流板というガラス板を設置するケースが多くなりますが、そうなるとせっかくのスタイリッシュな見た目に少々傷がついてしまいます。しかし、設置しないと部屋の中に匂いが充満することになってしまうのです。

これらのように、メリットに対してのデメリットが多くあります。このデメリットを理解した上で、アイランドキッチンを検討しなければ後で後悔する可能性があります。

デメリットはありますが、なんだかんだ言ってもオシャレなキッチンがある家には憧れるのでデメリットを克服できる余裕さえあれば是非ともアイランドキッチンを設置したいものですね。

 

ミニキッチンも注目されている!

ミニキッチンというものを知っている人はいるのではないでしょうか。その名の通りサイズの小さいキッチンの事で間口90~150センチの間にコンロやシンクがおさまっているキッチンの事を言います。そのミニキッチンが今、話題になっています。

その多くはワンルームのアパートなどに設置されていることが多いんですが、2世帯のセカンドキッチンやオフィス用のキッチンとしても人気があります。また、ミニマムな暮らしをしたい人、体が小柄な女性にとってはとても使い勝手がいいことも挙げられます。

では、ミニキッチンはどんなときにあると便利かやその種類、注意点を紹介します。

 

2世帯住宅に最適なミニキッチン

2世帯は部屋が広い事が多い場合が多いのですが、2世帯だとキッチンが1つだと不便な場合が多いです。また、生活リズムが異なる家族がいる場合も1つだと何かと不便です。大家族の場合は食事を作るのが大変なので大きなキッチンと小さなキッチンに分けて料理を作るとスムーズになります。

特に祖父母世代と孫ファミリーの食生活の違いもあります。孫たちはハンバーグや揚げ物が食べたい!祖父母世代になるとおひたしや煮豆料理がいい!など食生活の違いはどうしても起こります。食事って好きな物を食べたいですし、体に合ったものを食べたいですね。

食事がストレスにならないためにもおすすめです。

 

2階部のキッチンにも便利

また、2階建て以上の家に住んでいる場合も1階とは別に2階にミニキッチンを増設するリフォームが人気です。例えば、3階の部屋の人がコーヒーを飲みたかったり、ちょっとした食事を食べたい場合にわざわざ1階に来て作りにくるのは面倒です。また、夜中に水が欲しくなったときも1階に下りてくるのは大変なので2階にミニキッチンがあるとすごく便利です。

また、夜中に飲み物を取りに行くときの階段を上り下りする音にも気を使わなくても良いので3階以上の家を建てている場合にオススメです。

最近は働き方にも変化が起こり、フリーランスで自宅でお仕事をするという方も増えています。自宅の仕事部屋に設置したいという声もあるようです。

 

いろいろなミニキッチン

サイズの大きさはそのタイプによって違います。ミニキッチンでも大きいサイズだと120センチ~とやや大きめのものがあります。ここまで大きいとガスコンロが2つ置けるのでミニキッチンで本格的にご飯を作るという人にオススメです。

鍋などのキッチン道具もたくさん入るので食事を頻繁に作るという場合に設置すると良いです。また、ミニキッチンに戸棚がついているタイプもあり、これなら調理器具やその他の器具もたくさん収納できるので物をたくさん入れたいという人にオススメです。

ガスコンロが2つのタイプから1つのタイプまであるのでどれくらいミニキッチンで料理をするかを考えて設置する事をオススメします。

 

ミニキッチンの設置工事費用

ミニキッチンの本体価格は10~20万円が相場になっています。オプションをつける場合はその分費用が加算され、本体価格とは別に施工費も必要になります。施工費はだいたい18~27万円くらいかかり、これにミニキッチンの本体価格をプラスすると合計30万前後になる事が多いです。

新しく家を建てる人は後から追加工事をすると余分に費用がかかってしまうのであらかじめ設置しておく事をオススメします。

 

ミニキッチン追加リフォームの注意点

ミニキッチンの増設時に必ずチェックしておきたいのが給湯器の位置です。給湯器が離れていると冬場はお湯が出るまでの時間を要すため水道費が増えてしまいます。場合によっては給水器も一緒に増設しなければいけなくなりそうすると余計にお金がかかります。

ミニキッチンを置きたいスペースと給湯器との位置関係は必ず調べておく事が大切です。また、ミニキッチンの本体価格というのは本当に最小限しか設備がついていません。

ですので、加熱機器、換気扇などをつけたい場合は別途費用がかかります。例えば、換気扇はだいたい2万円くらい追加料金がかかるのでどうしても設置したいという人は覚えておきましょう。

特にHIにしたいという人は配線のバランスもあるので気をつける必要があります。ミニキッチンでどんな事をしたいのかをあらかじめ考えてから設置すると後から後悔する事がありません。

 

このようにミニキッチンはサブのキッチンとして大変人気があります。大きな家に住んでいるとちょっとした飲み物や料理のためにキッチンに行くのがめんどくさいという場合があるのではないでしょうか。

また、オフィスなどがある人はちょっとしたキッチンがある方がお客さんが来たときにすぐに飲み物を出せるので非常に便利です。洗い場だけでも良いのですが、出来ればコンロもあるとちょっとした料理ができ、便利なのでオプションで付けておくと良いです。

また、2世帯住宅の場合は家族も大人数ですし、生活スタイルも違うと思うのでキッチンで料理すると音などが気になる場合があります。そうすると、ミニキッチンでちょっとした料理を作らなければいけないので、できるだけ大きなタイプにした方が便利です。

料理をする場合は鍋などの調理器具が必要になるので収納という意味でも少し大きめなミニキッチンを設置する事をおすすめします。このように、生活スタイルや家族の人数などでどれくらいのキッチンにするかどんなオプションを付けるかを考える事が大切です。

また、2世帯住宅やオフィスの場合はキッチンでなく小さな冷蔵庫があるとさらに便利です。自分たちの生活スタイルに合わせて家族全員で納得して決める事が大切です。家族が多い場合はミニキッチンという選択をしてみてください。

 

 

-整理整頓

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.