キッチン用品の整理整頓!5つに仕分け、収納配置でスッキリ

更新日:

 

zakka_01

キッチン用品の収納、整理整頓はどうしていますか?主婦業をするようになると、キッチンで過ごす時間も増えてくるものですね。主婦になり、子育て、仕事と忙しい時間が増えるほど、費用頻度の高いスペースであるキッチンは雑然としてしまいます。

忙しくなればなるほど、雑然としたキッチンでイライラ感を募らせている方も多いかもしれません。毎日使い、毎日過ごす場所であるからこそ、快適な空間にしたいですね。

キッチンの収納の悩みは尽きない・・・と言ってもいいくらい、それぞれの家庭で悩みがあり、違いがあります。というのも、キッチンスペースの大きさ、キッチン収納のボリューム、キッチン用具の数、ストック食品の量などなど違いがあるからです。

イライラ、悩みの種になりがちなキッチンですが、毎日の食生活を支え、美容や健康に関わる大切なスペースです。キッチンの見た目のお洒落なインテリアも大切ですが、食生活そのものが自分をつくる・・・と考えると、とても大切な空間であり、いつでもきれいにしていたい場所ですね。

そうときたら!早速キッチン用品の整理整頓に取り掛りましょう!キッチンで使用するものは大きくわければ5つに仕分けすることができ、この基本の分類ができれば、比較的スッキリできるのではないでしょうか。

キッチン用品の5つの仕分けと配置についてまとめてみました。

 

キッチン用品を収納する前に、5つに仕分けしてみる!

現在収納されているスペースから、すべて取り出してみましょう。キッチン用品を収納する前に、使用頻度が高いものを5つに仕分けしてみます。

使用頻度の高い5つの分類とは・・

・鍋類、お玉などの調理器具

・ふきん、ラップ、アルミホイル、お弁当箱などのキッチン雑貨

・醤油、油、塩、コショウなどの調味料

・小麦粉、乾麺、缶詰などの保存食類

・食器、カトラリー

 

上記のものは、自炊をしている一人暮らしの人、子育てをしているファミリーでも、数やボリュームに違いはあるかもしれませんが、常備して比較的使用頻度も高いキッチン用品ではないでしょうか。

 

キッチン用品、5つの仕分けをしたら不要な物を捨てる!

キッチン用品も使っている物、使っていない物があると思います。キッチン用品は、最近はとても便利な物があるので、店頭、TVショッピングなどでついつい購入してしまうものの一つです。

必要なかった・・・と思われる器具類に多いのがミキサーやブレンダーなどでしょうか。使ったのは買ったときだけだった・・・なんて声もよく聞かれます。

離乳食づくりに使おう!なんて思ったけれど、器具を出したり、片づけが面倒で、手動ですりおろした方が速い・・・とかね。スペースが必要な物ほど、購入には慎重になりたいですね。我が家は、スムージー作り、子供用にバニラシェイクなどを作るときに活躍させていますよ。

あると便利、いつかは使うだろう・・と購入したものの、ここ1年、2年収納戸棚から出したことも無かった・・・という調理器具類もあるかもしれません。

カトラリーやコップも家族の人数分以上の数があったり、調味料や保存食類も賞味期限切れ・・・という事もあるかもしれません。そんなずぼらな状態になっているとしたら、一度まとめて捨てるべきです。

物を捨てて、物の数を決めてしまえば、収納スペースもどれだけ必要なのか?どこに配置できるのか?一目瞭然です。

 

調理器具は、水まわりと火まわりに分けて!

調理器具は、水まわり、火まわりで使うものに分けます。分ける理由は、配置場所を決めるためです。

【水まわり】流しの付近に配置⇒ボウル、ざる、皮むき、包丁、まな板など

【火まわり】ガスコンロ、IHコンロの付近に配置⇒鍋、フライパン、お玉、フライ返し、トング、菜箸、軽量スプーンなど

調理器具類を収納するときに、引き出しがあるからここに入れた、戸棚に入るから入れておいた・・・という感じでとりあえず入るところに納めてしまっただけ・・・という方も多いかもしれません。

引っ越しをしてきたら、片づけるものが沢山です。物があふれている状態を回避するために、見た目をきれいにしたという感じでしょうか。

見た目のきれいさ、美しさ、お洒落さも大切ですが、調理器具の配置は、使う場所、目的に合わせて配置をすると、キッチンの動線がスムーズです。あっちに行ったり、こっちに来たり・・とキッチン用品を探したり、取り出す度にウロウロしていたら効率が悪いですね。

効率UP、使いやすさのためにも配置はとても重要です。

 

キッチン雑貨は費用頻度の高い、低いで配置を分ける

キッチン雑貨は細かいもの、形状も様々で整理整頓が難しく、ごちゃごちゃし易い物です。また、行楽シーズンや季節の物など使用頻度が低いものもあれば、頻繁に使用するものもありますので、2つに分けて配置したいところですね。

使用頻度の多いキッチン雑貨

⇒ラップ、アルミホイル、ふきん、キッチン洗剤類、ごみ袋など

使用頻度の少ないキッチン雑貨

⇒お弁当箱、水筒、紙コップなどのレジャー用品、タッパーなど

このように分類して、使用頻度の多いキッチン雑貨類は、水まわりや火まわりの手の届きやすい範囲に収納します。使用頻度の少ないキッチン雑貨類は、吊戸棚や食器棚の高いスペースなどに収納するといいです。女性にとっては高い場所の物の取り出しは大変ですから、あまり使わない物や軽い物の収納場所として利用しましょう。

 

調味料の分類、大きさを分ける

調味料と一言で言っても容器の大きさには違いがあります。醤油や油、みりんといった使用頻度の高い調味料は、大きめのボトルで購入することが多いと思います。

塩コショウ、ハーブやスパイスといった調味料は小瓶などで購入することが多いかもしれませんね。さらに、珍しいスパイスなどは使用頻度が少ない調味料もあります。

 

大きいボトル(容器)⇒醤油、サラダ油、みりん、だしつゆ、みそ、塩、砂糖など

小さいボトル⇒ハーブ、スパイス、塩コショウなど

使用頻度の少ない調味料⇒珍しい調味料

調味料は大きいボトルと小さいボトルに分類して、どちらも火まわりに収納します。使用頻度の少ない調味料類は、保存食類と一緒に収納します。

 

保存食類、ストック食品もできるだけ頻繁に使用する

塩や砂糖、小麦粉などのような常備するべき保存食類と、レトルト食品や缶詰などの料理を楽にしたり、防災のための保存食類があります。

塩、砂糖、小麦粉、パン粉、乾麺などは同じものを買い増ししないように、目で見てわかるように収納します。袋に入っていて、使用途中のものはゴムやクリップで留めて一か所に収納しましょう。レトルトや缶詰などの保存食類もついつい買いすぎて保存食を増やしてしまうことがあります。

買いすぎは、収納スペースが減ってしまったり、賞味期限が切れてしまうというデメリットがあります。そして、保存食であり、防災のための食品でありながらも常備する⇒食べる⇒補充するのルーチンが重要です。このルーチンができる、把握できるだけのボリュームにする、または、数を決めてしまうと効率的です。

保存食類は、使用頻度が少ないことや、砂糖や小麦粉のように大きさ、重量があるものが多いですので、火まわり、みずまわりから離れた専用スペースを作りましょう。

 

食器、コップ類、カトラリー類の整理整頓

食器類は、お料理が終わってから盛り付けをする最終段階で使用するものになります。そして、食器類にも使用頻度の高いもの、少ないものがあります。

使用頻度の高い食器⇒お椀、茶碗、中サイズプレート、小皿、コップ、カトラリー類全般

使用頻度の低い食器⇒鍋用食器、どんぶり、大サイズプレート、

頻繁に使用する食器類は手前、季節的なもの、来客時にしか使用しない食器類は奥の方へ配置します。食器類は、食器棚などよりも、キッチンまわりの低い位置、引き出しなどの収納がおすすめです。

見た目は食器棚に収納した方が、見た目も美しいですし、インテリアの一部にもなります。しかし、防災の面で高さのある場所に割れ物を配置するのはできれば避けたいところです。

食器棚を使用している方、収納したい方は、食器棚の扉を留めるなど落下防止策を施しましょう。

さらに、食器類、コップ類、カトラリー類を低い位置に配置する理由は、子育てファミリーの場合、子供でも取り出せるという点も配慮します。食事をする前などに自分のカトラリーを取りに行く、のどが乾いたらコップを出す、というちょっとしたことが自分でできるようにしてあげるのも、親の配慮があってこそ・・・だと思うのです。

コップの収納はこちらも

食器棚収納でコップ類の数を最低限に減らす。これだけあれば十分!

食器、カトラリーはこちらも

食器、カトラリーの片づけ!整理整頓しやすい高さがポイント

 

いかがでしたか?文章だけではなかなかイメージしにくいですね。このページでは、今後も我が家の収納の状態を画像で追加したり、記事を追加していきたいと思いますので、時々覗きに来てくださいね。

-整理整頓

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.