40 歳 女性の生き方、人生を充実させるためにできること

更新日:

 

book_04

人生をどのように考えて、どのように生きていくのか?は様々な考え方があり十人十色です。孔子が語る三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る・・・というように、現代人にも通じるものがあります。

30代でに突入したら、社会人として一人前に参加し、40代では、迷いなく自分の道を選ぶとき、50代では天から与えられた使命を知る事となる・・・

とは言っても、30代でも40代でも人生について、迷いなく生きている人はどれだけいるでしょうか?30代で一人前の人生を歩み始めて、あれやこれやと試行錯誤する事が多いかと思います。

試行錯誤していく中でも40代に入ったら、思い切り突き進みなさい・・という事でしょう?そう考えると、40代になるまでの人生はいわばリハーサルのようなもので、やるだけの事をやってきたのなら、40代で迷う事はない人生の本番と捉えることもできます。

日本人にとって人生はとても長いものになりました。長寿の国ですから40歳を迎えてまだ道半ば・・・という感覚でもいいのかもしれません。

40代でもう年だから・・・と思うのと、まだまだだ!と思うのでは成長度合いも違うのではないでしょうか。40代の女性でも美しく輝く美魔女なんていう言葉も流行している今だからこそ、あれは別世界の人!なんて思っていたら勿体ないなと思うのです。

40代でも伸びる、40代でストップする、こればかりは自分自身で決めているのかもしれません。40代を楽しく生きるために、その先の人生を充実させるためにできることについてまとめてみました。

 

40 歳 女性、目標を持っていないとダメになってしまう!

30代~40代にかけて、保守的になってしまう人と、いつでもアクティブに新しい刺激を求めている人に分かれてきます。この年齢になっても尚、そんなことをしているの?と思われたくない大人の振舞いをする事に注力してしまう人は多いものです。

それに引き替え、年齢なんて気にしない。自分が興味があれば自分よりも若い世代の人達と、たくさん交流を持つ人もいます。若者からエネルギーをもらう・・・なんて言うと年寄り臭いですが、実際に積極的に行動している人は、見た目も話す話題も若々しいものです。

固定概念に縛られず、いつでも自分のやりたい事に忠実に行動しているから、目標も目的も明確である事が多いように思います。その一方で、自分の年齢やこうあるべき!という事に囚われている人は、いつまでも自分の行動に自信が持てず、目標や目的が無いために話題や価値観もどんどん狭くなっていきます。

積極的に行動している人や、目的をもって前進している人を妬んでみたりするばかりか、愚痴、悪口ばかりになり人生を無駄な事に浪費しているものです。

本当の意味で人生を充実させるには、やはり目標がないとダメな人間に成り下がってしまう・・・!という事は、心理学の世界でも立証されている事。

目標設定する事でモチベーションを高めて、人生を豊かに感じられるのならば、それに越したことはないですね。

 

人との出会いの数だけ自分を成長させてくれる!

年齢が40歳ともなれば、様々な経験を積んできている事は確かですが、人との出会いの数に勝るものはないな・・・と思うのです。こればかりは、経験してきた職業に影響するところが大きいです。

職業によっては、黙々と誰とも会話しなくても仕事が成立することもあるかもしれません。人と接する機会が多い人は、様々な人となりを見て、聞く機会に恵まれます。

また、多種多様な職業の人と関わる事ができる仕事なら、より一層ラッキーだと思うのです。仕事を通じて、趣味を通じてでもどのような接点でも構いませんが、自分とは違う価値観の人間に多くふれあい、話を聞く機会はあるに越したことはないですね。

もしも、職業で恵まれていないなら、趣味のサークル、身近な友人や地域の方の関わりなど自分でつかみに行きましょう。

とは言っても、40歳になっても尚、苦手なタイプの人というのはあるものですし、二度と会いたくないような迷惑な人に遭遇することは避けられません。そこで、こういう人とは付き合わない!という決め事は作らないほうが懸命です。

嫌な人だな・・・と思うような相手でも、何か学べることはあるはずです。反面教師でもいいですし、何かしら学びになるかもしれません。

自然の流れで出会いの場、機会を得たときは身を任せて付き合ってみる方が、その後の人生の糧になるような気がします。

 

人との出会いで大切なのは、直接対面に重点を置くべき

人との出会いの機会は大切ですし、苦手な人ともできれば自然の流れで付き合いは継続する方がいい・・・と触れてきましたが、出会いやコミュニケーションの手段は、様々になってきました。

私達は、メールやSNSといった便利ツールを手に入れてしまって、コミュニケーションの手段は選べる状態です。直接対面で交流する機会が減っている・・・とも言えます。

私が最近違和感を感じたのは、隣近所なのにメールやラインで会話をしている事です。近所に住んでいる人ほど、対面で会話することが重要だと思う私は、古いタイプの人間なのかしら?と思ってしまうほどです。隣近所は深い付き合いをするほど、トラブルになった時には大変ですから、SNSやメールなどのやり取りが増えるのはどうなのかな?と思うのです。

そして、なんとなく苦手な人だから・・・なんとなく言いにくい話題だから・・・と対面ではなくメールやSNSを選ぶ方も多いかもしれません。

便利ツールが増えていて、選択肢があるだけに逆に出会いや交流が複雑になっているような気がします。相手と会った事は数回程度なのに、メールやSNSのやり取りは頻繁・・・というと、人を見る目は養われないだろうな・・と思います。

人と対面で話せば、言葉づかい、表情、態度、振舞い、物腰、服装、感情といったその人となりを見て、感じることができます。メールやSNSは絵文字、テキスト、適当な画像だけです。その人となりを伝えてくれません。

直接会う事で、自分を相手に知ってもらい、自分も相手を知る事ができるというもの。SNSやメールをするくらいなら、テレビ電話のほうがまだマシなのかもしれないですが、人間に対してどんどん音痴になってはいけないな・・と思うのです。

40代になっても、人との関わりを知らない・・・みっともないものです。できるだけ、人と出会い、人にも揉まれ、人に幸せを感じたいものですね。

 

40 歳 女性、失ったもの、捨てたものと引き換えにしている何かがあるはず

40代にもなれば、今まで目標をもって生き、経験している事も数知れないですが、その中でも失ってきたもの、捨てたものもあると思います。

人生の岐路に立った時、何かを選択して何かを失っているというのが一般的で、全てを手に入れている人生を歩んでいる人はいないはずです。

失ったものに執着してしまう人もいるかもしれませんが、失っていると同時に、失わなければ手に入らなかった物事が多数あることを忘れてはいけません。

人は贅沢なもので、何の苦労もしないで手に入る物には感謝の気持ちは湧いてきません。失った事よりも、新しく何が得られているのか?という点に着目して、考え方、解釈をどうするかによって、その後の人生の充実度は違ってくるのではないでしょうか?

失った事や捨てたものに絶望して生きていたら、何も楽しめないし、その先どうしたいのか?という目標すらなくなってしまいます。

そして、40 歳 女性は、年齢を重ねることに抵抗している人は多いものです。若さを失っているわけですが、若さに執着するから気に病んでしまうのです。

それと引き換えに、様々な人生で得た経験値がある事を忘れてはいけません。失う事=マイナスに捉え焦燥感を抱いてしまいますが、何かを得ていると考えることが人生を豊かに感じられるのではないでしょうか。

 

物を大切にする心、いつまでも残り続けるもの(人)であるために

最近は物を捨てて、整理整頓をするのがブームです。私もこのブームは面白いなと思っていて、実際に整理整頓もしています。そして、実際にやってみると思っている以上に要らないものに囲まれて暮らしている事に気づかされますし、本当に必要な物だけを買うようになったら気持ちも、生活もシンプルになったのです。

実際に身近にも整理整頓の資格?などを持つ人も増えてきました。このようにして、物に着目してみるといかに、大量生産、大量消費、使い捨ての精神が根強く浸透していたのか思い知らされるのです。

物を捨てるというところから、スタートするのが整理整頓だというのですよ?それだけ、いらないものを抱えている家庭が多いという事で、最初から捨てなさい!と言っているのです。

物にどれだけの価値を見出しているのか?という事に着目した時に、自分の人生の価値をどのように見出していくのか?という事にも結び付きます。

いつ捨ててもいいものばかりを買って、溜め込んで、部屋をゴチャゴチャにしている人は、人生もいつ何をしてても影響が無く、思考も行動もゴチャゴチャ・・・になりかねないなと思うのです。

無駄な物を買っている時間も人生であると思ったら、自分の行動一つ一つを大切にしなければならないと思うのです。ただ捨てられる存在になるのか?いつまでも残り続ける存在になるのか?個人の生き方の選択が要のようです。

 

40代をいかに楽しんで、やりたい事をやるか?

40代という年齢は仕事も経験値があり、世間で言われるところの働き盛りでもあります。そして、現実的な話をすれば、子育ての真っ最中で子供とのアレコレに翻弄されつつも、子育てに掛かるお金も毎年UPし続け、住宅ローンの返済の真っ最中です。働き盛りでありながらも働かざるを得ないというのが一般的ではないでしょうか。

そういった生活の中で、自分の時間はなかなか取れないし、自分のやりたい事なんてやる暇がない!といいます。子育てがひと段落したら、子供達が自立したら・・・と人生の楽しみを先延ばしにしている人も多いかもしれません。

それはそれで、人生の目標にもなりますし悪くはありませんが、より人生を充実させて40代の今を乗り切るなら、気力も体力もある今の内に、やりたい事、自分の時間は確保するべきです。

今だからこそ、行動力もあり、失敗したとしてもやり直しができるというものです。仕事はもちろん大切だけれど、会社員だったら少しは使うエネルギーを調節して、自分の事にエネルギーを費やしても罰は当たらないでしょう?

エネルギーも使い方次第、バランスの取り方次第です。なぜ、40代でやりたい事をやるべきなのか?といえば、40代ででき無い事を50代、60代でやるのは、さらなるハードルが高いというものです。

気力も体力も行動するスピード感も落ちることは目に見えています。

仕事仕事で生きていき、その後の老後が楽しくてしょうがない・・・なんてことはありえるでしょうか?仕事以外の事も磨いていくべきなのです。

子供の成長でもそうですね。勉強勉強と受験までの時間を国語、算数、英語などの勉強に時間を費やしたとしても、人間性を養う教育が抜けてしまったら、ろくでもない人間に育ってしまうものです。

これは、大人にも言えることで、仕事仕事で生きてきた人が、老後面白おかしい人生、楽しめるわけがないのです。極論になってしまいますが、今の時間も人生を楽しむための投資と捉えて、やりたい事のために行動する事が大切ですね。

 

こちらも参考になります。

将来 の 夢 が ない?大人も夢を語って夢を叶える行動術

-人と心

Copyright© My mind home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.