涼しい!と感じる?家電と上手に付き合う節電の夏!

更新日:

 

75d1bd23567b84dedd64741545184975_s

暑い夏を乗り越えるために、出来る限り冷房や便利なものに頼らず、食事や体づくりに気を使い工夫して過ごしたいものですね。もちろん、熱中症対策のためにも冷房などの家電製品とも上手に付き合わなければなりません。

夏の電気代を節約する工夫などについてまとめてみました。

 

涼しいエアコン!夏の利用術!

 

DSC_0335

夏の暑い日、日中気温が高くなってくると涼しさを求めて、部屋にいるとついつい冷房に頼りたくなってしまいます。ちょっと蒸し暑い、ちょっと暑いかな・・・そんな時でもエアコンのスイッチを入れて、つけっぱなし・・・。

ちょっと見直してみましょう。少し服装を涼しいスタイルにできませんか?窓を開けても風は入ってこない?ちょっと暑いくらいなら、まだエアコン必要ないのでは?

1時間でもガマンできれば、電力量は最小限に抑える事ができます。あえて、付ける時間を決めてタイマーで自動出来れるようにしたり、外出前は30分前に切るなど時間短縮する工夫をしてみましょう。

 

十分涼しい!設定温度、28度は常識!?

エアコンの設定温度は28度設定が理想的であり、エコ運転とも言われ今や常識となりつつありますね。設定温度は28度と決めて置いてあとは服装や過ごし方で工夫をする。

実際に28度設定では低い温度設定に慣れていると若干暑い・・・と感じる方も多いようです。しかし、温度は常時当たり前に過ごしていれば体も慣れてきます。

 

扇風機などを併用して、消費電力を軽減、涼しい!

DSC03679

冷房はエアコン単体での使用ではなく、扇風機やサーキュレーターで空気を循環させるなど、熱中症対策のためにも併用すると良いです。

扇風機の風が当たった時の体感温度は、2度~3度下がると言われていて、冷房で部屋の温度が少しでも下がれば、冷房の設定温度を高くしたり、一旦停止するなどしても快適に涼しく過ごす事ができます。

エアコンに頼り切らないで、上手に利用するのがポイントですね。実際に冷房と扇風機の併用では、消費電力は約20%も節約する事ができようです。

また、エアコンを運転している時に、部屋に差し込む日差しが強い場合には、カーテンを閉めたりすると冷房効果も高まります。

扇風機を置く場所によっても、涼しさの効果は影響します。エアコンの風が吹き付ける場所に、扇風機を置くと効果的です。さらに、エアコンの涼しい風を部屋全体に行き渡らせるためには、扇風機を首振りにします。

部屋の一部に扇風機の風を送る時は、そのままでも良いですがずーっと扇風機の風に長時間当たり続けるのは健康上、危険です!

 

エアコンのフィルター掃除ちゃんとしている?

エアコンの冷房運転の効果高めるためには、フィルターの掃除も欠かせません。ついつい面倒なお掃除はサボってしまいがちですが、フィルターに埃などが目詰まりした状態では、消費電力は大幅にUPしてしまいます。

また、フィルターは埃だけではなく、湿気の影響によってカビが繁殖する場合もあります。エアコンから拭く風がカビだらけでは、健康にも良くありません。

シーズン中のお掃除は、できれば最低でも2週間に1回は実施したいところですね。

 

エアコンの涼しい風に影響する?!室外機の周辺は混雑していない?

エアコンの室外機には熱を放出する役割があり、背面から外気を取り込み熱交換後、排気しています。排気がこもってしまったり跳ね返る状態では、熱交換の能力が低下してしまいます。

室外機の周辺に物が置かれていたり、塀などで囲まれた状態、室外機のカバーをしたままでは、放熱効果が得られなくなってしまいます。

また、室外機を設置する場所も、できれば直射日光が1日中当たらない、日陰などの高温にならない場所が理想です。また、設置場所が限られる場合には、日陰になるよう室外機の日よけなどを併設するなど工夫しましょう。

 

エアコンの冷房がより一層涼しい部屋に・・カーテンを活用する!

日中、日差しが入る部屋は気温が高くなりやすいので、エアコンを付ける時には、冷房効果を高めるためにカーテンなどで日差しをカットしてしまいましょう。

また、冷房を付けている時には、できるだけ外気が入らないように部屋のドアや窓の開閉を少なくしましょう。また、室内のカーテン以外にも窓の外によしず、すだれ、緑のカーテンで日差しをカットしても良いですね。

 

夏は、思っているよりも冷蔵庫の消費電力は高くなる!

冷蔵庫そのものは閉めた状態であれば、一定に温度を保っているだけですから消費電力はそれほど大幅にUPする事はありません。しかし、夏になると冷たい飲み物や食べ物などの出し入れが頻繁になります。

冷やした麦茶を飲むのも、家族が多ければ多いほど、開閉が増えてしまい冷蔵庫の冷気が逃げて外気が入り込み、冷蔵庫が冷やすために電力消費が増えてしまいます。

冷蔵庫の冷気を逃がさない工夫を

できるだけ、冷蔵庫の開閉を減らしたいところですが、開けたときの冷気を逃がさないように冷蔵庫内にビニールなどのカーテンをつけるのもひと工夫でおすすめです。

また、麦茶などの飲み物は、保冷ジャグジーに入れて部屋に置いておくのもおすすめです。インテリアのイメージを壊さないお洒落なものもありますし、小さいお子様でも自分で注いで飲むこともできるようになります。

 

冷蔵庫の中の物を減らす

買いだめをしたり、残り物などが多い時など冷蔵庫の中に物を詰め込みすぎてしまうと、冷気の循環が悪くなってしまいます。物が多い状態では、効率的に冷やす事が出来なくなってしまいます。

また、奥にある物がなかなか取り出せなくなってしまい、長時間冷蔵庫を開けっ放しにする機会も増えて、冷気をどんどん逃がしてしまいます。

また、スーパーで買ってきた食料品を全て、冷蔵庫に保存している方も多いと思います。本来なら常温でも保存できる根菜類や、缶詰なども入れていませんか??

冷蔵庫保存するべきものに限定して、出来る限り保冷効果を高めるために適量を保存しましょう。冷蔵庫の物を減らすには、整理整頓に限ります。

賞味期限が切れている加工食品や調味料、傷んだ野菜やお惣菜などがいつまでも冷蔵庫に入れっぱなしになっていませんか?冷蔵庫の断捨離を実践しましょう!

 

冷蔵庫の設置場所もチェック!

冷蔵庫は家電の中でも大型の家電で、キッチンでもかなりのスペースが必要です。また、冷蔵庫や住宅事情によっては、冷蔵庫がギュウギュウに押し込められている家庭もあります。

冷蔵庫は、中の物を冷やすために背面から熱を放出しています。冷蔵庫の背面と壁の間を適切な距離で空間を作る事がチア説です。最低5cmは空間を開けて設置しましょう。

もちろん、背面だけではなく、左右の空間も同様です。また、冷蔵庫の上部にも物を収納しない事も忘れずに。

 

冷蔵庫の設定温度も適切に

冷蔵庫の設定温度も適切な温度にしましょう。冷蔵庫の温度を設定してそのまま年中過ごしている家庭も多いかもしれません。季節や中の量などによって設定温度を都度見直しましょう。

理想の設定温度は、冷蔵室は1度~5度、野菜室は5度~7度、チルドルームは0度です。現在の温度設定がどうなっているのか?確認してみましょう。

また、冬の寒い季節は設定は弱で十分です。

 

電子レンジの活用術!

電子レンジを使う事で、様々な消費電力を軽減したり、調理時間を短縮する事ができるなど、上手に活用する事で節約、夏の涼しさにも影響しますよ。

今や常識となりつつある基本的な活用方法としては、炊飯ジャーで炊いたご飯は保温ではなく、電子レンジで「チン」で温める。ちょっとした手間ですが、保温しているだけの消費電力よりも、電子レンジの消費電力のほうが節約できます。

また、炊飯ジャーで保温している事で、電気製品から放出する熱気で、周辺の温度が高くなるなど冷房の効きにも関係します。

 

電子レンジで野菜の下ごしらえ、消費電力を下げる!

 

d5fd3cbbc06614268d9899f5ed185492_s

もちろん、調理にも活用しましょう。ほうれん草やキャベツなどの葉もの野菜、とうもろこしであれば、ガスで茹でるよりも電子レンジでの茹で野菜で下ごしらえをした方が消費電力も少なくて済みます。

また、ガスやIHなどの鍋での調理では、湯気や炎による熱気がキッチン、部屋に充満しなくて済みます。料理をする時間も暑さでイライラしない、お料理も快適にするためのひと工夫です。

 

涼しいと感じる?快適に使う電気ポット

見た目はコンパクトですし、少量のお湯を沸かして保温するだけなら大丈夫・・・と思いがちですが、保温した状態で一日置いておけば、冷蔵庫の消費電力にも匹敵するくらいの電力を使っています。

また、保温ポットを使う習慣がある家庭では、朝起きたらまずはポットに満タンに水を入れて、お湯を沸かしているという家庭も多いかもしれません。

その保温されたポットのお湯は、日中使っている量は少なく使い切る事が無い・・・なんて状態になっていませんか?もしも使い切る事がないなら、保温は辞めたほうが良いですよ。

必要な時に必要な分だけ都度沸かす方が、消費電力は少なくて済みます。お湯は少量であれば沸くのも速いですから。電気ポットも省エネ商品が豊富に商品展開されていますから、少し古いタイプのポットでしたら、買い替えた方がお得な場合もあります。

同じように見えているポットでも、消費電力の差が1/5まで軽減できるものもあるので、電気屋さんでチェックしてみましょう。

 

食器洗い乾燥機でまとめ洗い!

食器洗いは誰もがやりたくない、面倒・・・と感じる家事の一つです。最近は食器洗い乾燥機で負担を減らしている家庭も多いのではないでしょうか。

食器洗い乾燥機は、食器を洗う時にはできるかぎり一定の量をまとめて洗った方が、エネルギーの節約になります。また、電力消費量だけではなく、水道代の節約にもなり、手洗いした時よりも水の使用量を1/4に減らす事ができます。

また、高温で食器を洗うので消毒効果もあり、衛生的に安心で赤ちゃんの哺乳瓶洗いなども他の食器と洗えて重宝します。

食器洗い乾燥機は、高温で洗うため乾燥機として乾燥しなくても、開けた状態で自然乾燥をすれば、乾燥するはずの時間の消費電力も節約する事ができます。

 

掃除機の使い方、ほうきとちりとりも活用する

DSC03486

夏は肌の露出が増えますから、ゴロンと横になって過ごすときにもお部屋はキレイで清潔な状態にしておきたいですね。ゴミが落ちていたり、肌についたゴミは不快感でいっぱい、夏の暑さ以上にイライラしてしまいます。

掃除機は集塵パックがいっぱいになった状態にせず、マメに交換して使用しましょう。いっぱい満タン状態では、吸引力も低下してしまいますし。ムリをした状態では電力も無駄遣いになってしまいます。

また、循環する空気もキレイになるので、吸引力に余裕がある状態で掃除機を使用しましょう。また、ちょっとしたスペースやマメにお掃除をするならば、ほうき、ちりとりでのお掃除も◎です。

電力は一切使いませんから、ミニ掃除として併用するのがおすすめです。ちょっとしたゴミをみつけたときに、ほうきとちりとりでお掃除しておけば、掃除機の掃除の手間や消費電力が軽減できます。

 

掃除機をかける前、整理整頓できている?

よし!掃除するぞ!と掃除機を出してきて、ブインブインと掃除機をかけ始めたものの、部屋に物が散らかった状態で物を片付けたり、掃除機で吸い取ったり・・・を繰り返す事はありませんか?

掃除機をかける手を一旦止めて片づけをしている間も、思っている以上に電力を消費しています。まずは、物を片付ける、物を捨ててからお掃除しましょう!

 

洗濯機はどのくらいまわしている?洗濯機の利用方法

 

洗濯機はどのくらいの頻度でまわしていますか?汗をかくことが多く、着替えやタオルなど洗濯物も多くなりがちな夏ですね。特に屋外スポーツをしている家族がいる場合は、なおさらのことです。

そんな夏のお洗濯は、衛生面で考えると毎日マメにお洗濯をしたいところです。しかし、省エネという点を重視すると、まとめ洗いがおすすめです。

消費する電力はもちろんですが、節水という点でも大きく違います。また、節水に注目するならば、もちろんお風呂の残り湯を活用します。

残り湯を使う時は1回目の洗いのみにして、すすぎでは水道水を使用すれば臭いなども気になりません。そして、洗浄効果を高めたいばかりに洗剤の量を多めにしたくなりますが、洗剤は多いほどすすぎに時間がかかってしまい、水、電力量をムダにしてしまいます。

メーカーが指定する適量に抑えておきましょう。

 

温水洗浄便座の保温設定、夏はどうしたらいい?

便座で消費電力が最もかかってしまうのは、洗浄水の保温ですので、設定温度はできるだけ低めに設定しましょう。また、便座の温度も同様です。

冬は冷たいと感じやすいですが、夏であれば「冷たい・・」と感じない程度の低い温度設定が理想です。この感覚は季節によって変化しますから、その都度変更するようにしましょう。

また、夏は暑いものですから、思い切って便座のスイッチはオフにしてもかまわないかもしれません。マメに設定を変える事、チェックする事が理想です。

また、便座は使用しない間はフタを閉めましょう。温水洗浄便座は、フタを開けている状態では放熱してしまうため、消費電力量も増えてしまいます。

マメにフタを閉める事も忘れないようにしましょう。

 

テレビをつけっぱなし・・・もうやめましょう!

テレビがついていないと落ち着かないという方も多いかもしれませんが、テレビがついていないと眠れない・・・などと言う方までいます。こうなってしまったら、テレビに依存しすぎかもしれません。

テレビは見たい番組でなければ、消しましょう。特に朝の忙しい時間帯でも、テレビ番組の進行状況が時計代わりになっている人も多いようです。便利な感じもしますが、内容自体に興味が無いのでしたら、消しましょう。時間は時計をみればいいだけですし、消費している時間、電力がムダです。

テレビを消すときは、主電源も消します。主電源が入っている状態の場合、わずかですが、電力を消費し続けています。主電源を切る時に、HDD内臓のテレビだと、データが飛んでしまう事があるので注意が必要です。

また、テレビは購入した時のままでは、消費電力量も最大である場合があります。テレビモニターの明るさが明るすぎている場合は設定を変更しましょう。

さらに音量も大きすぎていませんか?音量も大きいままだと、消費する電力が増えてしまいます。

 

日頃の生活では電化製品は欠かせなくなっています。便利で生活を楽にしてくれる家電もうまく付き合って、上手にオン、オフの切り替えができれば節約にもなります。

電化製品は、使っていない時にもついついつけっぱなし・・・にしてしまいがちです。使う時、使わない時のメリハリにきをつけたいですね。

お部屋も工夫してみましょ!

暑さ対策!涼しいと感じる家、部屋、庭、暮らし方

-夏の過ごし方

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.