通学グッズ 入学準備での傘選びのコツ

更新日:

 

DSC_0084

入園準備品で忘れてはいけないのが、通学グッズの傘です。
幼稚園時代のものは、絵柄がアンパンマンで小学生では使えない・・本人が嫌と言っているため、新しく購入しました。

学年が進むと絵柄とかすぐに飽きてしまうので、無地のブルー一色のものです。シンプルが一番。

マイカー移動が多い我が家・・・傘で歩いたときにはできるだけ持ち方、使い方を伝えています。入学準備として新1年生で傘を上手に使えるように、息子が通う幼稚園では、傘を持参して使い方、危ない持ち方、やってはいけない事などなどを指導してくれました。

 

入学準備は、持ち物を正しく使えるようにすることも大切

入学準備というと品物を買い揃える事ももちろんですが、持ち物を正しく使えるという事も準備のひとつです。

傘を振り回したりせず、安全にもって通学する。

傘を自分でたたんで、決まっている置き場に置くことが出来る。

そして、帰宅の時には忘れずに持ち帰る事ができる。

傘をさしたり、たたむ練習を!

 

大人にとっては当たり前で何でもない事なのですが、小さな体の1年生にとっては傘をさすのも、たたむのもひと仕事なのです。

小学校へ通うようになると、幼稚園の頃のような先生の助けはほぼありません。練習しておくと本人の気持ちにも余裕ができます。自分でできた!という達成感や自信も得られるので準備しておきたいですね。

 

入学準備傘選びのコツとは?

入学準備では、傘は目立つ色、絵柄などに注目しがちですが、透明の窓となる部位がある傘がおすすめです。

子供はもともと大人よりも視野が狭いですが、傘によってより視野が狭くなってしまいます。傘をさしていても前方などが見えやすい透明な窓にも意識すると良いようです。

 

安全な形状の傘

子供が持ち歩く傘なので、サイズはもちろんですが、安全な形状のものがベストです。

先が尖っていない安全な傘を選びましょう!

子供はまだまだ周囲への配慮が足りないために、とっさにぶつかったり、当たってしまう事があります。少しぶつかってもケガがないよう安全な形状のものを選びましょう!

 

丈夫な傘

傘は、骨が丈夫な物を選びましょう。子供用傘などでも安価なものが多くありますが、丈夫であるか確認をして購入しましょう。

風が強い時などに壊れやすいため、丈夫な傘選びが重要です。子供は傘を学校に忘れてきたりする事もあるので、安価な傘は予備の傘として用意すると良いようですね。

 

小学校入学準備リスト(学用品類)費用はどのくらいかかる?

-入園・入学
-, , ,

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.