子供 の 習い事、スポーツ系を選ぶ前に・・・

更新日:

 

 

monochrome2_08

子供の習い事ではスポーツ系が人気ですが、特定のスポーツを選択する際に、得られるものや期待できるものについて着目してみました。スポーツを習わせたいと思って習わせている方、今後検討している方も多いかもしれませんが、どのような事に期待するのか?実際に習ってみるとどんな事が起こるのか?習う前からある程度情報を知っているだけで、トラブルや心配事を減らす事ができるかもしれません。

せっかく子供が習うのでしたら、出来る限り子供のためにサポートしてあげたいですね。スポーツを習う事で得られる事や期待できる事などをまとめてみました。

幼少期に特定のスポーツを習う事の是非については、こちらの記事も参考になります。

幼児、児童の時期に特定のスポーツを習わせることはいい?逆効果?

 

スポーツでプロを目指すの?

習い事をする際に目的がどの程度の位置づけなのか?という事はスタートする際に、親がある程度定める必要はあります。運動ができればいい、仲間と協調性が身に付けばいい、運動神経を養いたい、技術を習得して欲しい、プロ選手になってほしい・・・などなど個人でそれぞれに目的が違う事が多いものです。

もちろん、プロのスポーツ選手のようになれれば、カッコイイですし、職業としても憧れるものですね。そこで、習い事をスタートさせるときに一気にプロ選手にするんだ!とハードルを高めてしまうと、子供が楽しめず、自分の目標でやるよりもやらされてしまう危険があります。

親が期待しているために頑張らないと、辞められない・・・という子供も時々いるそうで、親子関係と習い事は深く影響すると言ってもいいのかもしれません。

また、プロ選手として活躍している方の多くは、誰かにやらされていたら良い成績、結果を残せないはずです。自分の意志でやるんだ、好きなんだという気持ちが大切で、自分からやりたいものが見つかるまでスタートは急がないほうがいい場合もあるようです。

不器用だけどスポーツはOK?

習い事をさせる理由として最も多いのが、自信をつけさせたい、得意なものをみつけたいという事が多いですね。そこで、運動不足解消、運動神経を養いたいという程度の、どちらかと言えば体を動かす事自体が不器用な子は、スポーツの習い事を選択してもいいのか?と迷いますね。

運動そのものはあまり得意ではないからこそ、運動する楽しさを知る機会にもなります。また、個人競技でなければスポーツは、仲間と楽しむ事ができたり一緒に活動する充実感も味わう事ができます。

こればかりは、子供自身の気持ちが優先ですね。やりたいという意欲があれば、不器用で下手でも楽しさを見出す事ができそうです。また、実際にスタートしてみると本人が乗り気でないという事もあります。そんな時は無理をして続けさせなくてもいいかもしれません。

子供がどのように実感しているのか?という視点で考える必要がありそうです。大人の目線、大人の尺度はあまり参考にはなりません。名選手である事よりも、そのスポーツをする一員であることが大切ですね。

子供の興味や関心は移り変わりが激しいものです。習いたいと言ってみたり、嫌だと言ってみたり。やりたいと言った時の気持ちを汲み取り、大切にしてあげないといけません。

 

 

自尊心を育てる

自分の方がこのスポーツは得意、〇君よりも僕ができる、勝てる!という自尊心はその後の目標を高めてくれますし、あらゆる物事に対して自信を持って行動する事が出来るようになります。

だからと言って、負けたらNGではなく、負けても楽しめる心が大切です。いい順位、勝負で勝つという評価もありますが、一時的な結果にすぎません。結果を出すまでの過程で練習量やチャレンジした気持ちを肯定できる方が良いですね。

そして、勝負で勝ったとしても、勝ち続ける事のプレッシャーも子供にはあります。勝ち続ける事ができる選手は、かなり限定的で練習量だけでカバーできません。

体格差、精神力、技術力、センスなど個人差のあるものも影響するからです。勝つことを目的にせず、負けている事も受け入れる事で、子供自身も自己肯定感が育めそうです。

 

協調性、忍耐力を養う?

男の子だから・・・とスポーツをさせようと考える親は多いものです。なんとなく、昔から男の子は野球やサッカーをしているから、協調性や忍耐力が将来役立つのでは?と思いがちです。

しかし、これは教育幻想依存症とも言える思考なのだそう。幼児期、小学校の低学年のうちは、子供はボール蹴り、ボール投げ遊びが主流だった子供にとってなんとなくその延長で習っているスポーツである事が多いですね。

だから、遊び感覚でやっている方が本人も楽しみ、続けたいという気持ちになりますが、忍耐力や協調性のために・・・という目的があったら、子供は楽しく習い事を続けられるわけもありません。

時には、ありとギリギリスに登場する、働かないキリギリスくらいの思考と行動をしているくらいがベストなようです。とにかく楽しんで遊ばせる。そのあとで目標に向かって協調性、忍耐力が養われるのではないでしょうか。

スポーツの習い事もスタート時は、友達と遊ぶためという目的がピッタリくるかもしれません。スポーツの種目は何であれ遊ぶ手段の一つです。

 

親が介入すると脳に制限が

子供が最も自分から楽しんで取り組めるのは、遊ぶことです。習い事をするよりも遊ぶ方が自主性や意欲が出るもの。できれば習い事はしないほうがいい・・という考えもその通りだったりするようです。

本当に子供が好きな事があって、その習い事をやらせないとなれば可能性を摘む事になりますが、幼少時の頃の年齢では可能性を摘むとまではいかないようです。

快適な環境、自由を得る事で自分で工夫する力が養われるそうです。幼児期、低学年くらいの子供であればなおさらのようで、この頃に大人の介入が多いと脳に制限を設けてしまうとか。

習い事を幼少の頃に始める事で、早く上手になるようですが、猿まねと変わらず【大人のマネ】が上手になるのだそうです。つまり、自分で作り出したり、自分で工夫したり、自分で動いて習得するのとは性質が異なるものだそうです。

1人で家で一人遊びをしていると、習い事でもさせてお友達との関わりを作った方がいいのか?と思って親は模索しがちですが、一人で自分の時間を過ごす事も大切な時間。

親が興味のあるものを子供と一緒やりたい、そんな思いでスタートすると、子供も親との時間を楽しめて、結果好きになりますし、熱中している・・・という結果になればヨシですが、本人のやる気がイマイチであれば習い事はしなくてもいいのですね。

 

続ける力

一つのスポーツを継続して習い続ける事は、とても力になり、根気が必要です。大人でも一つの事をやり続けて結果を出すというのは、相当なエネルギーと労力を必要とします。

一つの事を続けているからこそ、力になりオリンピック選手になっているわけですが、すごいなぁと思いますね。すごいという存在を目指すなら何でもありで、競争率の低いスポーツを選択するのも十分意味がありそうです。

子供が4,5歳でやりたい!と言ってスタートした習い事でも、数か月で辞めてしまう・・・という事は良くある話です。そもそも、4,5歳くらいの子供はやってみる?って聞かれたら何でもやりたい!と条件反射のように言うのではないでしょうか。

実際に習い事をスタートしてみて、なんだか思ったものと違う、なんだか疲れる、大変・・・とネガティブな気持ちになってしまう可能性は十分にあります。

興味が半減してしまったり、飽きてしまう・・・あっても不思議ではありませんね。ここで、辞めたい時には無理をして続けても、本人も楽しめないですし、習い事を習得することもできません。

親も子供もストレスを感じるばかりになるので、あっさり辞めるという選択が好ましいようです。辞める、続けるというどちらかは、子供自身が選択すると良いですね。

親は相談したり少しだけアドバイスするなどがいいかもしれません。

 

習い事も出会いがある

習い事もお友達との出会い、講師、コーチとの出会いがあります。指導者は特に子どもにとってとても影響がありますし、相性もあります。また、教室やスクールが有名どころであっても、フランチャイズ形式となると大人のレッスンは専門の指導者が指導にあたっていますが、子供はパートやアルバイトの講師が指導しているというケースもあります。

指導者がきちんとしたカリキュラムで指導しているわけではなく、現場に任されているというケースもあり、毎月の月謝を払う事を考えると良く検討したいところですね。

 

ボランティアに頼るしかない地域チーム

このようにスクールや教室が増えているため、地域のスポーツ少年団は少なくなっています。指導者自体がボランティアで活動している事が多く、参加している子供の保護者もサポートしている状態というのが一般的です。

活動を継続させるために保護者達も役割を持って運営していくことになりますが、地域の人間関係はとても大変だと感じる方も多いです。そして、共働き家庭が多い時代ですから、そういった時間がとれない事も多いため、とても敷居が高くなってしまいます。

これらの地域スポーツ少年団の場合、指導者に問題が起こる事もあります。ボランティアの参加となると、中高年という年代の方が多く、ど根性的な指導になってしまう事が多いようです。参加する場合には、チームの特徴や子供の性格と照らし合わせて見極める事が大切です。

 

親の問題で子供が継続できないケースも・・・

地域のスポーツ少年団の場合、親の代表決めや役割分担などがあります。練習そのものが土曜、日曜でお茶の当番、試合の送迎と言った事がサポートのメインになる事が多いようです。低学年のうちは負担は軽いものの、高学年になると練習試合など様々な遠征も増える為、親の負担は思っている以上に多いようです。

また、最高学年になると親も代表を選出しなければなりません。親が引き受ける、引き受けないなどのトラブルが起こったりすることもあるようです。そのような問題によって、子供にも影響が起こるのはできれば避けたいところですね。

 

習い事で費用を負担するのか、親が頑張ってスポーツ少年団か・・・

地域のスポーツ少年団の親の負担をどのようにとらえるのか?がポイントになりそうです。親も楽しめるのか?子供のための負担になるのか?この両者では気持ちの上でも大きく違いがあります。

子供のため、大変だけど・・・と思いながらの活動にするのか?楽しいから一緒にやるのか?そのような目線で検討してみると、他にも視野を広げてみてもいいのかもしれませんね。

 

スポーツ少年団の見学や体験に行った事がありますが、やはり親の参加(サポート)は必須です。練習は土曜日、日曜日で、練習のためのコートの準備やお茶当番があるという話でした。また試合、遠征などでも車の配車を当番で行います。

さらに子供が不在の懇親会(飲み会?)もあり、ボランティア指導者を労いつつ、士気を高める為の活動でしょうか?息子は結局やらないという決断をしました。

それほど興味が無かっただけですが、実際に入団していたら毎週土日は付き合わなければならなかったのですよね。そう考えると、やらない選択で良かった・・・と思ってしまいました。

自分自身が運動が得意、スポーツが好きでないと親も楽しめそうもありません。

 

 13歳までに7割がリタイア

親の立場としては、習い事をスタートさせたらできれば、細く、長く続けてほしいなと思うものです。それがスポーツであっても、スポーツでなくても目標高く頑張ってほしいと願うと思います。

しかし、アメリカなどでも幼少の頃からのスポーツの習い事は盛んですが、13歳までに約7割の子供達がリタイアをするそうです。ちょっと興味を持ったから、親がやらせたいからなど様々な理由で気軽に始める事ができる習い事ですが、年齢が上がってくると指導者のほうも熱が上がりますし、成果を求められる事も増えてきます。

遊びの延長であったスポーツの習い事も、競技としての習い事にシフトチェンジされるわけです。競技種目にもよりますが、個人ならば順位、団体競技ならばレギュラーなど他の子供達との比較をするようになってしまいます。親も子供に多少の能力を感じている場合は、特に過熱してしまう傾向がある一方で、子供自身が自分の能力の限界などを実感する機会も増えます。

親と子供の気持ちがすれ違う事によって子供のやる気、スポーツを始めたころの楽しさが吹き飛んでしまう事もあるようですね。結果や成果を求めすぎると楽しめなくなり、続けられなくなってしまうという事でしょうか。

また、過熱しすぎる親の猛練習などによって、10代の頃にすでに体をケガしたり、体調不良、体の痛みなど故障してしまう事もあります。親が必死になりすぎると起こりそうですね。親は指導者ではありませんから、一切口出ししない方が良いのかもしれませんね。

 

最後に・・・

息子もスポーツ少年団のサッカー体験をしに行きました。その時は私もスポーツをさせたいな・・と思っていたのですが、体験をした息子はやりたくない!という事で。

その後になって、スポーツ少年団は大変だな・・・と思う噂が耳に入るようになり、親としてはやらなくて良かったような残念だったような複雑な気持ちです。

習い事は親のほぼ親の意向で、やるもやらないも決まるような気もしますが、子供のやる気や能力をつぶしたくはないという気持ちもあり様々な葛藤もありながら模索している家庭が多いようです。

そんな我が家は息子がスイミングに行きたいと言い出したけど、私は塾に行かせたい・・・どうしようか迷っています(笑)

-習い事

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.