美味しい麦茶の作り方と効能を知って、毎日健康、綺麗!

更新日:

 

DSC03569

 

夏になると毎日飲んでいる麦茶。もちろん、季節に関係なく飲む家庭も多いのではないでしょうか。ノンカフェインということもあり、子供も一緒に飲めるお茶です。麦茶もペットボトルで手軽に購入できますし、水出し用、煮出し用パックで家庭でも簡単に作る事ができます。

美味しい麦茶の入れ方や、知っているようで知らない麦茶の効能をまとめてみました。ますます麦茶が大好きになって毎日健康、綺麗に。

 

美味しい麦茶の作り方

麦茶は水出しと煮出し、どちらがいいの?

麦茶は簡単な市販のティーパックで入れる家庭が多いと思います。水出しも煮出しもどちらでも麦茶を作る事ができますが、麦茶は火にかけて煮出してつくるのが大事です。

麦茶は煮出してつくったほうが、麦茶が持つ香ばしい香りを感じる事ができます。この麦茶の香ばしさは、ピラジンという香気成分があり、麦茶の効能をより効果的に得る事ができます。

水出し麦茶の方が簡単に作る事ができますが、麦茶は昔から(日本の平安時代から)沸かして作られていて、本来は温かい飲み物として親しまれてきました。

DSC03561

淹れたての温かい麦茶を飲むことで、香ばしい香りによるリラックス効果を感じ、水出し麦茶とは比べものになりません。

夏場になると冷蔵庫で冷やして飲むことが多いと思いますが、常温でその日のうちに飲みきるのがおすすめです。

 

昔ながらの麦茶の美味しい作り方手順

麦茶本来の香りと味わいを・・・という事で、美味しい麦茶を作るなら昔ながらの方法で作ってみませんか?

市販のティーパックに比べるとひと手間、割高に感じられますが、麦茶の香りの良さは段違いです。香りがもたらすリラックス効果で身近な癒しになりますよ。

昔ながらの麦茶の作り方は、大麦をロースト(焙煎)したものを煮出して作ります。

DSC03555

 

 

①約2リットルの水に麦茶50gを入れます。(麦茶の濃さは好みで調節)

DSC03556

※水は普通の水でOKです。もちろん、浄水器を通した水、ミネラルウォータもOKです。

②沸騰するまでよく沸かし、沸騰したら5分~10分煮出します。

DSC03560

③茶こしやふきんなどで濾して、麦茶ボトルに入れ粗熱をとります。

DSC03562

夏場は氷水などで急速に冷やす事で、細菌の繁殖を抑える事ができます。

DSC03566

 

手作り麦茶の賞味期限はどのくらい?

手作り麦茶を最も美味しく飲める賞味期限は、常温保存でその日のうちに飲みきることです。作り置きをして冷蔵庫保存をする場合には、約4日(水出し、煮出しどちらも)が目安です。

細菌の繁殖を抑えるポイントは、煮出す事保存容器を消毒する事急速に冷やす事です。

 

麦茶は赤ちゃんもお年寄りも妊婦さんも飲める

麦茶は、カフェイン、タンニンが含まれていないため、赤ちゃんからお年寄りまで飲める万能な飲み物です。

赤ちゃんの湯ざましかわりにも使えます。煮出しすぎた麦茶は苦みが出る為、赤ちゃんや子供が飲む麦茶は苦みを出さないように煮出すのがポイントです。

この後に麦茶の栄養成分でも触れていますが、妊婦さんや授乳中の女性にも摂取が推奨されている葉酸も多く含んでいます。もちろん、その他の栄養素も豊富。

授乳中には水分補給が大切になりますが、麦茶を飲むのが最も理想的です。

※ただし、ハト麦茶は子宮を収縮させる働きがあるため、妊婦さんの摂取はお勧めできません。

 

麦茶を飲む量とタイミングは?

成人であれば1日1リットル~1.5ℓくらいが目安ではないでしょうか?むくみが気になる人、コーヒーが好きでカフェインを減らしたい、でも苦みのある飲み物が恋しくなる・・という人などにもおすすめの飲み物です。

麦茶を飲むタイミングは、食事中よりも、食後がおすすめです。麦茶には消化力をサポートする働きはありません。

食事中なら白湯が一番で、食後にリラックスしながら麦茶を飲むのが理想的です。ただし麦茶を飲み過ぎると利尿作用が強くなってしまうため、多くても1日1.5ℓに留めておき、寝る前も控えたほうが良いですね。

 

白湯と麦茶の違いに注目!

白湯を飲むことで体を温め、消化力を高めてくれます。麦茶は消化力をサポートしてくれないので、朝、食事中には白湯を、それ以外の時には麦茶を飲むのがベストです。

 

大麦と小麦の違いとは?

DSC03553

麦茶で使われている原料は大麦です。小麦ではありません。大麦の皮を剥ぎ焙煎(ロースト)したものを煮出して作ります。

大麦、小麦という表現では、大きい粒、小さい粒などのように感じられますがそれは違います。大麦の方は、有用性がある、品質の高さなどの賛辞の意味があり、小麦の方は、有用性が低い、品質が劣る、代用品という意味です。麦茶は優れた大麦を使っているというわけです。

 

麦茶の成分と効能

麦茶は血液サラサラにして、利尿作用がある

麦茶を飲む最大の効能と言っても良いのが、血液をサラサラにしてくれるという事です。麦茶の香りのもとであるピラジンという物質に、血液をサラサラにする成分が含まれているためです。

さらに利尿作用もあり、排尿、排泄にも良く便秘解消にもおすすめの飲み物です。

 

麦茶の栄養成分で肌が綺麗になる

大麦にはビタミンB群が豊富に含まれています。ビタミンB2、B6、B1、B12,ビオチン、葉酸、ナイアシン、パントテン酸の8種です。

ビタミンB2は脂質を分解する働きがあるため、ダイエット効果も期待できますし、皮膚の代謝を高め、ビタミンB6は肌荒れ、口内炎予防になります。

ビオチンは皮膚や爪、髪の毛の生成をサポートし、パントテン酸はコラーゲンの生成にも関わりがあることから、美肌には欠かせない栄養素がたくさん含まれていると言えます。

女性にとっては、毎日飲み続けたい飲み物かもしれません。

 

麦茶は心も安定する

麦茶にはカルシウムも豊富に含まれていて、骨を形成するのに役立ちます。牛乳が飲めない人にはおすすめです。また、精神面でも心を安定させます。

麦茶の香ばしい香りも心と体をリラックスさせてくれます。夏の暑い季節はもちろんですが、年中、毎日健康、美容のためにも飲みたいですね。

 

最後に・・・ちょっとしたメモ:麦茶を英語で言うとなんていうの?

緑茶をグリーンティーというように麦茶は何ていうのか気になりますね。

barley tea:バーレイ(バーリィー)ティーというようで、barley は大麦を指すようです。

 

-お茶・ハーブ, 美容と健康

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.