畳 掃除、正しい方法を知っている?畳のトラブル対処とケア

更新日:

 

bd745ef40292940ca7dfc67eb7d96333_m

 

日本人なら心地良いと感じる畳。最近は暮らしが洋風になっているために、畳のお部屋で過ごす時間が減ってきています。畳の扱い方を知らない・・・という方も多いのではないでしょうか。

畳もうっかり汚してしまった・・などよくあることですが、フローリングのように洗剤や磨く・・・といった汚れ落としなどには対処できないです。そのため、正しい方法を知っておくことが大切です。

畳に関わる掃除、補修など対処方法をまとめてみました。

 

畳の基本的な掃除方法

・掃き掃除、掃除機をかける方法

お部屋のお掃除では掃除機を使う家庭が多いと思いますが、畳のお掃除で掃除機を使う場合には、畳の目に沿って掃除をします。

速く、強く掃除機をかけると傷がつきやすいので、ゆっくりと強すぎないようにしましょう。掃除機のメーカーによっては畳用のスイッチがあるので、切り替えて掃除をしましょう。

また、掃除機を使わずにほうきで掃き掃除をする場合にも、畳の目に沿ってやさしく掃きましょう。固いほうきではなくやわらかいほうきがおすすめです。

お茶がら(水分をしっかりと絞ったもの)を畳にまいてから、掃き掃除をすると埃が立ちにくいです。

 

・畳の拭き掃除方法

ゴミや埃を取り除いたあとには、乾いたぞうきんで乾拭きをします。もちろん、拭き掃除も畳の目に沿ってやさしく拭きます。

 

畳のトラブル対処方法

たたみに醤油をこぼしてしまった時は?

たたみに醤油をこぼしてしまうと、しみのように色が付着してしまいます。まずは、醤油の液体汚れをふき取り、しみになっている部分に塩を振りかけます。

畳が湿ってきたら古歯ブラシで畳の目に沿ってゴシゴシします。強くこすりすぎると畳が傷むので注意。その後、塩を掃除機で吸い取り、雑巾で拭き取れば綺麗になります。

 

畳をたばこで焦がしてしまった・・・

たばこや仏壇の線香の火種を落としてしまい、畳を焦がしてしまう事があります。そんな時はオキシドールを布にしみ込ませて、焦げている部分を叩きます。

少しづつ色味が薄くなり、完全に除去する事が困難ですが、焦げ付いた印象を無くしてくれます。

畳に子どもがクレヨンでらくがき

畳についてしまったクレヨンの汚れは、粉末のクレンザーを振りかけます。爪ブラシで軽くこすると汚れが浮き上がってきます。浮き上がった汚れを雑巾で拭き取れば畳の色も綺麗に元通りになります。

 

畳 カビの取り方、掃除方法は

畳の部屋は常に換気するなど湿気には注意が必要ですが、それでも畳にカビ汚れがある時には、放置してしまうとシミになってしまいます。できるだけ早めの対処が肝心。

古歯ブラシでカビを除去したら、エタノールなどの消毒用アルコールを布にしみ込ませてふき取ると、綺麗に洗浄する事ができます。

 

灰を畳に落としてしまったら?

畳の部屋に多い仏壇ですが、灰をうっかり落としてしまった事はよくあるはずです。畳の目に入り込む前に、粗塩をまいてほうきで掃き掃除をします。粗塩の適度な湿り気で粒子を吸着してくれるため、綺麗に落とす事ができます。

ベビーパウダー、ファンデーションの粉などの時も同様の方法で落とす事ができます。

 

畳が凹んでしまった

タンスや座卓などの家具によって畳が凹んでしまうと、模様替えや家具の配置換えをした時に目立ってしまいます。

そんな畳の凹みには、湿ったタオルを凹み部分にあててアイロンをあてます。その後、ドライヤーや扇風機で早めに乾燥させれば元通りになります。

 

畳に落としてしまった蝋の掃除はどうしたらいい?

ろうそくの蝋を畳にこぼすと、蝋は冷え固まってしまいます。そんな時は、固まってしまった蝋の上に、キッチンペーパーを数枚重ねてアイロンで溶かして取り除きます。

最後に雑巾で拭いて仕上げます。

 

日焼けした畳の対処方法

西日が当たる畳の部屋は、どうしても畳が日焼けしてしまいます。日焼けにはお酢を5,6倍程度に薄めて雑巾で拭き掃除をします。雑巾は固く絞って、畳の目に沿って拭きます。できるだけ、早めにしっかりと乾燥させて下さい。

 

畳の日焼け予防方法

また、お酢以外ではみかんの皮も効果的です。鍋にみかんの皮を入れて煮ただし汁を使います。お酢と同じように固く絞った雑巾で拭き掃除をしておくと、畳の日焼けを予防する事ができます。

 

畳を傷めてしまう!よく使われるようになった便利なものとは?

一般家庭にも普及し始めているお掃除ロボットですが、自動でお掃除してくれるのでとても便利です。しかし、フリーリングなら問題ありませんが、畳の部屋ではNGです。畳の目に沿ってお掃除できるお掃除ロボットは今のところありませんので、畳の痛みを早めてしまいます。

できれば、畳の部屋は丁寧なお掃除が好ましいですね。

 

畳のダニ、カビ予防方法

畳にカビが発生する条件

カビが発生する条件は、栄養、温度、湿度、酸素の4つの条件が揃うと、カビが発生してしまいます。カビの発生をおさえるためにはこの4つの条件を解消する事が大切です。しかし、酸素や栄養は部屋から完全に取り除くことはできません。

そのため、湿度に注意する事でカビの発生を抑える事になります。

畳のダニが発生する条件

ダニが発生する条件は、エサ、高温多湿、隠れる場所この3つが揃うとダニは繁殖します。この条件をできるかぎり失くしていくことが予防策になりますが、ダニが100%いなくなる事はほぼ困難です。しかし、増やさないために対処予防する事が大切です。

カビの予防とダニの予防は比較的似ています。特に湿度に注意が必要で、換気、掃除をマメにするだけで予防につながります。

換気をすると空気中にあるカビ胞子が定着しにくくなり、湿気も追い出してくれます。

より積極的に湿気を取り除くには、窓を開けるだけの換気や除湿よりも、エアコンや除湿機を利用した除湿をします。エアコンや除湿機での除湿は、出勤中や外出中の時間にタイマーで設定して行うと良いです。

時間は2,3時間程度が好ましいです。勿論、除湿をする時は部屋は閉め切って行います。

掃除を小まめにする事で、エサや栄養を無くし定着、成長を予防します。

 

畳の部屋ではこんな暮らし方はダニ、カビを増やしてしまう

・ラグ、カーペットを敷く

畳が傷んでしまうからという理由で、カーペットやラグを敷いている家庭は多いですが、畳の湿気が空気中に逃げないために湿気がこもってしまう場合があります。

・加湿器を使う

お肌の保湿のために女性の多くが加湿器を使うようになっていますが、加湿器も使いすぎるとお部屋は湿気で充満してしまいます。

窓に結露が出やすいことからカビの温床になってしまいます。湿度計を置くなどして適度な湿度を心がけましょう。

・洗濯物の部屋干し

雨が降っている日はどうしても、部屋干しになってしまいますが、締め切った部屋で洗濯物を干すと、湿気が溜まります。

窓を開けて干すか、除湿機、エアコンを付けながら干しましょう。

 

畳ケア

さらに、数か月に1回は畳干しをおすすめします。畳を立てかけて、太陽の光にあてて風通しを良くすると完全に湿気を取り除くことができます。春、夏の日差しの強い時期がおすすめです。

畳を立てかけられるだけの広い庭、ベランダが無い場合には、部屋で風通しを良くしたり、除湿機をかけて立てかけても十分効果的です。

 

 

-掃除

Copyright© My mind home , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.