むくみ解消!疲労のサインを見逃さない、汗を出して休息を。

更新日:

 

a92824e91bf134fe7aefd737920a8bef_s

女性の悩みでも多いのがむくみでしゃないでしょうか。夕方頃になると足がむくんでパンプスがギュウギュウに感じる・・・という症状はありませんか。また、朝起きてからも足や顔がむくんでパンパン・・・。それでだけでも気分が落ち込んでしまいます。

むくみの原因を知って正しい方法で解消しましょう。

 

むくみを解消する!原因とは?

年齢を重ねると共に新陳代謝は低下します。卵巣機能、筋肉も落ちてきますが、さらに適度な運動もできないでいる方も多いかもしれません。運動不足のために体内の循環が悪くなってしまいます。

大量の水分が必要としていない部位に溜まってしまう・・・という現象がむくみの原因。

細胞内には必要な水分量があり、十分な時はお肌のつや、張りも良い状態です。しかし、むくんでいると細胞以外の水分が多いため、必要な水分は細胞内では不足している状態になってしまいます。そのため、お肌がカサカサと乾燥気味にもなってしまいます。

むくみは体が疲れていると起こる症状の一つで、SOS信号でもあります。また、生理前に起こる症状の一つでもあり、女性ホルモンの変化によってむくみやすくなります。

中には、むくみによって体重が1キロ、2キロ太るという方もありますが、生理が終わると体重も戻り解消します。

 

朝のむくみは注意が必要?

夕方のむくみは誰でも起こる症状ですが、朝のむくみには注意が必要です。朝、顔がパンパンにむくんでいる・・・という場合には、体調はかなり悪い状態であるしるしです。心臓、腎臓、甲状腺などの病気が影響している場合があるので、早めに医療機関の受診が望ましいです。

むくみ解消は十分な水分補給!

むくみがあると、水分の量を減らしてしまう方がいますが、間違いです。体内の必要なところには水分が不足して乾燥している状態なので、ミネラルが豊富な水分補給をたっぷりと・・・が理想です。

水分の量を減らしてしまうと、血液がドロドロになってしまい、血栓症を起こす危険があります。

生理周期によって女性ホルモンの変化によるむくみの症状は、疲れ、運動不足などが主な原因でもありますが、休息をとるべき時でもあります。十分な睡眠、休息をとりましょう。

汗をしっかりかく

必要のない水分は排出する必要があるので、十分に汗をかいて体の外へ出します。そのためにも、運動が理想ですが手っ取り早いのは、入浴です。いつもよりも長めに入浴し、半身浴でリラックスをして神経を休めて汗を流します。ウォーキング、深呼吸も血行改善にいい方法です。

 

利尿作用のあるものをとる

不要な水分を体の外へ排出するには、利尿作用のあるものを摂ります。ハーブのフェンネル、セージ、ローズヒップ、ウコン、ジンジャーは利尿作用があります。

精油(アロマオイル)でも利尿作用のあるものがあります。ローズマリー、ジュニパー、サイプレス、ゼラニウムなどです。

 

塩分控えめ、暴飲暴食は避ける

プロゲステロンの分泌が多い生理前の時期は、むくみやすいです。そのため、この時期は塩分を控えて食べ過ぎ、アルコールなどの飲み過ぎをせずに消化器系を休めてあげましょう。

腎臓、肝臓をしっかりと休める事で、むくみ解消につながります。

 

むくみ解消に小豆が◎

生理前のむくみ解消には、小豆がおすすめです。砂糖は使用しないで鍋で煮て食べます。あくもそのままでOK。茹で汁ごと食べて、白米と混ぜても良いです。

 

カリウムの摂取も欠かせない!

さつまいも、じゃがいも、ナッツ類、スイカ、バナナ、キウイフルーツなどにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムの利尿作用によって体の中の代謝も高めてくれます。

 

最後に・・・

むくみを解消するための水分補給では、ビタミン、ミネラルなども摂る事ができるデトックスウォーターがおすすめですよ。カリウムが含まれている果物などをミネラルウォーターに浸けて飲むだけ。

作り方も簡単ですよ!こちらのページが参考になります。

デトックスウォーターの作り方!効果、レシピ

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.