銀行種類、特徴を知る!目的にあった銀行選びを

更新日:

 

DSC03520

貯蓄をしよう!と思った時に、銀行ならばどこでもできます。しかし、より有利に貯蓄を増やしていきたい・・と思うならば、目的に応じた銀行選びが要となりそうです。

銀行口座の管理の面なども含めて、銀行口座も見直しをしている我が家。ちょっといろいろと調べてみました。

 

 

銀行種類と特徴について

銀行は営業している地域、業務などに応じて種類が分かれています。

都市銀行の場合

本店が大都市にあり、全国的に支店がある銀行です。預金、運用、融資など取り扱っている金融商品が多いですが、金利や手数料の面で不利な状況があります。営業規模が大きく、信頼性が高い点、相談窓口の充実度はメリットが高い。

みずほ銀行、りそな銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行などです。

都市銀行の場合、ATM利用の手数料が無料になるサービスを活用すると良いです。メインバンクとしての利用で、ネット銀行などの高金利では勝負できないため顧客離れ防止策として、手数料を優遇するサービスが広がっています。

各銀行で一定の条件を設けているものの、該当する条件であれば利用価値があります。

 

地方銀行の場合

営業している地域が特定の地方に限られています。しかし、営業エリア内では、支店、ATMが充実しているため利便性は十分。転勤などが無い地域内で居住しているなら地方銀行の利用がおすすめ。地域密着の独自サービスも利用でき、相談窓口も充実しています。

北海道銀行、横浜銀行、中国銀行、北陸銀行、福岡銀行などです。

地方銀行では、条件や限定期間の利用でお得なキャンペーンが設けられています。独自のサービスで、高金利である場合もあり、タイミングが良ければ大変お得です。

 

ネット事業銀行

銀行の新しい営業スタイルとしては、ネット専業銀行があります。支店などの店舗や通帳をつくらない、業務全般をインターネット上で行うため大幅にコストダウンできるのが特徴で、手数料などは割引率が高いです。

また、他の銀行と比べても、高金利預金などもあります。ATMはコンビニが主流で、相談窓口はメールや電話が中心となっているので、対面相談がないのはデメリット。

イオン銀行、ジャパンネット銀行、楽天銀行、セブン銀行、ソニー銀行などです。

ネット銀行はとにかくコスト削減に特化しています。通帳も店舗もないので、高金利、割安な手数料を実現できます。最近はコンビニのATMが普及しているため利便性も何ら問題無い状況になっています。

特に便利なのはリアルタイムでの送金が可能な点です。通常なら銀行の営業時間に限られ、土日祝日は送金はできませんが、ネット銀行は休日も時間も関係無く24時間送金可能です。

即時、入金確認、振込確認が出来る点もメリットです。

不安な点はセキュリティの面ではないでしょうか。初めて利用する人にとって、ネットでの口座利用に抵抗を感じるのは当然です。ネット口座はウィルス対策がされますし、預金を不正に引き出されたりした場合には、カード管理に問題が無いならば全額補償されます。

管理ができていないと判断されると、補償は減額または0円となってしまいます。インターネット取引の不正、犯罪行為についても被害があれば銀行が補償する事になっています。しかし、不正ログイン対策のためのパスワード管理、インターネットウィルス対策は各自でも行う事が基本です。

もちろん、日ごろのネット利用でも怪しい不審サイトにはアクセスしない事信頼できないサイトからのダウンロードをしない覚えのないメールのURLクリックは行わないなど、予防策を。

 

信託銀行

法人向け、個人向けの信託業務を行っている銀行です。資産を持っている人、法人の資産管理や運用に強い味方となってくれる銀行です。孫への教育資金贈与信託などが最近は良く知られていますが、遺産などについても考えておきたい・・・という方に向いています。

(我が家では今のところ利用予定は無さそう 汗)

三菱UFJ信託銀行、三井住友信託銀行、みずほ信託銀行などです。

 

その他の銀行

ゆうちょ銀行などは国営の郵便貯金を継承している銀行、信用金庫、ろうきん、信用組合、JAバンクなどは地域の中小企業経営者や組合員向けの地域密着型の銀行です。

地方に在住しているかたには便利な金融機関。

ゆうちょ銀行、信用金庫、労働金庫(ろうきん)、信用組合、JAバンクなどです。

 

地方銀行でもインターネット支店があるものもあります。地方銀行ではその地域に住んでいる方が利用する事が一般的ですが、インターネット支店を開設する事で、全国の利用者が集まるという営業スタイルもあります。

 

銀行種類と特徴を知り、メインバンク、サブバンクと使い分ける

銀行を選ぶときには金利や利便性を重視して選ぶことになりますが、まずは最も利用頻度の高いメインバンクを作ります。給与振込や公共料金の支払いなどをまとめる事ができるので、管理もしやすく分かりやすいです。

生活費の利用がある点でも、金利が低いとしても都市銀行や地方銀行をメインバンクにするのが利便性が高いです。

貯蓄目的、預金目的の場合には金利の高いネット銀行をサブバンクとすると効率的にお金を増やせそうです。毎月給与が振り込まれるメインバンクの銀行口座から、貯蓄額をサブバンクのネット銀行口座へ振り替えるという方法です。

また、融資を受ける予定がある人は、借り入れを考慮して銀行口座を選ぶのも良いです。事業計画がある場合には、地方密着の地方銀行や信用金庫をメインにしておいた方が有利です。

 

銀行を選ぶときのチェックポイント

・ATMの利用頻度、振込手数料

預金には利息が付きにくい時代ですから、手数料がかかるほど預金を減らす原因になります。ATMの利用、振込の度にどれだけの手数料がかかるのか?をチェックしましょう。時間帯なども要チェックです。

 

・貯蓄のための口座は高金利

貯蓄をする事を目的にする口座は、普通預金、定期預金の金利をチェックしましょう。長期で貯蓄していく場合には、金利が高い方がメリットも高い。

 

・生活用の口座は利便性も重視

生活用の口座はできれば近くにATM,支店があるのが理想的です。貯蓄用の口座は利便性が低い方が、じっくり増やせます。

 

・将来融資を受ける予定なら、取引実績も考慮

将来、事業を始める予定がある人は、取引実績があるほうが融資を受けやすくなります。定期預金などを利用して実績を作っておくという目的でも良いです。

住宅ローンを利用する際に、預金残高に応じて金利がお得になるというサービスなどの金融機関もあります。

 

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.