持家と賃貸ではお金持ちになれるのはどっちなの?一戸建ての暮らしを大事にしたい

更新日:

 

DSC03435

 

お金持ちっていう表現もどうかと思いますが、持家派、賃貸派といらっしゃると思います。賃貸派の方にとっては、住宅ローンによってリスクを抱えるのでは?という考えが大部分を占めていますね。

住宅(物件)の価値が下がってしまったり、住宅ローンを組む事によって売りたくても売れない、引っ越せない、住宅の維持費がかかる・・・などもよく言われます。

そもそも、住宅(物件)の価値が下がってしまうのは、悪い物件であるからで、物件選びを間違えなければ問題の無い話。

 

持家、一戸建ての暮らしを大事にしようと思えるようになりました

一戸建ての暮らしを大事にしたい・・・と思えるようになったのは最近の事です。一戸建てだから大変・・・・と思うのを辞める事にしました。住宅ローンの返済が大変、庭の手入れが面倒・・・とか思わない事にしています。

庭をいじる時間も生活の一部だし、住宅には必ずお金がかかるものだから。考え方ひとつというと簡単過ぎるけれど、楽しむ気持ちもひつようかなと思っています。

 

 

賃貸は資産にならない

持家では無く賃貸で暮らす場合は、いつでも引っ越したい時に引っ越す事ができますし、同じ場所に住み続けるつもりが無い人にとっては、メリットです。

しかし、資産を形成してはくれません。

「住む」ために払っているお金=家賃です。

単に住むためにお金が出ていき、そのお金が返ってくることはありません。大家さんの懐に入り、大家さんの資産形成の手助けをしてしまっています。

そう考えるとプラスにもならず、マイナスとしか言いようがないと思えてきますね。家に住む、賃貸に住むという同じ「住む」でも、賃貸はとてももったいない。

持家は良い物件を選ぶことで、将来は売る事も可能になります。または、賃貸として貸す事ができます。大いにプラスに働いてくれますよね。

 

サラリーマンでも大きな資産を築いている人は、こうした住宅ローンを有効活用している

大きな資産を築いている人は、住宅ローン(銀行)を有効活用して資産を築いている事がほとんど。銀行からお金を借り、他の誰かに住宅を貸す事で、借金の返済を可能にして資産を増やしています。

ここで言う「他の誰か」は賃貸派の人達。

住宅を持つ人は、他人のお金で資産を築くことができます。

 

銀行の力を利用する事が最大のカギ

銀行はお金を預けたり、引き出したりという日常使いだけでは勿体ない話なのですね。お金を調達するための銀行として、利用する力を身に着ける事が大切。

コツコツ働いて貯めるお金ももちろん大切ですが、資産を増やすという点では、「自分のお金」ではなく「人のお金」を使うのがいい。

 

いい借金、悪い借金

借金というととてもネガティブな印象です。もちろん、借金は無い方がいいですが、いい借金と悪い借金があります。生活のための借金や贅沢をするための一時的な借金は悪い借金ですね。

こういう借金はキャッシングやカードローンに頼りがちですが、金利がとても高いし見返りもありません。

しかし、住宅ローンは金利が安い上、長期返済が可能です。ただの会社員(サラリーマン)でも高額な借り入れを可能にしているのですから、利用しない手はありませんよね。

 

 

小さく暮らすこと、貧乏に暮らす事は違う

最小限に暮らす事を魅力に感じられますが、それはスペースの大きさ、物の量の問題です。戸建てを持つ暮らしが贅沢な暮らしなのか?と言ったら違う気がします。小さく暮らす事=お金を使わない暮らしではありませんよね。

お金は暮らしには必要なもの。

住宅にも必ずお金がかかる。どんなに安い家賃で出費が減っても、必ずかかるものです。賃貸は他人の資産のためにお金を払っているにすぎず、最小限の暮らしではあるものの、将来の豊かさにはつながらないものです。

大きな家を建てる必要はありませんが、自分が暮らすスペースは最小限にして、住宅ローンを組む方が資産形成できます。逆に大きな家を建てたとしても、自分の暮らすスペースを半分にして他の空間を賃貸にする事で、家賃収入を得る事も可能ですし、家賃収入によって借金の返済も可能になります。

(こういった自宅兼賃貸スペースを共存させる住宅の場合には、面積の自己使用が50%以上であるという条件で、住宅ローンを組むことができます。)

 

不動産収入というと、とても怖く感じられますが・・・

アパートを買う、マンションを買う・・・ところから不動産収入を得ようとしたらなかなか怖いですね。手が出ない気がします。怖いですよ。それこそリスクが大きく感じられます。しかし、自分が住む住宅の一部を貸す・・という発想であれば不動産収入も可能にしてくれそうですよね。

住宅ローンの月々の支払いの一部が家賃収入で賄う事ができれば、返済もスムースに終わらせそうですし、立地が良かったり貸すスペースがそこそこ大きければ住宅ローンの返済も家賃収入のみで可能な場合もあります。

 

女性お一人様でも持家で住宅ローンを組むべき

私の友人は未だ独身・・・・とか言ったら怒られそうですが(笑)女の一人暮らしでも、住宅ローンを組み戸建てに住んでいます。結婚したら賃貸で貸すことも可能です。

旦那さんの住宅ローンで新たな新居を構える事もできます。だから、女性一人でも住宅ローンを組んで、戸建てやマンションは購入するべきですね。

 

ただし!物件選びが重要、身の丈に合ったローンを組む事!

こんな風に記事にすると、誰もが住宅ローンで資産が増える!という感覚に陥ってしまいそうですが、自分が住む住宅でも賃貸として貸すにも価値の下がらないいい物件選びが重要です。

これが肝心な部分であり判断が難しいわけですよね。知識も少しは身に着けておかないと、変な物件を売りつけられてしまいます。

将来売れる土地、貸せる物件である事が大切。

また、身の丈に合わない住宅ローンを組むのは危険であることは言うまでもなく。返済困難に陥るくらいなら、賃貸という選択もあるよ・・・という記事も参考にして下さいね。豊かな暮らし・・・を間違って解釈するのは危険なので。

住宅ローンを上手に利用!住宅購入は、身の丈に合わない家を購入しない!

 

物件選び、子育てをしやすい街に住むという事

子育てをしやすい・・というと近隣に公園や公共の施設がある、買い物にも便利、幼稚園、保育園なども充実している・・・という生活の便利さが思い浮かぶのではないでしょうか。

もちろん、生活の便利さも大切です。しかし、子育てをしやすい街というのは家計に苦しむことが無い街という解釈も必要のようです。

市街地などに住めば生活は便利ですが、やはり土地の坪単価、家賃はUPします。そうすると家計は苦しくなる可能性が高まる。ここは、ある程度の妥協も必要になってくるわけです。

妥協というとネガティブに捉えがちですが、住む地域を少し郊外に移したりする事で、若者が少ない地域ならではの子育て支援が充実しているケースも増えているのです。

お金の節約というと支出を抑える事が重点的になりますが、こうした支援にも目を向けて住む場所を選ぶ事にも注目です。

 

子供の医療費の支援制度

各市町村によって子供の医療費支援は異なります。一般的に良く見られるのは中学生までの医療費の負担額が一律、または無料という支援です。

・少額に抑えられているものの一律で負担がある地域

・完全に無料で医療費用の負担が不要な地域

医療支援と一言で言っても条件が異なるのです。1回、2回の風邪を引いたくらいの受診料であれば、大きな出費ではありません。しかし、乳幼児~学童期にかけて、子供は頻繁に熱を出したり、風邪を引いたり、集団感染したり・・・と病院に行く機会は驚くほど多いものですね。さらに慢性的な疾患がある病気をもつ子供を育てているとしたらどうでしょうか。

 

保育園の待機児童問題

市街地や住宅密集地など人口が多い地域では、やはりそれに比例して子供が多い場合があります。特に新興住宅地がある地域は、子育て世代が多く住んでいる事もあり、少子化と言われていてもその地域に限っては子供が多いものです。

そういった地域は一見子育てしやすい環境に思われます。子供もお友達が近くにいるし、公園もあるし・・・なんてね。ところが、いざ働いて子供は保育園に預けよう・・・なんて思っても入れない・・・。そんなケースもあるのです。

これでは働けない、家計が苦しいという苦境に陥ってしまいます。

賃貸住宅に住んでいるならば、保育園の空き、順番待ちをしているよりも保育園に入園できる地域に引っ越しも検討したいところですね。より良い子育て支援を受けられる地域に住むことで、働きに出る事ができれば生涯の収支は数千万円単位もの差が生まれる場合もあるそうですよ。

 

もちろん持家にこだわらない!賃貸で・・というのも十分あり

持家の方が資産になる、家賃を払うくらいならローンの支払で持ち家・・・というのは、マイホームを検討するときに思い浮かびますよね。今は違いますね。土地の値段は現状維持できていれば上出来ではないでしょうか。近隣の土地開発の計画があれば少しは期待できるかもしれませんが、劇的な上昇は期待できるものではありません。

そして、今は少子化が進み人口が減少に転じているそうで。我が家の近くには子供がたくさん住んでいて感じる事が出来ずにいますが、国内の人口が減っている事で、空き家が増えてきていると言う事です。

日本国内の空き家率はなんと13.1%(これは2008年のデータなので、現在はもっと増えているのかも。)人口が減っているのに建物は増えている・・・と言う事は供給過多で不動産は余る一方ではないでしょうか。

特に賃貸住宅などは空室にしておけないですから、家賃の値下げ、敷金なしなどが起こり、借り手市場へ変化する可能性もあります。住宅ローンの返済よりも家賃が安いとなれば、持ち家のメリットも小さく感じられるのでは?

住宅ローンを組む時は物件選びが重要だという事も再認識できます。中途半端な物件を購入して、住宅ローンの返済や収入に不安を抱えたくないという方、資産形成に興味が無い方は持家ではない選択も十分メリットがあります。

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.