お金を貯めるための身につけたい生活習慣

更新日:

 

DSC03489

お金は紙切れで、お金そのものは価値はない。

けれど、資本主義国で生まれ育っている以上、お金に価値を見出して生活をしていく必要があります。物を買うにもお金が必要であり、お医者さんに診察してもらうのも、薬を処方してもらうためにもお金が必要で、食料を買う必要もあり生命維持にも欠かせない・・・。

だからこそ、子育てをするためにもお金が必要で、お金は大事にしなければならず、親自身がお金を大事にして、子供にも伝えていかなければならないと思う。

お金を貯める事ができる大人になれる?子供がお金に出会う時についてはこちらの記事

 

お金に執着するとみっともないとも言われますが、それは人前での振舞いが問題だと思いますし、お金を大切だと分かっている人ほどお金は大事に使うとも言われます。

お金を大切にしている人、お金をしっかり貯められる人はどんな生活習慣を送っているのでしょうか。

 

お金を貯めるための財布は?

お金持ちの人のお財布のイメージって長財布ですよね。私が使っているのは折りたたみの財布です。二つ折りの財布の方がコンパクトだし、バッグに納まりがいい・・・と感じて使っていますが。

実際にお金持ちの人、事業などで成功をしている人の財布はほぼ、長財布なんだそうです。

人がお金を手にする方法、手段は労働です。働いて得るお金をどのように扱うのか?とても大切なのだそうです。労働と引き換えに時間を売っていますから、得たお金は人生の時間でもある。

その大切なお金を使うのも、大切に使わなければならない。

そのために、お金が最も良い状態で保管、管理出来るのが長財布というわけですね。

 

長財布を使う事のメリット

・お札を綺麗に、折りたたまなくても収納できる。

・カード、レシートなどもたっぷり収納できる。

長財布を使う事でお金が一目瞭然ですし、カードの管理もしやすくなる。ポイントカードやキャッシュカード、クレジットカードなど様々なカードであふれかえるのを予防できます。使っているカード、使っていないカードが混在するパンパンの財布って、カッコ悪いですよね。

クレジットカードを何枚持っているか分からない?と言う方はこちらの記事もおすすめです。

お金を貯める生活習慣、クレジットカード 枚数 は何枚ならいい?

 

お金を貯めるなら、お金を大切にするところからスタートしなければなりませんね。お財布はブランド、素材など様々なデザインのものがあります。見た目のお洒落さも女性としては気になりますが、高価である必要もないわけです。

使いやすく、丈夫であれば十分なのかもしれません。

お財布の見た目よりも、中身の方が大切。

お金を大切にすればするほど、使いたくなくなるそうでぜひとも実践したいですね。

パンパンなこの財布は卒業しなければ・・・

DSC_0168

 

お金をおろすとき、コンビニが便利だけど・・・

さらにさらに大切に使うお金がお財布に無い時、お金をおろしたい・・・と思った時に便利なのが、コンビニのATMです。銀行が無くてもお金を手軽におろす事ができます。

節約上手、お金を貯めるのが上手な人はもちろん、ほぼコンビニでお金をおろしません。

 

銀行でお金をおろすべき理由とは?

コンビニでおろせるのは確かに便利。しかし、基本はお店です。コンビニに足を運ぶ事で不必要な買い物をする機会を作ってしまうことに。

コンビニに行く日って意外と多いもので、生活の中の支出でもコンビニはとても多いものなのです。意識していないと毎月数万使っている・・・という人もいるくらい。

1人暮らしをしたときに、予想以上にコンビニでお金を使っていて驚いた記憶があります。こればかりは、家計簿をつけてみないと分からないと思いますから、ぜひ試してみて下さい。コンビニに頼る生活はできるだけ減らしたいところです。

 

さらに、コンビニはいつでもどこでもお金をおろせてしまいますから、お金がなくなったらおろすという行為が容易になってしまいます。これこそがまさにお金を使う事の無計画さの表れとなってしまいますね。

必要なお金をおろして、そのお金でやりくりする事で使うお金を制限できます。節約なり切り詰める事が可能です。ところが、いつでもどこでもお金が無いからおろす・・・という行為を繰り返していたら、節約など出来そうもないですね。

 

コンビニにATMを設置している理由は、銀行の営業時間外でも使用できるという点です。これは、仕事をしている人達にとって、銀行の営業時間に銀行に行くことが難しいことから、利用できるようにしているもの。

夜間でも利用できるというメリットでありながらも、銀行はその分手数料を徴収しています。そう、夜間でも使える!なんて頻繁に利用していると、手数料の分だけ損。

 

お金をおろすという行為にはルールが必要

お金をやりくりしてしっかりと貯金している人は、お金をおろす行為もルールがあります。

・毎月おろすお金の金額を決める(予算)

・おろしたお金(予算)を1週間ごとに振り分けてやりくりする。

 

このルールが決まっていれば、銀行でもコンビニでもOKですよね。

・毎週1回おろす(1週間ごとの予算)

こういう方法もありです。不必要なお金を財布に入れておきたくない人は、ベストな方法ですね。

お金を貯める方法!目標は具体的な数字でコツコツと積立て計算方法は?

 

お金持ちの生活習慣、いい靴を履く

お金をしっかりと貯めるには、いい靴を履く。いい靴の定義が難しいものですが、靴を買う時はお金がある、ないにかかわらずいいものを買うという事です。

人は足元をみる

という言葉の通り、人は足元を良く見ているのだそうです。たとえば住宅展示場などでモデルハウスを見学するとき、銀行でお金を借りるときそういった場面で対応してくれる営業マンは割と履いている靴をみているのだそうです。

これは、お金を持っているかどうか?という判断しているのではなく、足元にまで気を使える人かどうか?と言う事です。いい靴を履いている、汚れの無い綺麗な靴を履いている人は仕事もできると判断できるのだそう。

靴に気を使えている人は、仕事も丁寧、人にも気を使えるという判断ができるとか。

 

お金持ちになる人は机も部屋も綺麗するという生活習慣が!

ゴミ屋敷に住んでいる女性などが特集されることが多いですが、多くの場合心の問題であることも多いものです。当然ですが、机も汚い人は心の余裕がありませんし、あらゆる事に対しても管理能力がありません。

机が綺麗な人、片付けが出来る人は几帳面な人です。物事を管理して、段取りが出来ると判断できそうです。

断捨離を実践して整理整頓をしてみると、ムダものに囲まれている生活を実感します。そして、買う物に慎重になりお金の支出を減らす事に成功している主婦も多いようです。つまり、物の管理が出来ている人、整理整頓できている人ほど、お金もきちんと管理できて整理整頓されているという事です。

お金持ちの部屋は整理整頓ができている・・・といっても良いようです。

と言う事で、我が家でもあらゆるスペースの整理整頓を実施しています。

 

お金を増やすには稼げばいい・・・それは間違い

お金を増やす方法の一つとして、働いて稼ぐというのは基本になってきますが、仕事量が多くて忙しくお金を沢山稼いでいる人もいます。そういう人は部屋が汚れていたり、机も散らかっているような雑然とした中で生活、仕事をしている事も多いものです。

お金は稼げていても稼げばいいというものではない。

お金は沢山あれば不自由はありませんから、どんどん稼げば増えるような気がします。しかし、管理能力は別物で爆発的な収入を得たとしても、それ以上に使ってしまう事で手元にはお金が残っていない・・・・という事も起こるとか。

 

 

意外なお金持ちの生活習慣?字がきれいな人、汚い人

整理整頓で心の乱れ、心のゆとりが感じられるものですが、人が書く「字」も判断材料の一つになるそうですよ。「字」はその人の性格そのものを表します。

字が乱雑であれば、その人の性格も雑という判断ができそうです。とは言っても、みんな器用にきれいな字を書けるわけではありません。しかし、1字、1字丁寧に綺麗に書かれていれば、下手でも人柄が出ます。

必ずしも「字」だけで判断できるとは限りませんが、人柄や性格が出やすい・・・ということですね。

 

お金の話をする人はお金が貯まる?

お金の話ばかりしていると卑しい人だと思われそう・・・と思ってしまいます。とは言っても、生活の中でお金は切っても切り離せないもの。ちょっとした買い物でお得に買えた、あっちのスーパーの方が安い!という話題は、生活費を管理している主婦ならば自然と会話の中に出てくると思います。

お金の話を自然とする人と、お金の事を内緒にしている人では、どちらがお金が貯まるのでしょうか?これは、お金の話を自然と話題にしている人がお金を貯められるそうですよ。

また、貯まったお金の額を公表する・・・となるとかなり躊躇するものですが、あえて公表する事で自分を追い込んだり、その後貯めつづけるためのモチベーションを高めてくれるとか。

貯めたお金の額を公表する事が目的ではありません。貯めている・・・という事を公表する事で、不必要な出費を抑える事ができるというメリットがあるようです。

お付き合いの飲み会、レジャーなどに誘われなくなるので、余計な出費を自然と減らせるとか。特に義理のお付き合いで断りたい人に公表する事で、出費を抑えられるなら断る手間も無くなり人間関係もスムーズですね。

公表する事で周囲が自然と協力してくれる体制になる・・・といってもいいのかもしれません。◎◎さんは節約しているようだ、お金をためているようだと認識されれば、誘わないでおこう!となる。

 

最後に・・お金との付き合い方は行動に出る・・・と思うと気が抜けないな(笑)

毎日の生活の中で欠かせないお金。どのように付き合っているのか?というのは、その人の生活や振舞い、行動で表れているのですね。お金を羽振り良く使っているように見える人ほど、お金に無頓着と言えるのかもしれません。

しっかりとお金を管理していたら、「使う」よりも「使わない」方が重要なはず。お財布の状態、書く字、お金の払い方、日ごろ身に着けている持ち物、履物。

身なりをきちんとするという事。

人は見た目ではないと言いますが、やはり見た目でも判断できる・・・と。

今回、この記事を書いていて、ふと思った事が一つ。時々、お邪魔する事が方のお宅で、とても雑然としている家があります。私は、あまりの物の多さに圧倒されてしまいました。

ちょっと棚にぶつかってしまったら、上から崩れ落ちてくるのでは?と思うほど、びっしり飾り物や物がひしめき合っていて。その方の雰囲気や持ち物をみると、とても裕福な印象がありましたがそうでもないのかも?と思ってきた(笑)

さらに、家はとても豪邸で物は多くは無いけれど、いつも散らかっている方・・・とかね。

こんなこと、人前でいったら失礼になるけどね。

でも、類は友を呼ぶ・・・・という言葉があるからね、私もそのような類なのかもしれないと思うとドキっとします。ちょっと意識して行動してみたいな・・・と思います。

ってことで、次に取り掛かるべきは、靴の断捨離です。下駄箱の断捨離がまだでしたので、安物の靴、履かない靴は捨てて行こうと思います。そして、綺麗な足元を心がけます。

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.