生理痛ひどい!症状を軽減する方法?改善するには?

更新日:

生理痛はひどい人、そうでもない人、波がある人など様々かもしれません。軽い人にとっても生理中の不快感、症状はできれば無い方がいいですね。

私は軽い時期、重い時期と違いがあるので、重いと鎮痛剤が欠かせないくらいですし、軽いときでもイライラ感とかだるさはどうしても症状で現れます。そんな時は、いつもなら特に何でもない事でもイライラしてしまったり、やる気が起きないなどもあります。

こればかりは個人差があるもので、ひどい人は我慢をして過ごしている、寝込んでいるという方もいるかもしれません。生理中は一切予定を入れないという友人もいますからね。

でも、そんな数日とは言っても、寝込んだり、何も予定を入れないで過ごすなんて勿体無い気もします。いろいろ調べてみると、生理痛の痛みは軽減できるようですよ。原因を知って軽減する方法などについてまとめました。

 

 

DSC03141

生理中はどんな症状が起こる?

生理中の不快な症状は個人差がありますが、一般的にはおなか、太もも、腰が痛い、頭痛などです。痛み方も様々で、ズンズン、ズキズキ、チクチクなどで、張るような感覚になったり、重苦しい感覚になったりといろいろ。

本当にひどい症状では、吐き気が起こる人もいるようです。

 

生理中の痛みの原因って何?

生理中の痛みは様々ですが、痛みがひどすぎて寝込んでしまったり、鎮痛剤を飲まないと過ごせないなどが起こる人は、日常生活にも差支えている状況です。このような状態は【月経困難症】と呼ばれています。

月経困難症は、生理がスタートしてからか、スタートする前から痛みが起こる事があります。また、1日、2日で痛みが無くなる人もいますし、月経期間中ずっと痛みを感じる人もいます。

 

生理痛が突然痛みが強くなった!そんな時は・・・

また、若い頃から月経の痛みが重い方では無かったのに、突然痛みが強く感じられる場合には、病気などが疑われる可能性があります。子宮内膜症、子宮筋腫などが原因の場合もあるようです。

できれば健診を受けるほうが安心。

また、病気が原因ではないという場合で、急に痛みが強いと感じられる時は、ストレス、不規則な生活、冷え、慢性疲労などが原因の場合があるようです。

 

生理痛を緩和するために鎮痛剤はいいの?

鎮痛剤を飲んで痛みを和らげることができるなら、飲んだ方がいいようです。鎮痛剤を飲むことに抵抗を感じる人も多いようです。クセになってしまったり、体に良くないと我慢する人も多いようですが、飲まずに痛みを我慢し続ける方がストレスになってしまいます。

体の痛みだけではなく、心にも悪影響になってしまう。

痛みがずーっと続いている状態は、痛み物質が放出されている状態です。痛みを長引かせてしまう可能性もあり、鎮痛剤を飲んでも効きにくくなるそうです。

ちょっとつらいな・・・と感じたら飲むと良いみたいです。また、鎮痛剤の量を月に数日と決める事は大切です。決められている量を守るようにする事で、クセになる事は防げそうです。

 

鎮痛剤を飲んでも効かない・・そんな時は?

鎮痛剤を決まっている用法容量で飲んでも、痛みが解消しない・・・という場合には、婦人科の受診が必須です。生理は痛いという事に慣れてしまう女性は多いと思います。この痛いが当然になりすぎて強い痛みにまで慣れてしまう事は良い事ではないそうです。

痛みを我慢し続けていると病気が進行してしまう場合もあるため、早めの受診が大切。また、痛みが強いなど症状が目立っていない場合でも、30代以上の女性は年に1回の婦人科受診をする事が、日々の健康維持につながりそうです。

 

低用量ピルでも改善できるって本当?

低用量ピルは子宮内膜を厚くならないように抑えます。同時に生理中の出血も減らす働きがあります。生理中の出血が少なくなると、至急の収縮が少ないために痛みも軽減されるというわけです。

また、子宮内膜症、子宮筋腫の方も出血量を減らすために、低用量ピルを服用する事ができ、子宮体癌などを予防したり、不妊を解消する効果も期待できます。

生理痛がひどすぎる場合には、婦人科で処方してもらう事も可能です。

 

生理中のバスタイムどうしている?

生理の時はイライラする気持ちがありできるだけリラックスする事が大切。血行を促してリラックスできるお風呂は入る方がいいようです。お生理中は出血があるし・・とお風呂に入るのはNGだと思う人もいますが、積極的に入浴する方がいいみたいです。

特に生理中の衛生面でも、清潔に保つことが大切なので入浴しましょう。

 

生理中のひどい痛みを鎮痛剤以外で緩和する方法

生理中の痛みを鎮痛剤以外でも緩和する方法があります。痛みを感じる部分を温める事です。腰が痛いなら腹巻もベストです。お腹が痛い時には、カイロや温湿布を貼ったりもおすすめです。

温湿布には、アロマオイルを垂らすといいそうですよ。ラベンダー、クラリセージなど。真夏の暑い時期でも冷房の効いた室内で過ごす事が多い方は、体は冷えている事もあります。そんな時も温める工夫を。

 

生理中の痛みがある時、避けるべきものとは?

生理の時は体がとてもだるい状態にありますし、意識して行動しているだけでも疲れやすいものですね。疲れていると甘いものが欲しくなってしまう女性も多いと思います。しかし、甘いものを摂りすぎるとビタミン、ミネラルが奪われてしまいます。そうすると、より一層疲れを感じてしまい逆効果になります。

 

甘いものが食べたい・・・そんな時は?

黒砂糖の菓子、ドライフルーツ、プルーン、デーツなどがおすすめ。

 

生理痛に効くハーブティーは?

ラズベリーリーフは、爽やかな香りで他のお茶とブレンドして飲んでも美味しいです。

カモミール ローズヒップ フェンネル セージ マロウ ペパーミント

 

 

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.