プロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の女性の美の関係

更新日:

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)は妊娠に大きく関係

女性ホルモンはプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つのホルモンがあります。プロゲステロン(黄体ホルモン)は、卵巣から分泌される女性ホルモンで、妊娠に大きく関係しています。

子宮内膜を受精卵が着床できるように整えてくれて、妊娠した後も継続させる働きがあります。また、妊娠していない期間には、子宮内をお掃除してくれる働きがあります。もうひとつの女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とは反対の働きをするものと一般的に言われています。

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)は女性らしさをつくる

女性らしい体つき、子宮では妊娠に備えて内膜を厚くするなどに作用して、受精卵の着床をサポートする働きがあります。また、卵をつくるホルモンです。

これらがエストロゲンの(卵胞ホルモン)の主な働きと考えられてきました。妊娠や出産、女性器として作用だけではないという事も分かってきています。

自律神経、感情、皮膚、粘膜、筋肉、胃腸、脳の働きなどにも大きく関わっています。

エストロゲン(卵胞ホルモン)の事を知り、攻略する事で自分自身の体も、心もコントロールする事ができそうです。

 

女性ホルモンと月経(生理の関係)

女性ホルモンで切っても切り離せないのが、月経(生理)です。この月経(生理)もプロゲステロン(黄体ホルモン)とエストロゲン(卵胞ホルモン)の2つのホルモンの影響を受けながら、毎月、一定のリズムで変化しつつ生理が起こっています。

生理周期には、この2つのホルモンの分泌量の増減を繰り替えてしていて、時期によって体調、心に変化が起こります。

黄体期
(排卵から月経まで)
プロゲステロンの分泌が最も活動的、エストロゲンの分泌はやや減少する時期。

妊娠をサポートのため、水分や脂肪を体内に補給、便秘、むくみが起こりやすい。

プロゲステロンの影響によって、吹き出物、大人ニキビ、毛穴の黒ずみができるなどの肌荒れトラブルに。
月経(生理)女性ホルモン(プロゲステロン、エストロゲン両方)の分泌が最も減る時期。

骨盤に血液が集まるので身体全体の血行が悪くなりやすく、体も冷えやすい。

肌が最も敏感になり、刺激を受けやすい。赤み、かぶれが起こりやすい。ピーリング、パック、初めての化粧品の使用は避ける。
卵胞期(月経後)エストロゲンが最も活発に分泌される時期。

代謝もUPし、体調が最も良い状態の期間。

自律神経のバランスも安定しているので、女性のとっては最も過ごしやすい。

エストロゲンの影響により、髪の毛、お肌もイキイキとしている。普段通りのケア、ピーリング、パックも〇
排卵期エストロゲンの分泌が減りはじめ、プロゲステロンの分泌が増す時期。

心身は安定した状態にありますが、精神的な気分の浮き沈みが起こる場合もある。

普段通りのケア、ピーリング、パックも〇だけど、気分を変える、リラックスする効果が必要。

 

プロゲステロン(黄体ホルモン)期は不調が多い!

日頃、女性が感じる不調には様々な症状があります。体や心にそれぞれ個人差がありますが、元気に過ごせないな・・という事もあると思います。これはプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位な時期であることが多いです。

プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌量が増加する黄体期には、体の不調が起こりやすいです。頭痛、腰痛、むくみなどです。また、心の不調も起こりやすく精神的な不安定さ、イライラが起こります。

皮脂分泌が増加するなども影響して、よく言われる大人ニキビが出来てしまう事もあります。

ホルモンバランス、乱れで起こる女性の不調と原因

 

エストロゲン(卵胞ホルモン)期はお肌がキレイ!

何気なく過ごしている日常の中で、最近お肌の調子がいいな・・・なんて感じる事があるかもしれません。実は、エストロゲン(卵胞ホルモン)が分泌されている時期だったりします。

女性ホルモンの影響を受けながら、生理を繰り返していますが、エストロゲン、プロゲステロンどちらも一定量で分泌されているわけではありません。

卵胞期にエストロゲン(卵胞ホルモン)が多く分泌されるため、女性のひと月の中でも最も快適に過ごせる時期です。体調も心も安定しています。

このエストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌が多いと、女性は体も心もイキイキとして快調、お肌の状態も最も良い状態でいられます。生理周期でみてみると、生理が終わってから排卵までの8日~10日程度です。

とても短い時間に感じられますね。

 

排卵前と排卵後での大きな違い

28日周期で月経のサイクルを繰り返していますが、これはあくまでも目安で個人差があるものです。エストロゲン(卵胞ホルモン)期が長い人、短い人などバラつきがあるものです。

女性ホルモンと女性の体の関係はとても深いものです。毎月排卵がありますが、この【排卵】の前後で2つの女性ホルモンの分泌量が増減するために、快調な時期と不調な時期と大きく違いを感じます。

 

女性の不調には骨盤も影響している?!

女性は月経周期の中で不調を感じる事もあると思います。ところどころ痛みを感じる方もあるかもしれません。骨盤や臓器、骨なども影響しています。

当然の事ですが、男性と女性の骨盤は違います。男性よりも女性の骨盤の方が大きいのは、妊娠期に大きくなる子宮を支えるためです。

骨盤には様々な臓器が詰まった状態で、ギュウギュウ状態です。これだけでも女性の下半身は血流が悪くなりやすく、冷えやすいというわけです。

骨盤は緩んだり、縮んだりと融通のきく骨で妊娠期には緩んで広がります。毎月の排卵でも骨のつなぎ目が緩んだり、締まったりしているために、筋肉、血液循環にも変化が起こってしまうのです。

子宮や筋肉、骨などは繋がっているため、痛みが起こると響きやすく、痛みを感じやすいです。足の付け根が傷んだり、脇腹がチクンとするのは、女性ホルモンの変化と骨盤の変化が影響しているために、痛みを感じやすいのです。

 

女性のからだはあらゆるところに影響する!

女性がストレスを感じて脳のコントロールが正常に働かず乱れてしまうと、甲状腺ホルモン、副腎皮質ホルモンなどの分泌も大きく影響を受けます。女性ホルモンが乱れて、卵巣の働きが低下してしまうと、分かりやすい症状では月経不順が起こります。

免疫系、血行、自律神経系などにも支障が出て、冷え、イライラ、疲れ、肌荒れ、風邪をひくなどの症状が起こってしまいます。女性ホルモンの分泌量がストレスによって乱れてしまうと、あらゆる臓器や部位の不調につながってしまうのです。

女性ホルモンが果たしている役目は、とても大きいものですから、女性にとってはこの女性ホルモンを自身でコントロールしていくことが、綺麗で快適に過ごすための鍵と言っても良いかもしれません。

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.