日焼け対策、紫外線予防!UVケアでお肌を守る!

更新日:

日焼け対策、紫外線予防は女性にとっては、美肌のためにも欠かせないものです。この日焼け対策、紫外線対策を怠ると、シミなどの影響があります。

日焼けをしてお肌が黒い色になるのは、表皮で作られたメラニン色素が働いているためです。紫外線を浴びる事で、表皮にはメラニン色素が大量に作られてしまいます。細胞を覆って紫外線を吸収、表皮の細胞と細胞核を守ってくれています。

日焼けをしても一定の時期が過ぎると、肌の色が元に戻ります。メラニン色素がターンオーバーによって剥がれるためです。ターンオーバーが正常に働かなかったり、紫外線を浴びている状態が続いていると、お肌に跡が残る事があります。これがシミ。

シミをつくってしまう紫外線は、老化の原因の一つになります。

 

02a8282c1f76fd8a47dac7b8b9bf90f0_s

日焼け対策に欠かせない、紫外線の知識

紫外線の波長とは?

紫外線には波長があり、A波、B波、C波の3つに分かれます。この波長の違いによって、お肌への影響も違います。紫外線を予防するためのUVケアの表記ではPAとSPFがありますが、それぞれに注目する必要があります。

・A波⇒PAで防ぐ

紫外線全体の約95%を占めています。真皮まで達してコラーゲンまでも破壊し、シワ、たるみを引き起こしてしまいます。日焼けをすると肌がすぐに黒くなり、皮膚がんの原因にもなります。

雲も窓ガラスも透過してしまう。

・B波⇒SPFで防ぐ

紫外線全体の約5%を占めます。日焼けの後に肌を赤くしてから黒くします。表皮でメラニン色素をつくらせて、日焼け、シミを引き起こします。皮膚がんの原因にもなります。

雲や窓ガラスである程度遮断する事が可能

皮膚にあたるとビタミンBをつくる。

・C波

エネルギーが最も大きく、肌に直接あたるとやけどをしてしまうほどの光。しかし、オゾン層によって吸収されているため、地上には届かない。しかし、環境の変化によってオゾン層が破壊されている?とも言われているため、C波が地上に届くようになるのでは?と危惧されています。もし、そのような事になったら、ちょっと怖いですね。

 

日焼け対策を怠ると起こる、お肌のトラブル

・日焼け(日光皮膚炎)

日焼けをしてしまうと、皮膚が赤くなったりピリピリと痒くなったりします。皮膚が軽いやけどを起こしている状態で、重症になると発熱、頭痛、嘔吐、免疫力低下などの症状が現れる場合があります。

 

・皮膚がん

紫外線が細胞を傷つけた場合に、DNAが破壊され皮膚がんという病気を招く場合があります。シミ、ほくろなどの形状が左右対称ではない場合、周りがギザギザで均一な色ではない、6mm以上ある場合などは皮膚科を受診すると良いようです。

シミがいぼのように膨らんでしまうのも、良性の腫瘍で紫外線が影響しています。

 

・光老化

紫外線によってできるシミ、シワ、たるみがあります。皮膚を乾燥させてターンオーバーが正常に行われなくなると、くすみやキメが荒れたりと全体の印象も老けてしまいます。

 

・目の病気

紫外線を長期浴びてしまうと、白内障などの原因になります。スキー、海などでも強い紫外線を浴びると、眩しさ、眼の痛み、大量の涙などの症状が起こり、雪目になることも。

紫外線が多い場所では、ゴーグル、サングラスなどを使用して予防する事が大切です。

 

・サンバーン、サンタン

皮膚が焼けて赤くなる方も多いかもしれません。色白の方などに目立ちますね。色が白い方は、初めて日焼けをすると赤くなってしまいます。

この皮膚が赤くなる状態をサンバーンというそうです。皮膚の血流が多く成すことが原因で、細胞遺伝子に影響があったキズでもあります。その後、皮膚の色が黒く定着する事が多いですが、メラニンが増えて黒くなっています。黒くなっている状態をサンタンというそうです。

 

・老化を早めてしまう紫外線

紫外線はお肌の大敵とも言われますが、これは間違いではありません。皮膚老化の約9割は紫外線が影響しているそうです。

子育て中だったり、スポーツをしていると公園やグランドなどで2,3時間は過ごす事は多いと思いますが、皮膚の老化も一層早まってしまうという事でしょう。

幼少の頃から浴び続けている紫外線の影響で、遺伝子の異変や異常が起こり、皮膚のシミやシワとなってしまうようです。

 

日焼け止めの成分とは?

日焼け止めに使用されている主な成分は、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。

・紫外線吸収剤

紫外線吸収剤は紫外線を吸収させてお肌を守る事ができますが、敏感肌の人にとってはとても刺激が強いものです。かぶれ、肌荒れの原因になる場合もあるため、敏感肌の傾向がある人は、ノンケミカル、紫外線吸収剤不使用のものと使うと良いです。

紫外線吸収剤は、UVケア効果がある化粧下地に多く使われています。

・紫外線散乱剤

紫外線散乱剤は、紫外線を反射させてお肌を守ります。酸化チタン、酸化亜鉛が主な成分です。

比較的刺激は少ないものの肌が白っぽく見え乾燥しやすい。

 

日焼け止めを常に使う習慣を

UVケアをするためには、日焼け止めを常に使う事が大切です。日焼け止めは常に、毎日の習慣にする事がポイントです。天気、室内などに関わらず使用します。

雲、窓、長袖も紫外線は通してしまいます。

女性は生理前になるとホルモンの関係で、シミが出来やすい状態です。日焼け止めはいつもより厚めに塗ったり、ファンデーションを重ねるなど工夫をしましょう。

 

日焼け止めの塗りっぱなしはNG!

SPF,PAなどの数値がお肌を守るための持続時間を示しています。しかし、季節や環境、お肌の状態によって効果に違いがあります。数値が高いから・・・とそのまま塗りっぱなしにしないで、2,3時間間隔で塗り直します。

・日焼け止め数値の目安

日常使い⇒SPF10~20、PA+

屋外でのスポーツ、レジャー⇒SPF10~30、PA++

炎天下でのスポーツ、レジャー⇒SPF30~50、PA+++

 

日焼け止めの塗るタイミング

保湿⇒日焼け止め⇒ファンデーションの順番です。

塗り直しをするときは、メイクを一度落とすのが理想的ですが、外出先などではムリですね。メイクなおしでパウダーファンデーションをのせるのも日焼け止め効果が期待できます。

 

日焼け止めを塗る時の注意!

日焼け止めを使う時に、少量、薄く延ばすなどは、効果が下がってしまいます。厚く、しっかりと塗る事で初めて効果が出ます。量が少ないと全体に塗れていないため部分的に日焼けをしてしまう場合もあります。

 

365日毎日のUVケアで美肌に

紫外線は季節や時間など量は違います。しかし、天気などに関係無く紫外線が常に降っています。紫外線の影響がないのは、夜間や陽が沈んでいる時だけです。

日常生活を過ごす中で、紫外線を完全に100%防ぐことはとても難しいですが、着る物や日焼け止めなどを常に心がける事が大切です。365日、毎日のUVケアが10年、20年先の美肌につながります。

 

日焼け止めを塗る前に

日焼け止めを塗る前に、基本的な紫外線予防も行います。帽子、日傘、サングラス、スカーフなどの小物類はできるだけ活用すると良いです。

これらの素材もUVカット効果があるものも多くなっています。季節にもよりますが、無理の無い範囲で、できるかぎり肌の露出を減らす・・・という事ですね。

 

食事でUVケア!

紫外線はお肌を外から守るだけではありません。内側からのUVケアである、食事にも注目です。紫外線を浴びたときに体内で発生する活性酸素は体をサビさせてしまいます。活性酸素が増える事で、シワ、シミにつながるだけでなく、動脈硬化の原因になる場合もあります。

活性酸素の影響から肌を守るためにも、抗酸化物質をより多く摂る事が大切です。

抗酸化物質⇒ビタミンC、ビタミンE、β-カロテン、ポリフェノールなど

抗酸化物質は日焼け予防だけでなく、日焼けした後に摂ると肌への影響を軽減できます。

 

抗酸化物質ってどんな食べ物?

南国のフルーツはとてもカラフルな物が多いですね。紫外線の影響を抑える抗酸化物質がたくさん含まれている証拠です。緑黄色野菜も同様で、色が鮮やか、カラフルなものを食べるようにしましょう。

にんじん、かぼちゃ、ほうれん草、トマト、ニラ、小松菜、ナッツ、うなぎ、植物油、青魚、じゃがいも、赤ピーマン、パセリ、いちご、カリフラワー、いくら、たらこ、ココア、黒ゴマ、さつまいも、そば、赤ワインなどなど。

レモン、みかん、パセリ、セロリ、きゅうりなどはカラフルな野菜、果物ですが、紫外線への感受性を高めるソラレンと言う物質が含まれていて、シミを出来やすくするものもあるので、注意が必要です。

もちろんバランスの良い食事が美肌をつくるというのは、言うまでもありません。ビタミン、ミネラル、食物繊維の3大栄養素を意識したメニューが大切です。

 

トマトのリコピンで、紫外線対策

トマトのリコピンは美容ケアでも注目されている成分ですが、それはシミの原因であるメラニンの生成を抑える働きがあるからです。

そして、紫外線予防として注目するべき点は、リコピンはカロテノイドと呼ばれ、紫外線にたいして耐性を高める働きが期待できるそうです。

うん、なるほどですね。

息子はトマト嫌いなのですが、ケチャップは好きという・・・

リコピンは生で食べるよりも、加熱した方が増える性質を持っているそうなので、生で食べるトマトが嫌いな息子は加熱したものをディップにして食べると良いのかもしれません。

玉ねぎのポリフェノールで、紫外線対策

玉ねぎには、ケルセチンというポリフェノールが含まれています。ケルセチンは紫外線によって発生する活性酸素を除去する効果があるそうです。

玉ねぎは生で食べると辛みがあるので、加熱する事が多いですが、加熱すると効果は薄れてしまうそうです。

ですので、できれば生のままサラダなどで食べると良いようですね。

魚で紫外線予防

肉食が多くなっている日本人ですが、魚は紫外線予防になるようですよ。鮭、ニシン、サバ、いわし、ますなど魚(冷水魚)には日光(紫外線)から皮膚を守る効果が期待できる「オメガ3脂肪酸」が抱負に含まれているそうです。

できれば、週に2回程度は食事で魚をメニューに加える事で、オメガ3脂肪酸が十分に摂取する事ができるようです。

どうしてもお魚が苦手・・・と言う場合には、フィッシュオイルを活用したり、サプリメントを利用すると良いですね。

ザクロも紫外線予防に最適

ザクロも美容ケア系の話題で多く登場する食材の一つですね。酸化防止剤が多く含まれていて、皮膚科専門医によると【日光に対しての肌の強さを25%高めることができる】とも言われています。

3032e4e7a49900db45ce4a0dc10df315_s

ザクロジュースなども良く市販品で見かけますが、ザクロそのものはやや高価で入手しにくいのが難点かもしれませんね。

 

子供の紫外線対策している?

子供達ももちろん、紫外線を浴び続けています。登下校、体育の授業、外遊びなどはもちろんですが、それ以外でも強さに違いはありますが、常に浴びている状態。子供の紫外線対策はもちろん必要。

子供の紫外線対策が必要なわけとは?

・子供は細胞分裂が著しく、成長が最も盛んな時期であること

・18歳未満の日焼けによって皮膚がん、眼のダメージや病気を発症させてしまうリスクを高めてしまう事

・紫外線によって免疫機能の低下を招いてしまう事

・子供たちは、室内で過ごすよりも屋外で過ごす機会が多いこと

db59ede22a63c41d2230dbd206143059_s

 

子供ほど紫外線の影響を受けています。WHOによれば18歳までに浴びる紫外線は、生涯の半分にも上るとか。

2002年の6月から【紫外線保健指導】のためのマニュアルがは発行してるれているとか。日光浴と言う言葉もありますが、紫外線は健康を害するもの、日焼けはお肌に影響があるものと認知され始めています。

そのため、WHOでは、子供のための紫外線対策について提唱しています。

育児雑誌や母子手帳などには、赤ちゃんの頃に日光浴を推奨する記述が多く見られてきました。そのため、子供が日光にあたる事は健康的である、欠かせないものと信じられきました。

 

精神的な解放感やビタミンD3をつくるのには欠かせないので、日光浴の良い点と言えますし、一日のスタートの身体のリズムをつくるのには欠かせません。体内リズムが整う事で、精神的にも良いという点があります。

そして、ビタミンD3を生成する事でも良い点ですが、長時間浴びれば遺伝子には悪影響がある・・・そうなのです。

 

紫外線を浴びない努力も必要

子供の頃から紫外線を浴び続けている皮膚では、皮膚がんを発症しやすいという事で、日常的に紫外線に浴びる時間を減らしたり、浴びない時間をつくるなどの【紫外線を浴びない努力が必要】になるようです。

外遊びも大切ですが、紫外線が強い時間帯を避けたり、夕方の時間帯にするなどで工夫が必要になるようですね。

今日は息子はおもいっきり、正午で日差しが強い時間帯に遊んでしまいました。とは言っても、息子は外遊びが好きな方ではないのでトータルではかなり浴びていない方だとは思います。

 

外出の時の紫外線対策とは?

毎日通学でも外で紫外線を浴びているわけですが、できるだけ皮膚を露出しない服装が好ましいようです。夏はどうしても熱いので長袖を着たりはできません。半そでをきる時には、低刺激の日焼け止めクリームを塗る事が大切。

 

海水浴での紫外線の対策はどうしたら良い?

海水浴に行くと日差しを閉ざすものはほとんどありませんので、夏でも最も紫外線を浴びます。若者たちは日焼けオイルを塗って、小麦肌にするべく日焼けをしに行きますね。

適度に紫外線を浴びる事は良いことですが、長時間浴び続ける事で赤くなったり、やけどのような症状を引き起こすなど、皮膚のトラブルの原因となる事もあります。

夏休みになると海やプールに行く機会も増えますが、日陰で休憩をしたり、バスタオルを巻いて過ごすなどが良いようです。

 

ラッシュガードも万能

皮膚への負担を軽減して紫外線を予防するならば、ラッシュガードもいいですね。マリンスポーツで使用されるもので、防護用のウェアとして本来は使用されるものですが、レディースを中心にUVカット素材のものが増えています。

また、色や柄なども豊富でお洒落な女性にとっては、1着は持っていてもいいのではないでしょうか。

そして、本来の使用目的はマリンスポーツの防護用のウェアなので、当然海やプールなどの水に入る時にも着用したままでOKというのもうれしいですね。

年齢的な問題、体型の問題?(笑)で水着姿に抵抗がある方も、夏に水遊びに参加できる・・・というわけですね。UVカットをしながら・・。

 

ラッシュガードは水着とは違うので、泳ぐには不便

本格的に水泳をするつもりであれば、ラッシュガード着用の泳ぎはお勧めできません。当然ですが、パーカータイプのものは衣類を着用しているのと同じなので、水の抵抗があります。

そして、水着の素材とは異なるので乾燥しにくく、濡れたままで長時間過ごすと体が冷えてしまう・・というデメリットもあります。

水に入る時と、水に入らない時と2着用意して使い分けをすると良いかもしれませんね。

 

子供にも紫外線に対しての教育を・・・

いくら親が手伝ってケアをしても、学校で過ごしたり、子供だけで公園で遊ぶ機会が多ければ紫外線を防ぐことが難しくなります。

そのため、子供にも紫外線の影響についてをしっかりと教えてあげる事が大切ですね。子供の意識付けをする事は重要かもしれません。

手作り豆乳キャロットローションでも日焼け対策、紫外線予防をサポートしてくれます。

作り方は簡単、効果などこちらも参考になります。

日焼け対策!紫外線対策に!豆乳キャロットローションの作り方と効果

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.