混合肌のスキンケア!日本人に最も多い肌質!

更新日:

人の肌は環境に影響されていて、日本人は高温多湿で四季がある国です。そのため、混合肌になりやすい環境にあり、日本人最も多い肌質が混合肌なのだそうです。

額、鼻などの皮脂分泌は盛んでオイリーなのに、頬や目元、口元が乾燥してしまう・・・という方は、混合肌の可能性が高い。皮脂はもともと分泌量が部位によって違いがあるもので、個人差もあります。全員が同じケアでOKというわけにはいかないものです。

日頃のスキンケアでは悩みが多いですが、ちょっと調べてみました。

 

20代~30代までが最も混合肌が多い!

皮脂分泌量は加齢によって減少していきます。もちろん季節によっても増減の影響はありますが、皮脂量が多いのは20代で30代にはいると減少し始めます。

ですから、20代、30代では皮脂分泌が多く、オイリーになる事が多いと感じられていても、40代(中高年)になると皮脂腺の働きは低下するため、普通肌、乾燥肌に近づいていきます。

つまり、日本人で最も多い肌質である混合肌も、20代~30代までが最も多いそうです。

この皮脂分泌量が減少し始める頃、30代~40代で今までのスキンケアを続けていると、水分量が足りていない、乾燥してしまうなどお肌のトラブルを招いてしまうのです。

アレルギーかな?と思うほど肌が敏感になったり、荒れてしまうのですが、適切なケアが重要ですね。

 

混合肌の肌トラブルと症状

・ニキビ

皮脂分泌が過剰になっている部分は、毛穴が詰まってしまうためニキビ菌(アクネ菌)が繁殖しやすいため、ニキビができやすくなってしまいます。ニキビを治したいために皮脂を抑える洗顔を行うと、他の部位が乾燥しすぎてしまう場合があります。

・シワ

部分的な皮脂分泌が気になるために、化粧水などもサッパリタイプのものを選びがちです。そうすると、皮脂分泌が少ない部位は乾燥してしまうために、シワが出来やすくなってしまいます。目元、口元、頬などは特に注意が必要ですね。

・毛穴の黒ずみ

皮脂と皮膚表面にある角質が混ざって、角栓が出来てしまうと酸化して黒ずんだように見えます。この毛穴の黒ずみは小鼻などに現れやすい症状です。適度に部分的な角質ケアをする事で防ぐことができます。やりすぎると他の乾燥しやすい部位に刺激が多く、乾燥が悪化しやすいので、1~2週間に1回程度行うと良いです。

・メイク崩れ

皮脂分泌が多い部位、乾燥しやすい部位と同じケアで済ませてしまうと、皮脂分泌が過剰になったり、乾燥しすぎたりします。脂浮き、粉ふきによってメイクが崩れやすくなってしまいます。

・敏感肌

Tゾーンの皮脂のテカりが気になり洗顔をしすぎてしまったり、クレンジングも長時間ゴシゴシしすぎると、必要な皮脂まで取り除いてしまいます。バリア機能が失われて肌の水分も減少しやすく、機能が低下してしまいます。

目元、口元の乾燥を招いてしまい肌荒れや敏感肌へと移行してしまう場合があります。

 

自分の顔マップを作る!知る!

私(管理人)の手書きです・笑

DSC03363

自分のお肌の特徴を知って、保湿ケアをしていくことが大切。

顔マップは個人によって違いがあります。一般的には下記のとおりのケアになりますが、各々でのケアが重要です。

 

・Tゾーン

皮脂分泌が多い部位。保湿をしないとより分泌量が増えてしまう場合もあるので、適度な保湿を心がける。

夏には・・汗をかきやすいので、ビタミンC配合の化粧水でサッパリケア

ニキビなどが出来やすい部位なので、衛生面でも髪の毛や帽子などの刺激はできるだけ避ける。

・頬

皮脂の分泌量も、水分量も少ない部位。保湿をしっかりと行わないと乾燥しやすくなります。クリーム、乳液、美容液でしっかりとフタをする事が大切。

・唇

かさつき、荒れやすい。

リップクリームを常時携帯して、屋内、屋外でも気になる時は塗る。

・目のまわり

瞬き、眼の酷使による疲れが影響して、目元にシワができやすくなります。できれば、目元を集中的にケアし、3日に1回程度クリームを付けたりする。

 

混合肌の化粧品選び

混合肌は季節によっても左右されますし、部分的なケアのために何を選んだらよいのか?と迷います。まずは、皮脂分泌が多い部位に注目して、選ぶのがポイントです。

夏ならさっぱりタイプ、冬にはしっとりタイプなど。

その上で、保湿を強化する部分使いの美容液、乳液、クリームをプラスしていくとベストです。化粧品も多く取りそろえるとなると、使い切れなかったり、出費も多くなりがちですから、自分ムリのないケアを心がけてみましょう。

 

スペシャルケアの日をつくる!

顔マップのように部位ごとのケアを毎日するのはとても大変な事ですね。忙しく過ごしている方にとって、スキンケアはできれば手短にすませたいものです。

育児中の子供が幼い頃なんて、もう化粧品に触れる機会すら減ってしまうくらい。一気に老けてしまう時期かもしれません。

日頃のシンプルなケアを毎日行って、休日や平日の中日など、スペシャルケアの日を作りましょう!そうする事で、怠りがちな細かな部位のケアも適度に行う事ができます。

また、メイクをした日、眼が疲れている日などその日、その日ごとのケアをしてみるのも◎。

 

混合肌の人の40代移行のお肌の変化

混合肌は20代、30代までで、年齢を重ねて40代に入ると普通肌や乾燥肌に移行する人がほとんどです。この変化を知らないで同じスキンケアをしていると、お肌のトラブルを招いてしまいます。30代後半~肌のトラブルに悩まされる人が続出します。

40代以上になると皮脂分泌量も皮膚のコラーゲンも激減します。

この事に気づかないで皮膚科を受診する事が多くなるものですから、40代に入ったら顔マップも一度見直す必要があります。

20代30代では十分だった化粧水でも、40代になると必要な成分が足りていない場合もあります。失われつつある肌成分をしっかりと補うスキンケアが重要なのですね。

女性ホルモンと肌荒れ、ニキビの関係

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.