プランターの土処分をせず、殺菌消毒、リサイクルする方法とは?

更新日:

気温が高くなってくると外仕事への意欲も湧いてきます。ガーデニングを趣味にしている方は、今年はどうしよう?イメージしたり、計画を立てるのも楽しいものですね。

我が家は地植えの植物は一切無いので、プランター、鉢植えでコニファー、季節の花を育てています。咲き終わった花のプランターの土、簡易で作った花壇の土はそのままでは使えません。

だからと言って毎年、、新しい土を買って使用すれば、プランターの古い土処分に困るものです。これが、ガーデニングの大変さでもありますね。

 

古い土はどうして使えないの?

古い土を使って植物を育てるのは良くありません。古い土の状態を知る事が大切。

 

・植物の根、ゴミ、枯れ葉、雑草の根などが混ざっています。これらが混ざった状態で、新しい植物の種、苗を植えると新しい根が成長できません。

ゴミなどの不要なものが邪魔をしてしまいます。

 

・通常良い状態の土(新しい土)は土の粒と粒の間には適度な隙間があります。そのため、保水性や通気性があり根ものびのびと成長できます。

しかし、古くなった土は粒と粒の隙間はありません。植物を育てている長期間の水やりの時期に、排水性、通気性の良さが失われているためです。そのため、根腐れしやすい。

 

・古い土は植物が育つ過程で、栄養分が失われているため、植物が栄養を取り込めず生育ができないです。有機物や土壌微生物が少ない古い土はとても固く、フカフカとした柔らかさはありません。根が順調に育つことが困難な土です。

 

・古い土は害虫、ウィルス、害虫が多く潜んでいます。そのような土に新しい植物を植えると、ウィルス、病原菌で病気になってしまったり、害虫が根を食い尽くしてしまいます。

古い土の再生させるための作業スペース

古い土の再生方法は様々な方法があります。本格的に広い庭でスペースを確保して行える家庭は限られていると思います。

我が家も庭がありますが、庭全体の土は良い状態ではないので、手頃なプランターや即席花壇(盛土)でのガーデニングです。アパートやマンションのベランダーガーデンとなればよりスペースは限られます。

小スペースでのガーデニングは、大がかりな作業は避けたい。

古い土の消毒方法はいろいろな方法で行われていますが、紫外線にあてる、石灰を混ぜるなどが一般的ですね。

透明ビニールの袋に入れて、日光(紫外線)に当て、時間を置くのが良いようです。

 

古い土の再生、リサイクル方法手順

①古い植物の枯れ枝、枯れ葉、根、ゴミ、雑草などを取り除きます。

この時に、虫が多い場合には石灰を混ぜる。画像は実際に使っていたプランターの土。根っこ、みみず、ダンゴムシ、幼虫?などが沢山混ざってます。

DSC03312

球根などを残してしまう場合があるので、しっかりと取り除く。できればこの作業は土が乾いている方がやりやすいです。

古い土が全部入る大きい透明のビニール袋(黒もおすすめ)の中に、プランターをひっくり返して古い土を入れて作業をすると周囲が散らかりません!

 

②ふるいを使って丁寧に取り除きます。

手作業で取り除いても細かな根やゴミが残ってしまうので、フルイにかけて取り除いていきます。また、細目で微塵になった土も取り除きます。

※微塵になった土は、根詰まり、通気性や排水性の悪さの原因になる!

園芸用のふるいは、荒目、中目、細目と3種類のセットになっているので、使い分けると◎。実際にふるいにかける作業は土の量が多いと大変です。プランター程度のボリュームならば楽ですが、大規模な花壇は覚悟が必要。

ふるいの大きさも幅広いので大き目を用意すると良いかもしれません。

 

DSC03307

 

③古い土の殺菌消毒、病菌をやっつける!

古い土の殺菌消毒は日光(紫外線)に当てるのが、一番簡単で誰にでもできる。とは言っても、日差しが弱い冬は作業も寒すぎます。夏にやる前提で紹介しています。

古い土に水をかけて湿らせます。(蒸し焼きにするため)

ビニール袋の口を締めて、少し平らにします。ビニール袋は黒い方が熱を集めやすいです。

DSC03314

直射日光に当てて蒸し焼き状態にし、消毒します。

コンクリートの上、ビニール袋は黒ければより効果的!時々、上下をひっくり返してあげて、真夏は約1週間程度。

 

 

もっと簡単に土の殺菌、消毒をしたい・・・

古い土に熱湯をかける

プランターに入れたままの古い土に、熱湯を直接かける方法でも大丈夫なようです。

もちろんプランターの大きさにより、大きさ以上の熱湯が必要になります。また、鉢底に辿り着くまでお湯の温度が冷めるのであまり効果がない・・・という声も聞かれます。深いタイプはお勧めできないかもしれません。

 

熱したフライパン、鉄板で古い土を焼く

・・と言う方法もありますが、単純作業で簡単のように感じますが、実際にやるとなると危険な作業かもしれません。

 

 

古い土にさらに補う

古い土は植物を1度育てているので、土の力(地力)が無くなっています。殺菌、消毒を済ませた後は植物に有益な微生物もいません。

土の力を高めるためには、水はけ、通気性を良くする腐葉土、たい肥、培養土を3割~5割混ぜる事が望ましいようです。

これらの組み合わせや分量は分かりにくい場合もありますので、市販のリサイクル材を使用するのが便利で簡単ですね。

庭一面の土を再生させるわけではなく、プランターや小規模な花壇程度のボリュームならば、リサイクル材の方が経済的というメリットもあります。

最も便利なのは、リサイクル材を混ぜた直後に植え付けが出来る点です。

DSC03310

消石灰ではなく有機石灰でも、混ぜてすぐに植え付けが可能です。

DSC03308

 

連作障害とは?

同じ植物や同じ科の植物で土を再利用すると、育成が悪い、収穫量が減るなどのが起こる場合があり、これを連作障害と言うそうです。

プランターで育てる場合には、古い土の再生をしっかり行ったとしても、連作障害が起こる可能性もあるので、同じ植物は育てない方が良いようです。

同じ植物を育てる場合には、新しい土を買うのがイイみたいです。

 

連作障害を起こさないために、こんな事例も

園芸に詳しい方なら聞いたことがある方もいるかもしれませんが、EM菌という微生物資材を使用したぼかし肥料で、これを使うと連作障害を起こさない・・という事例もあるようです。

植物や環境によっては絶対に起こらないとは言い切れないので、心配な方は新しい土の利用が最適です。

 













-庭づくりとガーデニング

Copyright© My mind home , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.