残り野菜で水耕栽培、豆苗を再収穫する方法

更新日:

DSC03289

水耕栽培をまたまた実践しようと種を買ったり、植え付けをしたりと奮闘しています。

水耕栽培専用の栽培ケースなども多く販売されていますが、道具は身近なもので始められる・・・という事で、我が家ではまだまだキッチン菜園程度で試しているところです。

種を買ってきて・・・というとこれもある程度育てるぞ!という気合いというか、準備をする事になります。道具などが無くても自宅で食べた野菜の一部、残り野菜などでもスタートできます。

水耕栽培の書籍などをみると面白いですよ。買ってきた野菜の種から栽培したりとか。で、今回たまたま買ってきた豆苗を再収穫しようかと実践。

実践!なんて言っているけれど、やる事はほとんどありません。

 

豆苗の栄養、効果など

豆苗は【えんどう豆】の若い葉、茎を食べる食材の一つ。緑黄色野菜で、とても手軽に購入する事ができます。

老化の原因である活性酸素が細胞組織を酸化させて、体の機能が衰えたり、病気になったりしてしまいます。活性酸素は紫外線によって生まれています。

日頃日光に当たり続けている人のお肌がしわしわになってしまうのはそのため?この豆苗は紫外線のダメージを防ぐビタミン、抗酸化作用のある栄養素が豊富なんですって。

健康維持のための栄養が豊富で、アンチエイジングにも最適な野菜。

ビタミンCはほうれん草の2.1倍

βカロテンは小松菜の1.5倍

食物繊維はじゃがいもの2.4倍

こちらのサイトが参考になります。

【豆苗研究会】で検索すると詳しく掲載されています。

 

豆苗をもう一度、再収穫する方法

パッケージにも再収穫のお楽しみが記載されていて、やり方そのまま実践です。

・清潔な容器

・水道水

・使い残しの豆苗(残り野菜)

準備はこれだけ。容器はキッチンにあるトレーやタッパーで十分。見た目をお洒落にするなら、ガラス容器とかがいいかもしれません。

容器に水を入れて浸すだけですが、豆は水に浸らないようにするのがポイント。室内の明るい所に置いて、水は1日1~2回取り替えます。

約7日~10日で再収穫できるようですが、条件によって違いはあるようです。

こんな感じで。今までそのまま捨てていたけれど勿体ない事をしていたなぁ。

DSC03291

 

【3日後】

何も成長しないと思っていたら、昨日いきなり変化がありました。複数本グンと伸びています。その他も葉が大きく、増えている気がします。

暖かい季節ならもっと成長が早いのかもしれません。

DSC03293

【5日後】

長いものと短いものの差が気になります。長いものを収穫するにはとても少ない。

食べごろというか、カットするタイミングがどうしたらいいものか?と迷います。

DSC03302

【7日後】

急に増えた気がします。

確実に成長していて、息子も伸びてるね!伸びるんだね!と。部屋でこんなに普通に育てられるなんて、私も初めてで面白い。

葉っぱの密度もボリュームアップしていますが、根っこも密度が凄い事になってきています。さらに下の方にも新芽があるので3度くらい収穫できないかな?と期待しています。

DSC03306

【9日後】

さらに長く伸びていて、さすがに食べないとしんなりと折れてしまいそうになりました。

買った時よりも葉の大きさ、成長具合は少し乏しい気もします。

日差し、気温、水だけではなく水耕栽培用の栄養もあれば良さそうですね。

DSC03315

 

【10日後】

ついについに、収穫をするべき時期になりました。自立できないくらいに伸びてしまっているものもあります。

根がものすごくぎゅうぎゅうに絡まっています。

DSC03335

ついに収穫ーーーー!やっぱり、葉の大きさが小さいですね。でも青々とした感じとか、新鮮野菜の香りとかいい感じです。

DSC03336

一応また、戻してみました。

DSC03337

大根と人参で塩コショウのみで食べました。(大根、人参は茹でて、豆苗はシャキシャキの生で。)

キッチン菜園イイですよ。ちゃんと食事メニューに加わりました。子供も成長をみていますし、作ると食べてくれます。でも、塩加減で失敗して、ちょっとしょっぱい・・・って言われたけどね。

DSC03338

 

-

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.