ホルモンバランス、乱れで起こる女性の不調と原因

更新日:

女性ホルモンの乱れによって起こる不調

月経のサイクルによって女性ホルモンのバランスに変動が起こります。2つのホルモンであるプロゲステロン、エストロゲンの分泌の増減が深く関わっていて、精神的ストレスや睡眠時間の変動、生活リズムの乱れなどによっても、女性ホルモンの分泌は影響するそうです。プロゲステロンの分泌量の減少、ピークが乱れる事を【ホルモンバランスの乱れ】と表現します。

このホルモンバランスの乱れで起こる症状や原因についてまとめました。

 

・生理不順、無月経、生理痛

ホルモンバランスが乱れると排卵のリズムが乱れて、生理周期も乱れます。【生理が遅れる】【生理が長引く】【生理中の経血の量の増減】などは自分自身で気づきやすい症状。

経験があります。遅れたり、長引くというのはあまりありませんが、生理中の経血は都度違いがあります。なんか多いな・・・という時とか、少ないなと言う時がありますが、ホルモンバランスが影響しているんですね。

ストレスによって体への負担が大きくなると、月経がストップすることもあるそうですが、かなり重度なのかもしれませんね。私は今のところ経験がありません。

生理痛もストレス、疲労が過度になる事で痛みが強い場合もあるようで、これはよくあります。

 

 

・イライラ感、精神的に不安定

ホルモンバランスが乱れる事で、精神的にも大きな変化が起こります。情緒不安定になりやすく、浮き沈みが激しくなる場合もあります。30代後半にはいると浮き沈みとか、突然些細な事で【激高】する人もいます。実際に身近にもいますし、自分もそうなる時はあるのかも?

女性は感情的・・と言われるのは、このホルモンバランスが影響しているからですね。

 

・目が疲れる、乾燥する

今は、PC、タブレット、スマホなどに触れる機会も多いですし、仕事で一日モニター画面を見ている人も多いはずです。こうして、ブログ記事を書いている私も、ずーっとモニターを見つめています。

こうした作業で目が疲れるのは誰もがある事ですが、目の疲れやドライアイを感じやすくなったら、女性ホルモンの低下が影響しているようです。潤いに関係あるエストロゲンの減少です。

目の角膜、水晶体にもコラーゲンが多く含まれているのだそうです。知らない人も多いかもしれません。エストロゲンの減少でコラーゲンも減っている状態になるのだそう。

 

・口のかわき、口臭が気になる

お年寄りが食べ物を詰まらせるという事故がありますが、これも唾液が減るためです。口の中がべた付いて話しにくくなったり、味覚が分かりにくくなる。また、唾液が減る事で口の中に傷ができやすく口内炎もできます。

唾液の分泌減少は病気が原因の場合もありますが、ホルモンの分泌量、ストレスが大きく影響するのだそうです。唾液が減ると歯周病菌などの細菌が増えて口臭の原因となるそうですよ。

 

・集中力の低下

知っている人、話したことがある人、親しい人なのに名前が出てこない!なんて事経験していませんか?よく自分の親がそうなっているのを見て呆れてしまいましたが、最近は自分も時々あります。

取に行ったはずの物を忘れて、手ブラで帰宅・・・とか。記憶力や集中力が切れている時は、脳が【疲れている】というサイン。この脳の働きにもエストロゲンが影響しているそうです。

エストロゲンは年齢と共に減少するために、高齢になるほど忘れっぽいというわけですね。若くても卵巣機能の異常があると集中力、記憶力の低下が起こるそうです。

つまり、年齢ではなくエストロゲンが原因。

 

・便秘、お腹がポッコリしている

もともと便秘だったような気がしますが、年齢を重ねるとより重い症状になっているような気がします。お腹がポッコリして体調もすぐれないという事がたまにあります。

この症状もホルモンが影響しているようです。プロゲステロンの分泌が増える(排卵から生理までの時期)と腸管筋肉、腸のぜん動運動が弱くなり便秘しやすくなるそうです。

 

・顔のむくみが気になる、むくみで体重が増える

顔がむくみがひどい、むくみで体重が増えている気がする。そんな時は生理前の時期とということが多いようです。プロゲステロンもエストロゲンも分泌が減少し、ホルモンが変動する時期で起こるそうです。

生理がはじまると解消しますが、それでも解消しない場合には心臓病や腎臓病、食べ過ぎ、飲みすぎも考えられるとか。

 

・体が冷える、手足の冷たさ

ベッドに入ってもなかなか温まらず寝付けないという事が多いですが、これも女性ホルモンバランスが影響しているようです。生理前、生理中に冷えやすい状態になり、ストレスによって卵巣機能が低下し、ホルモンバランスが乱れて血流が悪くなっているのが原因だとか。

 

・女性ホルモンを乱すストレス

女性ホルモンを乱す原因と取り組める改善方法もいくつかあります。

心や体のストレスも大きく影響しています。女性ホルモンの分泌は、脳の視床下部がコントロールしています。自立神経、感情、本能的な欲求もコントロールしていて、とてもストレスに弱く影響し合う関係にあります。

自律神経の乱れで女性ホルモンを乱し、さらには睡眠、感情にも影響するなどです。心や身体には気づかないうちに負担が掛かっている事も多いです。特に忙しく毎日を過ごしていると見過ごしてしまいがちです。

時には立ち止まって、【心、体への負担】を感じ取りましょう。生活習慣の改善や食事の見直しなど出来るところから取り組む事で、体調、心、肌も美しくキープし整えてくれそうです。

 

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.