食器棚収納でコップ類の数を最低限に減らす。これだけあれば十分!

投稿日:

 

普段使いのコップの数は最低限にしておく

普段使いのコップ、マグカップ類の収納です。

戸棚が幅よりも奥行きがあるので、手前から取り出して使います。子供が自分で冷蔵庫から麦茶を出してきて、コップに注いで飲むことも多くなりましたので、子供が届いて取り出しやすい状態にしています。

普段使いですから、マグカップは100円ダイソーのものです。

最近一番重宝しているのがこれ、ハリオの耐熱カップ。もちろん食洗機対応。6個買ったのですけど、割ってしまったんですね・・・4個になってしまいました。耐熱マグなら子供が冷たいものでも使えるし、持ちやすい。大人はコーヒーやお茶などホットにも使えるので兼用で使えるのが便利です。

 

デュラレックスのコップは丈夫だけど・・注意も必要みたい

デュラレックスのグラスも画像でも分かる通り使っています。やっぱり丈夫で長持ちです。落としても割れなかったことがありましたからね。しかも独身時代のものでして、かれこれ10年以上使えています。

そんな風に思って他の方のブログを拝見してみると・・・やはり「10年以上使っている」「落としても割れない」と書かれていました。ところが、突然爆発するように飛散して割れたそうで、その時の無残なガラスの破片が散らかっている画像も掲載されていました。

一体、なぜ?

デュラレックスのコップの特徴に注目してみる

デュラレックスのコップは、耐熱性はあるものの、「耐熱ガラス」ではないのだそうです。「全面強化ガラス」の製品です。何が違うの?ってことなのですが・・・

こちらで比べてみましょう↓

・耐熱ガラス(ハリオなど)

熱の衝撃に耐えられるように作られているガラスで、オーブンでも使用することができます。割れてしまったときには、鋭利に部分的に割れます。鋭利な部分でけがをする危険がありますが、砕け飛び散ることはありません。

・全面強化ガラス(デュラレックス)

衝撃や温度差にも強いガラスで、電子レンジでも使用できます。ただし、割れた時には部分的に欠けたり、鋭利な割れ方をしない分、細かくすべて粒状の氷のように砕けます。

 

デュラレックスのコップは広く使われ浸透するようになりました。ところが、時には、突然割れる輸入品コップとして注意喚起もされているようです。ご存知ですか?私は10年以上使っていて、やっと知りました。(恥)というか、知らない人は多いのではないでしょうか。

デュラレックスのコップは、圧力をかけてガラスの強度を増大したものであり、これが「全面強化ガラス」の特徴です。割れにくいので、割れないコップのように感じてしまいます。が、それは誤りです。

全面強化ガラスは圧力の影響から、内側は張りつめている状態で形状をキープしていて、ちょっとした衝撃、欠け、割れのキッカケがあれば、突然激しく飛散して割れる事もあるのだそうです。
使っている時は、デュラレックスはなんて丈夫でいいコップなのだろう?日本の技術では作れないの?と思いました。技術の問題ではないでのですね。ガラスは割れる事が大前提にあり、割れた時の衝撃や安全性も考慮して、全面強化ガラスのコップは製造していないのでしょう。

本当に、割れたときの飛散、砕け具合は相当なようです。

 

そう考えたら、10年以上使っている我が家のデュラレックスも砕け散る日が近い・・・と思えてきました。ある意味、静かな爆弾を棚にしまい込んでいるような気持ちにさえなってきます。

これは、買い替え時かもしれません。

というわけで・・・ハリオのコップがあるのだから耐熱である必要性もないと思い、デュラレックス製っぽいデザインの100円ショップのグラスと入れ替えで定着しました。

 

 

で、棚に納める。

コップやマグコップは長年使っているうちに、割ってしまったり、欠けてしまったりします。使っていたら当然のことです。使っている時に割れたらいつでも交換、追加購入できるような気軽なコップで十分ですね。

デュラレックスも割れるまで使いたい気持ちもありますが、割れた時の飛散が恐怖なので10年以上使ってきたので十分でしょう?この今頃知った知識を機に今回は処分いたしました。

 

-整理整頓

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.