精油って何?精油を使う時の注意点とブレンド

更新日:

精油はエッセンシャルオイルとも呼ばれますが、天然素材で植物から抽出されます。種類によってそれぞれ特有の香りがして、手作り石鹸の香りづけやルームスプレーなどに最適です。

 

精油の原料って何?

精油の原料は様々です。植物の葉、花、樹皮、種子、根、樹脂などから抽出されます。一般的には、植物を水蒸気で蒸す【水蒸気蒸留法】で製造されます。

柑橘系の皮を絞って製造する【圧搾法】や溶剤などに浸けこんで芳香成分を抽出する【溶剤抽出法】など様々な製造方法があります。

 

精油の役割は?

精油には植物が持っている有効成分がぎゅっと凝縮されています。心を落ち着かせたり、肌を引き締めたりなどの作用が期待できます。これらの作用を利用してアロマテラピーが行われます。香りをかいだり植物油(オイル)で薄めて体に塗る事で皮膚を通して、嗅覚の伝達経路など通じて精油の成分を体内に取り入れていきます。

石鹸作りでの精油の役割は、主に好みの香りをつけるために利用され、もちろん天然100%の精油がベスト。精油の香りで心が穏やかになったり、気分を明るくしたりピッタリです。

抗菌、消臭などの効果を利用して、用途に合わせた石鹸作りも可能に。

精油のブレンドで効果をより高める

様々な種類の精油がありますが単独で使用するだけでなく、2,3種類ブレンドするとより一層香りも深みを増して楽しむ事ができます。ブレンドをするときの方法についてみてみましょう!!

①中心となる精油を選択する

好みの香り、有効成分、気分、用途などによって精油を選びます。

②相性の良い香りを選択する

中心となる精油と相性良い精油を選択して、組み合わせていきます。精油の香りには香りの系統が同じファミリーであれば相性が良いです。初心者の方はまずは、同じファミリーでのブレンドをしてみましょう。

香りの系統・ファミリー一覧

フローラル系カモマイル
ジャスミン
ゼラニウム
ネロリ
パルマローザ
ラベンダー
ラバンジン
ローズオットー
ローズアブソリュート
柑橘系オレンジスイート
グレープフルーツ
シトロネラ
プチグレイン
ベルガモット
レモン
レモングラス
ハーブ系クラリセージ
ゲットウ
ペパーミント
マジョラム
ローズマリー
樹木系サイプレス
ジュニパーベリー
ティートゥリー
モミ
ユーカリ
ローズウッド
スパイス系コリアンダー
ジンジャー
ブラックペッパー
樹脂系フランキンセンス
ベンゾイン
オリエンタル系イランイラン
サンダルウッド
パチュリ
ベチバー

 

精油を使う時の注意点って何?

精油は正しく使えば、香りを楽しめたり有効成分の効果も期待できますが、誤った使い方をしてしまうと危険。お肌に直接塗る事もあるのですから、トラブル回避のためにも使用する場合の注意点を知っておきたいですね。

 

・お肌に直接塗る場合には、原液を使用しない。

・原液を飲んだりしない。

・引火することがあるので火気の周りでは使用しない。

・子供やペットが触れない場所に保管する。

・高温多湿を避けて、蓋をしっかりと閉めて冷暗所で保管すること。

・圧搾して採った柑橘系などの精油などには、光で反応して光毒性の成分(肌に刺激を与える成分)が含まれる場合があります。そのため外出する前に使用する場合には、注意が必要です。

 

妊産婦、お年寄り、既往症のある人への使用上の注意

妊産婦、お年寄り、既往症のある人や敏感な体質の人は香りにとても反応しやすい場合があるので、異変、不快感などがある場合には使用を避ける事をおすすめします。

 

乳幼児に関する注意点とは?

3歳未満の乳幼児は抵抗力が弱いです。体も小さく精油の影響は大人よりも大きいです。乳幼児が使用する石鹸、入浴剤には精油を加えない方が良いです。

3歳以上でも体が小柄である場合なども同様です。

 

精油を使用する前にパッチテストを

精油を使用する前には、必ずパッチテストをする事をおすすめします。パッチテストをすればより安心安全に利用する事ができます。

パッチテストの方法は精油を一滴(0.05ml)とオイル(植物油)5mlを混ぜて薄めます。それを腕の内側に塗って1~2日間放置します。赤み、痒みがないことを確認して万が一異常を感じた場合にはしっかりと洗い流します。パッチテストをして以上が現れた精油は使用も避けましょう。

-精油(アロマオイル)

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.