クローゼット収納法、洋服は少ない方が楽で整理整頓しやすい

更新日:

 

我が家のクローゼット収納法は、洗濯をしてハンガーで干して畳むという作業をせずに、ハンガーにかけた状態で収納しています。そのため、洋服が増えるほどハンガーが必要になってしまう。

気が付くと、ハンガーが足りない!という状況になってしまいますので、できるだけ洋服も最低限の数だけにしたいところです。

季節の変わり目には新しい洋服を買い足したりする機会が多くなりますが、クローゼットがいっぱいになってきて着ていない洋服の方が多い・・・・という事はありますよね。

衣替えの季節は、洋服の捨て時と言ってもいいかもしれません。

 

 

クローゼットに収納しきれない?衣装部屋とか作ってない?

ファッションに興味関心がある女性なら、洋服の数も自然と多くなりそうです。流行に敏感ならシーズンごとに洋服を購入しているかもしれませんが、その洋服を一体いつまで保存するべきなのか?

これが迷いどころです。流行が終われば着なくなってしまうようなものですが、一着のお値段がそこそこ高いものだと捨てるのに躊躇してしまいます。

また着る機会があるかもしれないし・・・

高かったし・・・・

そんな感じで捨てずにどんどん溜まって行って、しまいには隣の6畳の一室が衣装部屋になっている・・・と言う家庭も少なくないはずです。

我が家は衣装部屋は絶対に作れない間取りにしているのですが、ウォークインクローゼットは約3~4畳ほどのスペースです。しかし、このスペースも全部使っているわけではありません。

このスペースを絶対に超えないように常に断捨離を心がけています。

 

よーく見てみると、着ている洋服の数って少ない・・・

自分のクローゼットの洋服の数をみても全体の約2割~3割程度しか着ていない・・・と言う事が多いのです(笑)

着心地の良さや日常生活で必要な洋服って案外、少ないものなのですよね。シーンに合わせて着用する洋服ごとに仕分けしてみましょう!

notebook

 

 

 

・日常生活、自宅で過ごす洋服

仕事から帰宅したとき、休日外出しないときなどの着心地が良いリラックスできる洋服

・お出かけするときの洋服(カジュアル)

休日に家族や友人とのお出かけ、デニムやカットソーなどの洋服

・お出かけするときの洋服(きちんと系)

ホテルやレストランでの食事、参観日、音楽鑑賞、観劇などのきちんとした場へのお出かけの洋服

・仕事に行くときの洋服

職業によって異なりますが、リクルートスーツ、作業ウェアなど毎日着用する衣類

・冠婚葬祭、フォーマル

使用頻度が低く少ない数ですが、必ず必要となるもの

これら5つのグループで仕分けしてみましょう!

 

1日10分、クローゼット収納の断捨離

整理整頓出来ない状態は後回しにしている事の積み重ね。洋服を減らすにはまずは毎日10分でもいいので分類別にまとめるのが大切。着ているもの、着ていないものを収納するときに分けてみるといいみたいです。

10分くらいなら忙しい毎日を送っている方も可能な時間。10分も短いようだけど、集中してみると意外と貴重な時間なのです。

これを毎日継続的にできればいいわけで、1回の時間は10分以上の作業はしないのも続ける秘訣かもしれませんね。時間が長くなってくると嫌になってきます、飽きてしまいますし。無駄な時間、ダラダラ時間を省くといいようです。

クローゼットの洋服、処分の基準となるポイント

・コーディネートしにくいもの

ステキだなと思って購入した洋服でも、今持っている洋服とコーディネートしにくい洋服は、今後も難しい可能性が高いですよ。

・流行遅れのもの

流行で購入した洋服で、もう今は着れない洋服はタンスの肥やしになりますから、捨ててしまいましょう。次のブームは10年、20年先・・・ですよ。

・よく見てみると古い洋服

お気に入りの洋服は着用頻度も高いために、毛玉や生地の傷みがあることもあります。チェックしてみて。

 

 

必要or不必要の判断は簡単

毎日の断捨離も10分ですから、必要、不必要の判断だけでOKです。ここで、一旦迷ってしまったり、【もったいない・・】と言う気持ちで判断してはいけないですね。

捨てるときに惑わすのは・・・

・値段

・思い出

・もったいない

という余計な情報が頭に浮かぶときです。そんな時は保留にして時間を置いてみる。半年、1年その保留箱から使用しなかったものは捨ててOKでしょう。

不要になった洋服はこんな風に活用しています!

 

 

断捨離している間に洋服の買い足しは禁止!

女性ならおしゃれして過ごしたいですし、ファッションにはかなり興味があるはずです。しかし、断捨離している間に洋服を買い足してしまったら、作業に終わりがみえません・・・。

断捨離が終わったご褒美に洋服を買う・・・と言うつもりでまずは一定期間、集中して終わらせてしまいましょう。

断捨離の作業をすると良く着るデザインや、ほとんど着ないデザインのものが見えてきます。私がよくあるのは、似ている洋服が何枚もある事です。自分の好みって決まっていますから、新しい洋服を買ってもすでに似ている服が何枚もある・・・というのは経験していませんか?

そういうムダな洋服を買わないためにも、今持っている洋服を把握するのが重要。断捨離はこの洋服を把握するのに最適な作業なんですね。

 

3つのクローゼット収納法

クローゼットの収納スペースは、それぞれの住宅事情によって異なるのではないでしょうか。自分専用のクローゼットがある人、夫婦兼用で使用している人、家族全員で使用している人・・・などいろいろでしょう。

収納をするときには、必ず見渡せるように収納することが大切です。

・誰の物が

・どこに

・どれだけ

あるのか?

が把握できないと、今後もクローゼット収納が荒れてしまいますよ。

見た目もスッキリ、収納方法の基本は3つ

memo

・吊るす

洋服、ワンピースなどハンガーで吊るすのは、一番簡単な収納方法で見た目も一目瞭然です。

ベルトやスカーフ、ネクタイなどもフックを使って吊るしておきます。

・たたむ

収納ボックスなどの引き出しには、下着類の収納ではきれいにたたみましょう。たたみ方によっては、見た目にも大きな違いがでます。

・置く

バッグや帽子などは型崩れ予防のため、重ねないで置いて収納するのがベスト。

 

使用頻度によって収納場所を配置する

使用頻度が高い洋服や小物類、下着類は取り出しやすい手前に配置しましょう。あまり使用しないフォーマルウェアや季節のものは、隅へ。あまり使用しないからと、奥の方へ収納するといざというときに探したり、取り出すのが大変になります。

見た目に収納場所が分かるように工夫しましょう!

 

 

 

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.