生後7か月の成長

更新日:

お座りの姿勢で過ごすことが多くなり、自分でちょこんと座るようになりました。多くの赤ちゃんがお座りが安定してくる時期のようです。最初は後ろに支えが無いと後ろにゴン!と倒れる事があるので、もちろん目が離せません。後ろにクッションなどの支えをしてあげたり、テーブスなどの角にも注意が必要ですね。少しづつ安定してくるとベビーチェアなどにも座れるようになります。

お昼寝の時間、回数も決まりまとまって起きて、まとまって寝るようになるので、お散歩やママの用事(買い物など)も近隣であれば一緒に外出する機会も増えてきます。

息子もかなりアクティブになってきて、この頃にはハイハイをして、さらにはつかまり立ちもするくらいになっていました。戸棚などの扉をあけて中の物を出し広げたり、部屋は散らかり放題でした。

それだけいろいろな物に興味が出てきた証拠でしょうか。

 

母乳、ミルク、離乳食

離乳食も1日2回に増えたころ。1回に食べる量も少しづつ増えてきてベビー茶碗の1/3~1/4くらいになっています。まだまだ、ドロドロ状の離乳食ですが【ごっくん】と飲み込むことに慣れてくる頃です。

離乳食後にミルクで満腹にする・・・というか栄養バランスを保つ・・と言う感じ。

 

着せたもの

赤ちゃんは暑い寒いなどを訴える事はできないので、汗をかいていたら1枚減らすなど常に観察して着替えをしてあげる必要があります。

また、顔色が悪かったり鼻水がでているようなら、1枚プラスしてあげます。このころは真夏の頃でしたのでエアコンもドライ運転で過ごしていました。

 

赤ちゃんの夏のエアコン(冷房)

赤ちゃんにとってエアコンはどうなの?って気になる方も多いでしょう。つけたほうがいいのか?つかねいほうがいいのか?迷う方もいらっしゃるでしょう。

赤ちゃんにとっての部屋での快適温度は26度~28度と言われています。これは真夏であれば、30℃超えは大人でも辛いですし、熱中症対策が必要になります。

エアコンが体に良いか悪いか?というよりも、快適温度かどうか?で判断するのがベストではないでしょうか。

3歳までは汗腺の発達に重要な時期と言われているために、体温調節機能の発達のためにもある程度自然な気温で過ごす事も大切なようです。

汗をかきすぎれば【あせも】などができる事もあるので、マメな着替えと室内気温調節が必要不可欠ですね。

 

おふろ

この頃になると腰がすわってくるので、ベビーバスチェアに座らせて体を洗ったり、流したりしていました。まだ歩く前の時期限定で使用していたので、買わなくても良いレベルです。

座っていられるようになったので、湯船につかる時にはお湯を少なめに溜めて、膝の上に座らせて一緒に入りました。

お風呂後には水分補給は麦茶、イオン水など。

 

この頃の昔のブログ記事より抜粋

7か月健診

7ヶ月健診でした。身長 67cm 体重 7825g

中間より少し小さめ。

体重と身長のバランスはいいようです。

寝返りもして、ズリ這いもしてるなど伝え、発達も問題なしとのこと。少し早めのようです。

 

※中間より少し小さめだったのが、今ではかなり小柄タイプの子です。

 

お散歩

とても気持ちいいお散歩でした。歩いたらちょっと暑いくらいでした。

t02200293_0240032010239593126

毎日こんな天気だったらいいな!

※この頃はよく外出していました。なぜなら、自宅にいるといろいろと物色して部屋が散らかってどうしようもなかったもので。狭い家じゅうを徘徊するくらいなら、ベビーカーに乗せて散歩・・・・が楽だったのです。

今では、息子は散歩とか【つまんない…】って言って、行かないですけどね(笑)

 

ああああっっ!!

最近息子の声が大きい!

ちょっと気に入らないとか思い通りにならないと「ああああっっ!」と声を振り絞ります。
あと何か私に文句を言ってるのでしょうか!

「んまぁんまぁんまぁんまぁままぁまぁ・・・」・・・・と連呼。

 

※声はこの頃から大きかったのですね。今でももちろん大きいので、窓を開けるのをためらいます。

 

自分でお座り

四つんばいでフガフガしてた息子。

キッチンのほうへ行き、キッチンから息子を見たらおすわりしてました。自分で!

ニコニコと得意げに見えました。スゴーイ!どんな風にかは見逃したので分かりません。

たまたま座っちゃったみたいでそれっきりでした。お座りを覚えたわけではないようです。

突然、思いがけない体勢になったりするので、子供の行動は不思議。

 

※この時の事は今でも目に浮かびます。さっきまでハイハイ、ズリズリしてたのに・・あれ?座ってる!って感じで。

 

 

生後7か月の頃のあれこれ

●おすわりが安定して後ろにひっくり返らなくなった。
●離乳食中期に入り食べる量も増え、遊び食べがやや始まった。
●上の歯が4本同時に生えてきて、おせんべいをかじって食べれた。
●つかまり立ちをするようになった。
●細い紐をつまめるようになった。
●歩行器で横歩きや前進で、行きたいところへ移動できた。
●声がよりデカくなる。
●寝相がより一層悪くなった。
●トレーニングマグカップのスパウトをマスター。(ついでにストローも)

 

※歩行器にも乗せはじめていたようです。歩行器は賛否両論ある中で現在はデメリットの方が指摘されています。理由はハイハイしないと成長を妨げる・・・とか、親が楽するための道具にすぎない・・・とか、筋肉の発達への悪影響、転落事故の危険性・・・などなどが挙げられていて、現在は使用しない風潮にまでなっています。

私も積極的に購入したわけではなく、義母が買ってしまったので貰った・・・という感じ。イス代わりでした。離乳食の時に座らせると固定できるので楽でした。足で蹴るので高さ調整したりして固定。座っている時も息子は機嫌が良かったですし。

それ以外は乗せっぱなしにする事はなく、ハイハイもたくさんさせましたよ。ハイハイもスピードが速くなるのは面白かったですね。

道具は使い方次第・・・・って事ではないでしょうか。

 

 

 

生後0か月の成長生後1か月の成長生後2か月の成長生後3か月の成長生後4か月の成長生後5か月の成長
生後6か月の成長生後7か月の成長生後8か月の成長生後9か月の成長生後10か月の成長

-育児

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.