ランドセル選び方のポイントって?内側ポケットにも注目!

更新日:

DSC_0068

小学生の必需品と言えば、ランドセルです。入学前には必ず準備をするものの一つですが、最近はデザイン、カラーが豊富ですね。カラフルですし、ブランド、キャラクターのものまで幅広いです。

私が子供の頃は、赤、黒の2色だけでしたから、豊富さには驚いてしまいます。豊富なランドセルが並ぶ店頭で一体どれがいいのか?どれも同じように見えますが、どこに違いを見出したらいいのか?何を重視するべきか?などは事前に知っておいた方が失敗がないですね。

入学してから6年間使うものです。何よりも子供が満足して使い続けてもらうことが大切ですが、後悔しないためにも十分に検討したいところです。

 

息子のランドセルは・・・セイバン、使い心地はどう?

ランドセルを購入するとき、色やデザイン(形はほとんど同じだけれど)、国内ブランド、メーカー、お値段などに注目すると思いますが、実際に使い始めると機能重視で選ぶ方がいいと感じます。

息子のランドセルは実家からのプレゼントでしたので、丈夫なもの・・・といったら店員さんがセイバンがいい!と。男の子はランドセルなどの物の扱いが女の子とは違うのでおすすめ。と言われたそうで、その基準で選んでくれたものです。

息子のランドセルはセイバンのランドセルです。ワンパ・ベーシックというモデルで売りが【男の子用のタフで丈夫なランドセル?】というものです。

デザインもロボ感、メカニック感のあるもので息子は気に入っているようです。

そして、セイバンと言えば【天使のはね】で有名ですが、体感重量は軽く、走ったりアクティブに動いても背負っているのは楽々のようです。丈夫さ、背負いやすさ、軽さ、デザインの面では子供にとってはとても良いランドセルだと思います。

実際に息子が帰宅するとランドセルはドスーンと床に放り投げます。投げるんじゃない!と注意していますがなかなか・・・。そして、時間割を見ながら翌日の準備するときなんて、ランドセルに乗っかって準備していますからね。おい!って思いますけれど、息子程度の体重ではビクともせず潰れる事もありませんよ。

確かに丈夫です。

 

 

新一年生、ランドセル男の子の人気の色は?

新一年生ということで昨年のうちにランドセルを購入していました。ランドセルの色は息子はこの色!というのは無かったようで、ネイビーに決めました。比較的黒っぽい色合いです。

ランドセルの売れ筋商品などを見てみると、男の子は無難なブラックがほとんどのようです。せっかくいろいろな色のランドセルが販売されているのだから・・と思いますが、やっぱり見慣れている、飽きない色がいいのでしょうか。

女の子は様々な色のランドセルを使っていますね。ピンク、水色、紫、茶色など個性的なステッチや装飾もあり、私が子供の頃とは大違いです。それでも、やっぱり無難な赤も多い気がします。数多いランドセルの中から選び、6年間使うという事を考えると大変な事です。

 

ランドセルの色、柄選び

ランドセルの色や柄などは、6年間学校へ通って使う本人である子供自身が選ぶのがベストですね。とは言っても、1年生になる時に選んだ色や柄が、6年生まで好きでいられるのか?というのは疑問ものこります。

可愛らしいステッチ、装飾などは幼い1年生の内は気に入っていても、高学年になると幼稚で使いたくない・・という事も起こってしまうようですね。

カラーや装飾が豊富になったいる今、ランドセルにも流行があるので、高学年になっても使えるのか?などしっかりと話し合って購入する事が大切です。

あれだけカラフルなランドセルが売られているけれど、男の子は興味関心が薄いため、ほぼ関係ない・・・という状態でした。

これは、ファッション(アパレル系)でも言える事で、女の子の洋服売り場の多さ、男の子の洋服売り場の少なさと同じ感覚ですね。子供の物を買う、選ぶ楽しみは男の子の場合あまり無いに等しいかもしれません。

 

ランドセルの耐久性などの判断

ランドセルは6年間使用する物ですし、毎日使い続けて重い教科書を入れますから、丈夫である事が大前提です。ランドセルの価格も幅広く、安価な物もありますが縫い目や皮の表面が傷みやすいなど使い続けると劣化が激しくなります

私も子供の頃に友達のランドセルが見た目にも皮が剥げていて、ボロボロで6年生の時にはランドセルを持ってきていませんでした。自分だけランドセルが使えなくなる・・というのはできれば避けたいところです。

ランドセルの相場は、3万~5万円程度が多いようですし、安価な物はできれば避けた方が良いかもしれません。中には1万円くらいのランドセルでも6年間十分に使用出来たというケースももちろんあります。安価なランドセルでもお手入れをマメに行い、大切に使うことができればベストです。

手に取って強度など確認して粗悪品ではないか?が重要ですね。

 

ランドセルの軽さ

ランドセルは新1年生が持つとなれば、小さなカバンではありません。小柄な息子が初めて一人で登校する姿は忘れられませんが、ランドセルが歩いているように見えるくらい大きい物です。教科書などをあれこれ入れて持っていくわけですから、できるだけランドセル自体は軽いものにしたいですね。

店頭に陳列されているランドセルを持って比べてみると良いかもしれませんね。ランドセルは1キロ~1.4キロ程度ですが、中には1キロを切る軽量なものもあります。

 

ランドセルの使いやすさ、背負いやすさ

大人の目線で機能や丈夫さで選択しがちですが、ランドセルを使用するのは子供です。実際に触れてみたり、ランドセルの開閉、持ち運びの取っ手など本人が使いやすい仕様になっているかもチェックしましょう。

最近のランドセルはA4サイズに対応しているので、大概の持ち物は収納できますが、他のポケットなども子供が実際に使えるかどうかを確認しましょう。

 

ランドセルの素材

ランドセルの素材は、牛革など本物の皮を使用しているものも高級なものではありますが、耐久性を高めるための技術の進歩により、見た目は皮っぽいですが、人工皮革でできているものが約7割を占めています。

もちろん高級なランドセルでも良いのですが、お手入れ、扱い方などがありますのでこれも使用する子供と相談しましょう。

 

ランドセルに必ず入れている持ち物

毎日の時間割で持って行く勉強道具以外に、息子のランドセルに必ず入れているものがあります。それは、雨具と下着(パンツ、シャツ、靴下)です。

登下校の時に雨が降ってきたときに簡単に着る雨具を入れています。傘を忘れることも頻繁にあると思うので必要不可欠ですね。

そして、下着類は入学はじめに支持されたので持たせていますが、持って行っていない子もいるかもしれません。息子が通う小学校では、万が一下着を汚してしまったときに替えが無い場合には、パンツを学校で新しいものを有料、買い取りの形で支給はしてくれます。(保健室で)

今のところ幼稚園時代を含めても下着を汚してきたことはありませんが、万が一の時に用意してあった方が子供自身も恥ずかしい気持ちにならなくて済みますので、持たせています。

 

ランドセルは勉強道具以外の持ち物をいれるスペースがあるといい!

雨具や下着類、中にはキッズ携帯を持ち歩いている子もいます。こうしたものを常時入れておくスペースはランドセルにあった方が便利です。

キッズ携帯持参については、GPS機能の見守り機能を目的として持たせることを許可している学校もありますし、一切禁止している学校もあるので事前に確認してルールを守りましょう。

息子のランドセルは小さいポケット類が無いので、多少不便に感じています。ワンパ・ベーシックというモデルのワンランク上のワンパ・アクティブならポケット付きです。これが良かった・・・。と今さらながら思っています。

ワンランク上なのでお値段も上がるわけですが。とは言ってもお片付けが苦手な男の子向けにあえて、ポケットを無くしているというのも売りのようですが。

 

ランドセルカバーはまだ使っていない!けれど、ポケット付きの便利なカバーもある!

ランドセルカバーは1年生時には、黄色い帽子とセットで黄色いカバーが学校から配布されました。交通安全のためのマークが印刷されているカバーです。

簡易的なビニールカバーですので、1年持ちませんでした。気が付いたら破れていました(汗)物の扱いが乱雑過ぎたのだと思いますが。

2年生になると外しますが、それぞれで市販のランドセルカバーをつけている子も時々います。今のランドセルは撥水加工がされていますから雨に濡れてもそんなに傷まないと思います。

それでも、カバーをつける事で自分のランドセルがすぐにわかる事、便利なポケットが付いている事で整頓しやすい・・・というメリットもあるようです。

入学したばかりの頃は必要ないな・・・と思っていましたが、2年生になったらポケット付きの物を買ってもいいかなと思い始めています。

 

入学準備品で気になるランドセルカバーは必要?

ランドセルにキーホルダーはつけない

ランドセルにはキーホルダー類は付けてはいけないという学校のルールがあるので、ランドセルに付けているのは交通安全のお守りだけです。

今のところ、下校時に私が自宅で不在になる事はないので、鍵は持たせていませんが、万が一に備えて持たせた方がいいのかな?時間表通りではない日程の時もあり早帰りの時もありますが、うっかり忘れてしまう・・・という私のど忘れもありますからね。

鍵の持たせ方もいろいろで、ランドセルに入れていると一度下さなければならないので、外でランドセルの中の物を落としてしまう・・という可能性もあります。そして、家の前でモタモタしていると、不在の家と思われてしまうなど、犯罪防止のためにはランドセルに入れない方がいい・・という声もあります。

また、首からかけていると遊んでいる時に引っかかって危険ですし、鍵っ子っとすぐに分かるのも危険。洋服のポケットなどにつけるといいのかもしれません。伸びるタイプのキーホルダーのようなものにつけるなど。

いろいろと工夫が必要ですね。

その他の準備リストはこちら

小学校入学準備リスト(学用品類)費用はどのくらいかかる?

 

-入園・入学

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.