学習机の購入に迷う?!子供の空間、整理整頓の練習になる!

更新日:

 

入学準備の季節になるとランドセルと学習机が、売り場などでも賑わっていますね。入学と同時に学習机を購入しなければ!という意識になってしまうのは、自分自身が子供の頃に買って貰った経験を持つ方が多いですし、やはり親にしてもらった事は、自然と子供にもしてあげたい・・という気持ちになるのではないでしょうか。

学習机を置くにはスペースが必要です。学習デスクを置くだけのスペースがあるご家庭でも、整理整頓をしなければ置く場所も確保ができません。また、小学生のうちは自分の部屋で一人で過ごすことはあまり無いので、必要性を感じないことも多いのです。

そして、学習をする環境=学習デスクという考え方、価値観も若干疑問もあるものです。

 

学習机は買わない家庭も増えています

学習机はすぐ必要なのかな?と誰もが疑問を持つようになっています。なぜなら、子供の頃を振り返ってみても、宿題などは学習机ではなくリビングのテーブルでした。子供は子供部屋の机に一人で向かう・・・という事はほとんどないのですよね。特に低学年のうちは、リビングテーブルで親に聞きながら宿題を終わらせていた・・・という経験が圧倒的ではないでしょうか。

だからこそ、入学と同時に買わなくてもいいよね・・・と言う気持ちにもなるのだと思います。実際に賃貸住宅に住んでいる家庭、転勤が多い家庭は学習デスクを購入しない家庭も多いですね。

戸建てに住んでいでも子供部屋が2階にあると、一人で机に向かうことはない・・・という判断で学習デスクを購入しない家庭もあります。こればかりは、それぞれの家庭がどのように我が子に勉強する環境を与えるのか?親もどのように向き合うのか?という事に尽きるでしょう。

 

子供は学習机を欲しがったので買った我が家

小学校へ入学・・・というと子供にとっても一大イベントです。そんな我が子は小学生になるという身近なイメージがあまりなかったので、ドラえもんに出てくるのび太くんの部屋を目標にしているようでした。

学習デスクも大人になっても使えるようなシンプルなもの、【学習机】という感じのものでなくてもいいな・・・と思っていました。しかし、子供の学習机のイメージは【のび太君の机】です。本棚と、ライトがついていて引き出しも脇にある・・・という典型的なスタイルです。

あれをイメージにしてしまったら、もう世間一般的な学習机を買うしかありません。学習デスクもデザイン、材質など選び出すと種類の豊富さに迷ってしまいます。

大人の主観、価値観が入るとより一層決めるのが困難になってしまう事もあります。ここは、予算の範囲内であれば、使用する子供自身に選ばせてあげた方が、子供も大切に使ってくれるのではないでしょうか。

 

自分で選んだ学習デスクは子供なりに使ってくれます

学習デスクを買っても使うことはない・・・というイメージを抱いているものですが、学習デスクで勉強をすることはあまりありませんが、工作をしたり、絵を描いたりと座って過ごすことは多いです。

勉強机と言うよりも遊びに使い、物を置いたり、散らかしたりと子供だけのスペースとなっています。放置しておくとずーっとゴミだらけになっている事もあるので、時々片付けるように促して、整理整頓の仕方も学ばせたいところです。

学習デスクに向かっていると思ったら・・・

DSC_0078

 

学習デスクを購入したばかりの頃は、やはり勉強を頑張ろう!という気持ちになるようで、上の画像のように、数字を書く練習をひとりでこなしていました。

やりなさい!と言わなくても、子供もやろうという気持ちが芽生えるものなのですね。そんなシーンに立ち会う事ができると、小学生になるという自覚があるんだなと嬉しい気持ちになります。学習机があれば、机に向かう姿もそれなりにあります。

こればかりは、子供自身の性格、親の関わり方が影響するでしょうし、実際のところ買い与えてみないと分かりません。

 

学習机の引き出しをあけるとプリントがぎゅうぎゅう!

学校での紙、紙、プリント、プリントの連続で持ち帰ってきたものは、放置すればどんどん溜まります。これは、保護者向けの連絡プリントでも同じです。

持ち帰ったプリントをどう整理整頓するか?親がある程度指導してあげないと、子供は机の上や引き出しの中に入れっぱなしになってしまいます。

時々、引き出しをあけると、ぎゅうぎゅうにプリントが押し込まれている時があります。みなさんどうしていますか?もちろん、学校のプリントだけではありません。家庭用で使っている教材類、文房具類も合わせて片付けができるようにする必要があります。

 

学習デスクを購入してから1年経過したとき・・・抜き打ちでチェック

自宅の学習デスクは、時々チェックしてあげないと、えんぴつや消しゴム、カス、ゴミ、教科書が散乱しています。学校の懇談会で先生がお話しされていましたが、整理整頓ができている子、出来ていない子は完全に分かれているということです。

漢字の書き取りを練習するように、学習デスクの片づけも練習が必要なのですね。机の中の引き出しはプリントだらけになっていたので、一緒に整理整頓しました。使い終わったプリント類は、まとめてリビングの箱に置いています。(一時保管で、振り返ったり、必要になったら取り出せるようにしています。)それが数か月前の事でして、またどうなっているやらと引き出しを見てみました。

DSC03382

DSC03383

DSC03384

DSC03385

DSC03386

 

引き出しの中は100点のテスト、プリント類がまとめてありました。先生のコメントが子供にとっては嬉しいようです。そして100点のテストを大切に保管しようと思ったのは、ドラえもんに登場するのび太君がやっていたのをマネしていると思われます。

のび太君の100点は重みが違いますから。この調子で100点を取り続けてほしいものです。小学生でも一定基準の点数に満たないと、再テストをしているようです。話しは学習机の点に絞りますと、少しづつですが子供らしい、子供なりの整理整頓する姿勢がみられるようになってきます。100点のテストを大切に保管して片づけるところ・・・など。自分で決めて自分で片づける・・・理想の姿です。

そうは言っても、子供が最も興味のあるものからできるようになるもので、その他関心の薄いものはまだまだです。少しづつ、目を向けながら学年が進むにつれてできるようになるといいのかもしれません。

DSC_0289

学習デスクで勉強するようになるのは、すぐには期待しない

勉強机を買い与えたものの、宿題をいつも机でしているわけでもありません。やっぱりリビングに広げてやっている事の方が多いものです。だからと言って、勉強机があるのだから机で勉強しなさい!と言う気もないので、そこは適当に子供の自由にさせています。

そして、勉強机で勉強している姿を期待しないことが前提で、学習デスクを買う、買わないを判断した方が良いです。学習デスクで勉強していないからと言って、買わなければよかった・・・と後悔してはいけないのではないでしょうか。

勉強も大切ですが、今しかできないお友達との関わりや遊びも大切です。もちろん、家庭学習も大切ですから、受験などで勉強しなければならない時期が来たときに、自分で意欲的に取り組んで、勉強の仕方が分かる・・・ように今は習慣づけだけはさせつつも、自分で勉強する意欲でデスクに向かう年齢がそのうちやってくるのではないでしょうか。

入学して最初のうちは、学習机を置くことで、自分の物の管理、整理整頓が出来るようにできれば十分なのでは?と思います。今はいろいろな考え方、ライフスタイルがありますから、なんでもアリなのかなと思います。学習デスクを買ってあげる理由もいろいろ。なんとなく、みんなの家にあるし・・・という感じで買っている方もいると思いますし。周囲に流されずに家庭の考えで買わないという方もいるでしょう。

学習机を買う=勉強を頑張ってね!と言う気持ちも無くも無いと思いますが、子供への押し付け、期待のし過ぎは禁物ですね、きっと。何事も・・・・。

 

学習机を買わないという選択をした場合には・・・

学習机を買わないという選択をした場合には、買わない理由など子供にもしっかりと説明して、納得してもらうことが大切なようです。お友達はあるのに、なぜウチは買ってくれないのか?そのような疑問も持って当然ですね。

小学生になると学習机の話をしたり、お友達の家に遊びに行く機会もあり、欲しいという気持ちも湧いてきます。そのときにどうするか?というのは、親の判断になりますが、一方的な価値観の押し付けになってしまうのは避けたいところですね。

 

小学校入学準備リスト(学用品類)費用はどのくらいかかる?

-小学校, 整理整頓, 育児

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.