水分補給を上手に!夏バテ予防の水ゼリーの作り方!

更新日:

 

 

DSC03673

人は夏の暑い日には、1日2ℓ~3ℓの水分を汗などで体の外へと排出しています。暑い日に限りませんが、私達の体を整える為には水分補給は欠かせません。

夏の水分補給でとる水分、補給の仕方は何でもいい・・・というわけにはいきません。カフェインの多い飲み物やアルコール類では利尿作用があるどころか、逆に脱水症状になる可能性もあります。

運動をする時には、スポーツドリンクを飲む事が多いですが、糖分が多いため飲み過ぎは注意が必要ですし、運動をしない時にはできれば避けたい飲み物です。

水分補給の基本は水、麦茶、お茶が理想的です。水分を適度な量でタイミングに合わせて取る事が大切です。

水分補給を怠ると起こる、脱水症状や原因とは?

夏など気温が高い時に体温も高くなり、汗によって体温を下げようと働きます。汗には水分が流れるだけでなく、塩分も含まれていて、両方が体から失われることで脱水症となります。

脱水症を放置してしまうと熱中症や熱射病となるそうです。

脱水症

水、電解質(塩分が水に溶けている)などの体液が汗によって失われてしまい、補給が追いついていない状態であると生じる症状です。脱水症の主な症状では、血液の量が減って、血圧が低下します。

体に必要となる栄養素が行き渡らなくなるため、老廃物などを排泄する力も低下してしまいます。さらに食欲減退や筋肉や骨などからも電解質が失われるために、脚がつる、しびれが起こるなどの症状が起こる事もあるそうです。

脱水症によって、いろいろな熱中症の症状が発症してしまうという事です。

 

熱中症

熱中症は気温が高い環境の中で起こる健康障害としての総称で、体の水分、塩分のバランスが乱れてしまうと体温調節が正常に働かなくなり、体温が高くなる、めまいが起こる、けん怠感、痙攣が起こる、意識障害などの症状が起こります。

熱中症は炎天下で起こるとは限らない!

熱中症というと日差しが強く、気温が高いと起こると思いがちですがそうとは限らないそうです。湿気が多く、気温が高い、曇り空、日中ではなく夜間、屋内などでも起こる可能性があり、体の熱を体の外に放出できない状態になればいつでも、どこでも起こってしまうので、室内にいても注意は必要なのだそうです。

最近も夜間、ベッドで眠っていたお年寄りや、30代、40代という年齢でも亡くなる方がいらっしゃるので、そんなニュースを見たときには寝る前の水分補給も欠かせない・・と思ってしまいますね。

 

水分補給は水だけではなく、塩分も!

水分補給をするときに喉の渇きを感じてから、一気に大量の水やお茶をゴクゴクと飲む方がいますが、オススメできません。

一気に水分が体に取り込まれると胃液が薄まってしまうため、消化不良になってしまい食欲も落ちてしまいます。水分補給をするときにはこまめに、少量(コップ1杯程度)が良いようです。

汗をかくと一緒に体の外へとナトリウムも排出されています。水分と塩分を取る方法としては、スポーツドリンク、経口補水液、麦茶や水の時には塩、梅干しなども追加して塩分を摂ると良いようです。

 

ナトリウムも不足すると筋肉痛、痙攣を引き起こしますが、過剰摂取するとむくみ、高血圧の原因にもなるので摂取量には注意が必要です。

スポーツ中の水分補給はタイミングがポイント

運動をする時には大量にナトリウムが失われるため、スポーツドリンクなどの100ml中に40~50mgのナトリウムが含まれているものがおすすめです。市販のスポーツドリンクは、糖分も大量に含まれているため飲み過ぎてしまうと、血糖値が上がり空腹感を感じにくくなり、食欲も涌いてきません。夏バテを引き起こしてしまいます。

清涼飲料水、スポーツドリンクなどは冷たい状態でも甘味を感じる場合には、かなりの量の砂糖が含まれている・・と思った方が良いようです。

また、スポーツをしている時には、水分補給のタイミングも大切です。「のどが渇いたな・・」と思った時には相当な水分が失われている状態と言っても良いです。スポーツの練習に励んでいると、水分補給を忘れてしまい注意が必要です。

スポーツをする30分前にコップ1杯の水分補給をして、15分~20分に1回、一口程度を補給していきます。

 

お茶で水分補給をするなら、効能にも注目!

お茶での水分補給をするなら、せっかくですから効能に注目してみましょう。

・緑茶

カフェイン、抗酸化作用、抗菌作用などがあるカテキンが含まれています。疲労回復、眠気覚ましが目的である大人にとっては最適な水分補給飲料になります。ビタミンCは風邪予防、ストレス解消にも◎。ただし、カフェインはあかちゃんや子供には不向きです。

・麦茶

カフェインが含まれていないため、赤ちゃんからお年寄りまで家族で飲むことができます。ピラジンという成分は、血液をサラサラにしてくれる働きがあるため、汗をかくことが多く血液がドロドロになりやすい夏にはおすすめです。

さらに詳しい内容はこちらにもあります。

美味しい麦茶の作り方と効能を知って、毎日健康、綺麗!

・ほうじ茶

緑茶を焙煎し、香ばしい香りがするお茶です。アミノ酸、ミネラル、フッ素、カテキンが含まれています。

・ウーロン茶

ウーロン茶にはウーロン茶重合ポリフェノールという成分が含まれていて、脂肪の吸収を抑制、分解をする働きがあります。利尿作用、興奮作用があり、カフェインも含まれています。

・紅茶

紅茶に含まれているテアフラビンが、緑茶カテキン以上に三株押し効果があり、カフェインによる疲労回復、覚醒作用があります。

・ジャスミン茶

ジャスミン茶のカテキンは、口臭予防効果があります。カフェイン、タンニンは覚醒作用、アルコール解毒作用、香りはリラックス効果があります。

 

水分補給を上手に!冷やしすぎない!朝と夜の1杯!

夏の水分補給は、冷たい飲み物が美味しいのですが、冷たい飲み物で水分補給をし続けていると、胃の粘膜の働きが低下したり、腸への刺激から下痢気味になったりと消化不良を起こしてしまいます。

冷蔵庫に入れたままにした飲み物よりも、冷蔵庫から出した5度~15度程度であれば、胃の負担を軽減して吸収しやすいです。

起きて活動している時に汗をかくのはもちろんですが、眠っている時も約200mlの発汗があり、体の水分を失っています。水分が不足すると腎臓にも負担が掛かりますし、血液もドロドロ状態になってしまいます。

体の調子を整えてキープするためにも、夜寝る前にコップ1杯、朝起きてからコップ1杯の水分補給が上手な取り方です。

塩分と水分をチャージする、手作りミネラルドリンクの作り方

・ぬるいお湯を1リットル準備して、塩3g、砂糖40g溶かす。

・柑橘類を絞って好みの風味づけをしてもOK

 

自家製のポカリスウェットな感じで、手軽に作れます。夏の水分補給はもちろんですが、急な発熱時の子どもの水分補給にも使用する事ができます。

実際に作ってみて実感できるのですが、砂糖の量が思っているよりも多いという事。日常的に市販のスポーツドリンクだけではなく、ジュース類をペットボトルで何本も飲むという事は・・・と清涼飲料水の飲みすぎは危険だなと思わされたりもします。

 

水ゼリーを作って、スイーツ感覚で水分とミネラルを補給

DSC03678

・ミネラルウォーターを80度以上に熱して、アガーを少しづつ入れながら素早くかき混ぜていく。

※アガーとは、主原料が紅藻の抽出物(カラギーナン)で、サラサラの粉状のものです。

・水500mlに小さじ10杯のアガーが目安で、アガーが少ないと固まりにくいです。

はちみつスプーン1杯、塩ひとつまみ入れると少し風味があって食べやすく、ミネラルも摂れます!

 

水ゼリーは選ぶミネラルウォーターで味わいが違う

ミネラルウォーターも軟水、硬水があります。軟水は日本の水と近いですので、一番クセのない水ゼリーになるようです。

硬水は、含まれているミネラルによって味わいに違いがあり、ナトリウムが多いとしょっぱさを感じますし、マグネシウムが多いと苦みを感じます。カリウムが多い場合には渋いなど、含有量によって違いを感じるので、作る時には含有量の偏りが無いか確認してみましょう。

 

水ゼリーをアレンジしてスイーツに

きなこと黒蜜と水ゼリーでわらびもちのように味わえば、たんぱく質もミネラルもビタミンも摂る事ができます!

水ゼリーを作る時にカットフルーツを混ぜれば、見た目も涼しげで色も綺麗。夏の果物なら桃やすいかなどがいいかもしれませんね。

ただしフルーツによってはゼリーのように固まりにくいものもあるようなので、缶詰の物を使用してもいいかもしれません。(缶詰のフルーツは必ず固まる)

 

上品な大人の味わいにも

夏に欠かせないビールも美味しいかもしれませんが、冷酒やワイン、スパークリングワイン、梅酒などに水ゼリーを入れてもお洒落で見た目も涼しい。

お酒の量を減らしたい・・・そんな時にもいいかもしれませんね。

いかがでしょうか?人の生命には欠かせない水分も様々です。水ゼリーのアレンジは無限大。毎日の麦茶も飽きてきたかも?と言う方はいろいろ試して、楽しんでみてはいかがでしょうか。

夏休みのちょっとした暇つぶしにもなりそうですよ。

夏は食事にも注意が必要!

夏バテしない食事!外食でも注意、食べ合わせが肝心!

-夏の過ごし方, 美容と健康

Copyright© My mind home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.