小学生の夏休み、共働き家庭の過ごし方で困ることとは?

更新日:

ついについに夏休みもスタートしていますが、毎日、何をして過ごさせたらよいものか?と悩ましいものです。そんな夏休みでも学童保育に通う小学生のフォローも大変ということで、注目してみます。

 

共働き家庭なら学童で過ごす夏休み

共働き家庭の場合学童保育で過ごす事になりますが、フォローするご家庭は学校がある時よりも大変な事も多いようです。

学校がある時は給食がありますが、学童に通う場合にはお弁当作りがあります。毎日の給食がありがたく感じられると思います。また、共働きであれば子供と接する時間も限られます。

これは共働き家庭でなくても大変と感じてるものです、自由研究や自由工作などのサポートに困る事が多いという事です。

また、夏休み中に過ごす学童保育でも、宿題を持って行って学習をさせようと工夫されると思います。この時の勉強内容やボリュームのコントロールも難しいと感じているようです。

実際に、そばてみていてフォローしているわけではないので、それは違った困難さもあるかもしれません。

 

夏休みの計画を立てにくい、遊びにつれていけない

共働きの家庭では両親が揃った休日とは限らない為に、仕事の都合でなかなか家族でのレジャー、遊びの時間が取れないというジレンマを抱えているようです。

 

学童保育以外で過ごす子供も半数はいる

近くに祖父母が住んでいると学童保育へは行かずに、過ごすようですし年齢が大きくなってくると自宅にいたほうが気が楽・・・と言う事で高学年の子供は自宅で留守番をする家庭も多いようです。

そうなると、自宅で日々子供だけで過ごす家庭は、共働き家庭の中で約半数にも上るそうです。

 

子供の年齢が大きくなると、働く家庭が多い

高学年になると自宅でお留守番ができるし・・・と子供に手がかからなくなったという事で、仕事を始めるママ達も多いです。

もちろん、幼児期のようにそばについていなくても、身の回りの事はある程度出来るようになります。小学校、中学生、高校生といろいろな事が出来るようになっているけれど、心は不安定な思春期の時期。

その時期に、完全に目を離してしまうと共働き世帯では問題行動が多い場合もあるそうです。とは言ってもそれが全てでは無く、子供の性格による部分もあると思いますが。

 

留守中の女の子を狙う事件もある

夏休み中になると自宅で留守番をする子供が多い事から、女の子がいる家庭を狙って乱暴する・・・と言う事件も起こっているそうです。業者などを装い自宅のカギを開けさせるなどが急増する時期があるようです。

 

留守番をさせるときには注意書きを残して

どうしてもお留守番をさせなくてはならない・・という状況もあるかもしれません。そんな時には、子供に分かる様に徹底した注意書きを準備しましょう。

・自宅の電話には出ない

・訪問者が来ても出ない

・火は使わない

・何かあった時、困った時は必ず親に電話をする

・万が一困った時には、ご近所のサポートを受けられるようにお願いし、子供にも伝えておく。

など最低限の注意書きを準備して、徹底して守ってもらうようにしましょう。

 

学童保育も就労時間によっては、入所できない場合もある

学童保育に行く方が安心・・・自宅で留守させるわけにもいかないけれど、パートなどの就労時間が短いために学童保育に入れない・・・という場合もあります。

特に子供が多い地区などは激戦で誰もでも入所できるわけではないと言う事です。

 

夏休みの利用の場合、どのくらいの時間学童にいる?

学校がある日は、放課後の数時間学童で過ごすことになります。しかし、夏休みとなると時間は1日のほとんどを学童で過ごすことになりますね。

親が出勤する時間に合わせて早朝7時半頃~夜の7時までと親の就労時間よりも長い時間、過ごしています。

 

共働き家庭同士で協力して、イベントを楽しむ家庭もある

共働きだから夏休みにイベントごとがない・・と言う事は有りません。共働き家庭だからこそお互いの事情を考慮して一緒に協力して、イバントを楽しむ事が多いですね。

7c9c91f13ad937550227e711f1174bbd_s

 

キャンプ、ピクニック、遊園地など様々な濃い内容の計画を立てている事が多いです。一緒に過ごす時間を大切にしたい・・と思う気持ちは専業主婦の家庭も共働きの家庭も同じですね。

 

-夏の過ごし方, 小学校

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.