夏休みのラジオ体操はある?無くなっている地域もあり、子供達も知らない?

更新日:

夏休みと言えば、カードを持って公園や空き地に集合、ラジオ体操が一日のスタート・・・というイメージですが、それはもう昔の事でしょうか。

子供にとっては朝早くから起きなくてはならないですし、面倒だなと思ったものですが今は、ラジオ体操をしている地域が減っているそうです。

 

ƒvƒŠƒ“ƒg

 

小学生の夏休みと言えば!ラジオ体操

私が住む地域ではラジオ体操まだやっています。と言っても、夏休みの1/3程度の日数で少な目ですが、息子にとっては初めての体験です。

夏休みにもお友達に会える・・・と言う事で、とても期待しているようです。

 

ラジオ体操っていつからやってるの?

ラジオ体操はその名の通り、ラジオから聞こえてくるNHKの放送によって行いますが、1928年に初めてラジオ体操が放送されたそうです。

日本人は世界的にみても小柄な体型である事から、体格を向上させるために誰でもできる(老若男女)体操として発案されたそうです。

調べてみるものですね、初めて知りました。体操で体格向上?には疑問はありますが、誰にでもできる体操というのはいい発想ですよね。

そして、このラジオ体操が夏休みに行うラジオ体操として、普及、定着し始めたのが1930年と言う事で、夏休みにも子供達が規則正しく過ごしてもらうためにスタートしたそうです。

 

私が子供の頃は、ラジオ体操をしていない地区、地域はないのが当たり前で、完全に夏休みの習慣となっていました。

カードのスタンプを貯めると最終日にプレゼントがある・・・というのも定番ではなかったでしょうか。

 

今は定番とは言えないラジオ体操

現在は習慣化されたと思っていた夏休みのラジオ体操も、行っていない地域、地区は増えているそうでうs。

ラジオ体操は学校で行っているわけではなく、町内会や地域の子供会によって運営されています。そのため保護者の尽力があってものものですが、共働きの家庭も多く負担となる事や、早朝の騒音とも言われ始めてラジオ体操をやめる地域が増えてきた・・・と言う事だそうですね。

夏休み中毎日行われていた地域でも、日数、規模を縮小しているなど様々に工夫して運営しているなどもあります。

 

 

ラジオ体操は、早寝早起きのリズムをつくれる

夏休みは学校生活から離れるので、自由ですね。特に時間の区切りがあまり無くなってしまいます。

そのため、寝るのが遅くなったり、起きるのも遅くなりがちです。生活のリズムを整えるには、早朝のラジオ体操はとても役に立ちます。

 

夏休みの特別感があって楽しいラジオ体操

負担であると言ってしまうと子供達の楽しいことをどんどん奪う事になってしまいそうです。ラジオ体操は早起きして子供達が集まる・・・という夏休みにしか体験できないワクワク感、楽しさがあるものです。

強制されている事ではないので、来ない子供がいますができれば、思い出になる経験は多い方がイイですね。

 

-夏の過ごし方, 小学校

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.