ハッカ油で虫よけスプレー、虫よけ軟膏を手作り!

更新日:

 

 

DSC_0220

夏になると困るのが虫。網戸や街灯に群がるので我が家の周辺は虫が多い(汗)そんなわけで、子供や大人も時々虫刺されがあります。

虫よけスプレーも子供向けのお肌に優しいものもありますが、我が家の場合はお肌にも、網戸などにも使いたいと思っているので、ハッカ油を使って虫よけスプレーを手作りする事にしました。

多くのサイトやブログなどでも紹介されていて、ジワジワと人気があるようですね。

 

ハッカ油の効果とは?

ハッカ油の香り⇒虫は大嫌い!

・ハッカ油の香りはほとんどの虫が嫌い・・と言う事です。虫の種類を具体的にあげていくと、ゴキブリや蚊、コバエ、ダニなど家の中から退治したい虫に効果的。

メントールに抗菌効果があります。

・神経を落ち着かせて、ストレス、眠気などの覚醒効果があります。

・人にもペットにも使える芳香剤としての消臭効果があります。

 

ハッカ油での虫除けスプレーの作り方

ハッカ油を使って虫よけスプレーを作る

準備するもの

・無水エタノール10ml

・精製水90ml

※お肌につける場合には精製水、網戸やお部屋などに使う場合には水道水でも良いです。水道水に含まれている塩素によってハッカが分解される恐れがあるためで、できるだけ精製水をしようする事をおすすめします。精製水はドラッグストアでも400ml程度で80円~100円前後で購入できます。

・ハッカ油2,3滴(お肌につける場合には、これ以上入れない!)

・スプレー容器

※スプレー容器の準備で注意:ハッカ油は油ですので、ポリスチレン「PS」を溶かしてしまいます。そのため容器はポリエチレン「PE」、ポリプロピレン「PP」、ガラス製のものを用意しましょう!

100円ショップなどにあるものでも十分です。

DSC_0221

 

ハッカ油を使った虫よけスプレーを作る手順

①準備した無水エタノールとハッカ油を良く混ぜます。

②混ぜ合わせた無水エタノールとハッカ油をスプレー容器に入れて、精製水も加えて良く混ぜます。

完成!(簡単すぎますね)

 

ハッカ油を使った虫よけスプレーを使ってみよう!

ハッカ油を使った虫よけスプレーは、使用する前にも容器をよく振ってから使用します。精製水をしようしている場合にはお肌に使用できます。

市販の虫よけ効果ほどは期待できないですが、ハッカの爽快感がとても気持ち良く使用感は夏向きです。

ボトルに入れて持ち歩いてもいいですね。

DSC_0222

 

ハッカ油の香りが虫よけ効果

ハッカ油の香りがある事で虫よけ効果を発揮しますが、香りが弱くなってくると虫よけの効果は無くなってきます。香りが無いな・・と思ったらスプレーをし直しましょう。

 

いろいろな場所で虫よけに使えるハッカ油スプレー

虫の予防、虫よけをしたい場所は、家の中にもたくさんポイントがあると思います。コバエが湧きやすい台所のゴミ箱や部屋の隅、玄関などです。

ソファやカーペット、布団などのダニも気になりますね。そんな布製品などにもひと吹きスプレーすると虫よけ効果が期待できます。

我が家では、虫よけスプレーが容器に入りきらない時は、こんな容器にいれて玄関に置いておきます。蚊や蜘蛛の巣など街灯の周辺に集まる虫を撃退します・・・笑

DSC_0223

 

ハッカ油の虫よけスプレーはペットにも有効

虫が気になるのは人間だけではありません。ペットにとっても虫は大敵です。自宅のペットのワンちゃんにも良いようです。

 

カラスもミントやハッカの香りが嫌い

虫よけスプレーと言う事で紹介してきましたが、住宅街のゴミ捨て場が近いお宅や電信柱や電線にいる事が多いカラスも実はミントの香りが苦手なんだそうです。

カラスも時にはゴミを散らかすなどやらかしてくれる事がありますので、スプレーしておけばよせつけないですね。

ベランダとかゴミ捨て場などにひと吹きしましょう。

 

汗で流れてしまうのが気になる・・・虫除け軟膏にしよう!

夏になると虫よけスプレーも汗で流れてしまう・・・という事も多いかもしれません。そんな時はハッカ油バームを作りましょう!ハッカ油とワセリンを使った軟膏です。

DSC_0216

 

ハッカ油バーム・軟膏の作り方

準備するもの

・ワセリン10g

・ハッカ油5、6滴

ハッカ油を使った虫よけバーム、軟膏を作る手順

ハッカ油とワセリンを混ぜ合わせて、密封容器で保存する。簡単ですね。少量づつ作り、1週間~2週間程度で使い切る様にしましょう。

都度作るようにしたほうが、お肌にも安心です。

混ぜるときにラップで混ぜてから、容器に・・・と思いましたが、混ぜにくいです。ワセリンが柔らかくないので扱いにくい。

DSC_0225

 

 

容器に直接入れて混ぜたほうが簡単でした。

DSC_0227

 

 

 

ハッカ油は数滴なので、見た目はワセリンと変わりなく、香りがハッカ油の香りになりました。

DSC_0226

 

蓋を閉めて完成!なんか大切に使いたくなります。

DSC_0228

 

ワセリンは、お肌の感想を防いだり皮膚を保護してくれるものです。ワセリンには白色と黄色のものがありますが不純物が少ない白色のものを使います。ドラッグストアに必ずあるもので、白色以外のものは見たことがないですね。

私はワセリン愛用していてアレルギーで肌荒れしやすいので、化粧水の後にワセリンをしようしてバリア機能の役目を果たしてもらっています。

保湿クリームなどの場合、どうしても科学成分が配合されていて敏感肌の私には不向きで、ワセリンに辿り着きました。

ですから、子供にも肌が弱い方でも安心のものですよ。

 

ワセリンの効果など詳しくはこちらから⇒敏感肌の保湿はワセリンが最適

 

注意!ハッカ油を直接お肌につけちゃダメなの?

スプレー作るのも、軟膏作るのも面倒・・・・直接つけちゃえ!とハッカ油をそのままつけたくなる気持ちも分かりますが・・・。

直接塗ると刺激が強いためにお肌が荒れてしまう場合もあるので、オススメできません。

また、虫よけとして使う場合でもそのままでスプレーする際に、肌に直接ふれてしまう可能性もあるので、そのまま使用する事は避けましょう!

 

こんな感じで、簡単に作れるものですのでこの夏の外出や自宅での防虫に役立ててみて下さいね。

ハッカ油で夏を爽快に!

 

 

-夏の過ごし方, 美容と健康

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.