夏休みの自由研究・虫とり、写真を撮る

更新日:

低学年でもできる自由研究で、虫取りはいいですよね。特に男の子なんかは、興味がありますし元気よく外で虫探しとか夏休みらしいです。

とは言っても、ママと一緒に行動するとなると虫苦手で困りますが。

 

珍しい虫を捕まえたり、昆虫の標本を作ろうと思うととても大変ですよね。時々、夏休みのイベントなどで標本の作り方講習会などもありますが、なかなか面倒です。

この際ですから、低学年でもできる簡単な作業をしてしまいましょう。この際、文明の利器を借りてしまいましょう。

 

デジカメでどんどん虫を撮影

おじいちゃんからもらった古いデジカメでよく写真を撮っている息子です。(古いから画質は良くないけれど・・)出かけるときには、いつでもデジカメを持ち歩いて、虫をみつけたらデジカメで撮りまくるというのはどうでしょうか。これなら、虫かごを持ち歩かなくてもいいですし、ママも一緒でも捕まえたり、触らなくていい 笑。

写真をとるだけだから、夏休みの長期間で何枚か撮れそうです。

f76e775b8bf4031749ac5ec2ec500683_s

 

できれば、蝶々や蝉など見た目にも分かるような綺麗な写真を撮りたいところですね。でも、そこは子供の自由研究です。この際、虫なら何でもありにすると、いろいろな写真が撮れると思いますよ。

アリとかダンゴ虫とか蚊もありです。ミミズとか、蜘蛛とか。

 

撮れた写真はノートに貼って、オリジナルの図鑑、日記に!

この夏休みにみつけた虫の写真をどんどんノートに貼っていく。この作業も低学年なら自分でできそうですね。

より自由研究っぽくするなら・・・

・いつ撮影したのか?

・どこにいたのか?

・お天気

・虫の名前(図書館で調べる)

・虫の特徴など(図書館で調べる)

などなどもノートに書くだけで、自由研究っぽい。たくさん見つけられるかがカギになるかもしれませんが。

 

一緒にやるとなると、それなりに行動範囲も広がりそう

虫取りもそうですが、この虫の写真を撮るという作業自体は、簡単です。一緒にやるとなると、見つけるまでが大変かもしれません。公園や空き地の草むらなどを歩き回る事になるので、暑い日はちょっと大変ですね。

運動もかねてやれそうなパパ、ママはぜひチャレンジしてみてはいかがでしょう?

-夏の過ごし方, 自由研究・自由工作

Copyright© My mind home , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.