ホットプレート活用でちょっとした特別感!夏休みにも使えるお昼ごはん作戦

更新日:

我が家はアウトドアではなく、インドア派です。なので、外でバーベキューとかしないし、バーベキューセットとか持っていません。でも、子供って外で食事をする事は一つのイベントですし、楽しいものですよね。

そんな我が家はインドアならではで、ホットプレートを活用します。焼き肉をして食べる事もありますが、やっぱり気になるのは匂いですよね。

窓を空けて匂い対策をして焼き肉をしましたが、うん、やっぱり匂いが残ります。そんな時は、焼肉はあえて却下してしまって、メニューはシンプルにしてしまいます。

 

フライパンで作るような簡単なものをホットプレートで焼く

簡単な目玉焼き、ウィンナー、ベーコンなどを焼いたり、キャベツやもやし、ピーマン、人参などを焼くだけでも子供は喜んでくれますよ。朝食メニューみたいな簡単なものでも、目の前で焼いているのを見ているだけでも楽しいみたいです。

休日になるとやっていたのですが、そういえば、夏休みにも使えるかも?!と思っています。

 

もちろん、定番の麺類もOKですね。

焼きそば、茹でたパスタを用意してナポリタンもホットプレートで作ると子供は喜んでいます。そして焼うどんもいいですね。

 

お好み焼き、もんじゃ焼きももちろん◎

息子はお好み焼きも大好き。ってことで、鉄板料理の定番として、お好み焼きも欠かせません。お好み焼きは材料もある物を加えればオリジナル感が出ますし、簡単に作れるので夏休みのランチにプラスしておきたいですね。

 

1abf151bfe30ac26ba879cce43c57cfe_s

 

パンケーキ、ホットケーキ

おひるごはんだけではなく、おやつにもホットプレートは活躍してくれますね。クレープなどもいいかもしれません。

学校から帰ってきた子供達にクレープの準備・・とかは慌ただしくて無理がありますが、夏休みなだからこそできる・・・ってことでチャレンジしてもいいですね。

 

一緒にお手伝いもしてもらえる!

ホットプレートを使った料理なら、一緒に作る楽しさもありますし、お手伝いをしてもらう事もできそうですね。美味しく食べれるだけではなく、お手伝いも加われば一石二鳥です。

 

お餅を焼いてもいいし、餃子もOKです。とにかく焼ける物なら何でもいいですよ。野菜とかあまり食べてくれない息子もホットプレートで焼くとモリモリ食べてくれるので、ホットプレートの威力を実感しているところです。パーティー気分を味わえるのでおすすめです!

 

-夏の過ごし方,

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.