夏休みの過ごし方、小学生の遊び何がある?

更新日:

梅雨が明けて暑い日が続くな・・と思っていたら気が付けば夏休み。

夏休みの予定、計画はお決まりですか?子供たちは約1か月も休みだなんて、とてもうらやましいものですが、ママにとってはどう過ごせばいいのか?と今から悩みの種ではないでしょうか。

夏休みだから旅行やイベントごとは盛りだくさんですが、1か月のうちの数日程度です。そもそも、夏休みのほとんどが自由時間であり、予定を埋めるのは困難ですね。

家族揃ってお出かけの日以外の予定が問題です。そして、低学年などで多いのが日記です。絵日記などの学校もあるでしょうか。

毎日の日記をつける事になるので、日々の予定、計画、過ごし方はある程度決めなくてはなりません。【今日も家で遊びました。】と日記に毎日書かれて、何もしていない日が続くのも・・・と先輩ママの話で聞いても、日記があるからダラダラと過ごさせることができない・・・とも言いますね(笑)

そんな、毎年やってくる長期休みである「夏休み」の過ごし方についてまとめてみました。

 

遊びだけじゃない!夏休みの過ごし方でより充実させる!

夏休みは長いなーなんて思ってダラダラと過ごしてしまうと、あっという間に過ぎ去ってしまうものです。有意義な夏休みにするためにも計画を立てるのがおすすめ。

もちろん、小学校でも計画表などが配られますから、ぜひとも一緒に楽しく計画を立てたいですね。どんな小さな事でも、その日にやる事を決めておけばメリハリがつきます。

そして、子供たちの気になる事・・・と言えば宿題や夏休みの自由研究、自由工作の課題です。これも早めに計画を立てておかないと、最後にあわてて中途半端に取り組む事になってしまいます。

事前に下調べはしておいた方が良いのかもしれませんね。

 

夏休みの過ごし方と言えば・・基本のラジオ体操で1日をスタート

夏休みと言ったらラジオ体操ですよね。朝の6時半には近所の小学生や、保護者やお年寄りも集まって体操をしますね。

私が住む地域でもラジオ体操はあります。と言っても、1か月間のうち約2週間程度です。ひとまず、ラジオ体操も一日の出来事の一つですからできるだけ参加させたいですし、早寝早起きの生活習慣、リズムをキープできます。

ラジオ体操についてはこちらの記事も参考になります。

夏休みのラジオ体操はある?無くなっている地域もあり、子供達も知らない?

 

夏休みの過ごし方のポイント!宿題の時間を確保!時間を決める

夏休みの過ごし方で親の立場で気になるのは、何と言っても宿題や勉強です。この宿題を後回しにしてしまうと、夏休みの最終日目前ギリギリになって必死になってやる子供もいるかもしれません。

ここは、やっぱり親のサポートが必要かもしれないですね。できるだけ、毎日宿題や勉強をする時間を決め、一定のリズムで夏休みの習慣化するのが理想的かもしれません。

ラジオ体操が終わってから、朝食の後、など午前中の涼しい時間にお勉強タイムを設けたいですね。

 

夜の睡眠にも影響する!夏休みも適度に運動を!

夏休みにだらけて体を動かさない日が続くと、夏バテしてしまいそうですし、夏休み明けの学校生活もうまく軌道に乗せる事ができそうもありません。

毎日・・・とはいかないかもしれませんが、適度に身体を動かして運動する事が大切ですね。

海、公共のプールで運動にもなる水遊びを満喫

海やプールも夏休みになると必ず事故がありますね。家族で楽しむために行くはずが悲しい事故に合わない為にも親は目を離せない・・・遊びの一つですね。

息子も今年は海に行ってきました。この夏休みに行きたいところ・・・というのが海と言う事で行きましたが、先週も2回目の海に行こうとしたら【もう行かなくていい!】と・・・なぜ?海はしょっぱい、砂で汚れる、暑い・・・そうです。

それが海の良さ、自然の良さなのですが。街中に住んでいるとこうなるんですよね。自然が苦手。

そうなるとプールです。最近はレジャープール的な感じで、公共のプールでもウォータースライダーや幼児用のプールを併設している事が多いですね。身近なプールについて調べてみると、結構良いものが見つかります。料金も公共施設や民間施設でも100円~500円程度なので週1回、2回なら良いかもしれません。

公共の体育館を借りる

体育館は個人で利用する場合には、利用料金が100円~300円前後です。団体利用で貸切にしてしまう・・・という手もありますよ。団体利用であれば1時間あたり500円~4000円程度なのですが、何人か集まって利用すれば人数が多いほど低額で利用できます。

利用施設の広さによって料金は違うので、少人数なら規模に応じてそれなりに抑える事も可能ですね。

実際のところ、この人数集めが大変な場合もありますが、お友達が集まれば子供達は自分で遊びをみつけるもので、幼稚園~低学年であればおすすめです。

 

夏休みの過ごし方で困る事の一つ、外出による出費

夏休みにしかできない事・・・というとついつい、水族館、博物館、テーマパークなどレジャー施設に行かなければ!と思いがちです。しかし、張り切って外出しすぎるとみるみる、お財布からお金が無くなってしまいますよ・・・。

家計を預かる主婦としては、夏休みも無駄なく節約生活を実行したいところです。夏休みにしかできない事は、自宅でできる事もたくさんあります。一緒にお菓子作りをしてみたり、花火をしたり、庭でしゃぼん玉も楽しめます。

夏の暑い日、時間帯はなんだかんだ言っても屋外で過ごすのは体力を消耗してしまいます。そんな時間を有効利用するためにも家遊びを充実させてみましょう。

 

小学生、夏休み中の暑い日の家遊び

子供の頃何してたかな?って思い浮かべてみてますが、家にいると工作、絵を書く、おもちゃで遊ぶなどしか思いつきません。私が子供の頃にもファミンコン(元祖)がありましたが、ゲームもしてたような気がします。

ラジオ体操に行くと近所の同級生と会うので、遊ぶ約束をしてきて誰か家に集まったり、お邪魔したりしてたかな。

そう考えると、息子にも当てはまるような気がします。

 

 

シャボン玉

7d4f996bb02fa4ad8304345836441dfe_s

シャボン玉なら100円ショップで買ってきたもので十分遊べますし、なんなら食器用洗剤でもできてしまいます。いろいろな形で吹いてみるなど、ストローを改造して工夫するのも楽しいかも?!しれません。

 

 

 

水鉄砲

ca3e531f3df67210b91ca418cd88e43a_s

水鉄砲も100円ショップにあるし、トイザラスに行くと5メートル、10メートルも水が飛ぶ水鉄砲があります。庭でやるには小さ目が良いと思いますが、手軽に暑くても、濡れても楽しい夏休みならではの遊びですね。

住宅地の中の庭でやる場合には、ご近所の洗濯物を濡らさないようにする…ことに注意が必要ですが。

さらに、あえて水鉄砲を手作りしてみる・・・というのもいいかもしれないですね。夏休みの工作にもなります。

bd46e8a560691ffca9b9da5245fa2abb_s

昔ながらの竹筒で作る水鉄砲は、風流な感じもして素敵ですが、何と言っても都会暮らしの方は手に入らないw

我が家も田舎ですが、そこそこの都市ですから手に入りません。流しそうめんをするときにインターネットで通販する時代ですからね。確か、1本3000円くらいだったと思います。高いですね。

現代ならではの代替えで、ペットボトルとかで作れそうですよね。

そうしたらですね、いいのみつけました。
勝手に共有させてもらいます。(問題あれば連絡ください!)
ペットボトルで水鉄砲作ってます!これいいかも!動画にコメントしてる方がいますが、同感です。

ペットボトルで水鉄砲の作り方動画(拝借)

 

水風船

0110b4be4ddd8ce7f84841309e3d7236_s

 

夏のお祭りの定番でもある、水風船もいいですね。実際に去年の夏休みにやりましたね。かなり喜んでバンバン遊んでいたのですが、すぐに飽きてしまいました・・・。

でも、ちょっといつもと違う事をするなら手頃でピッタリです。

 

さすがに小学生ではビニールプールは入らない・・よね?!

幼稚園の頃なら定番の遊びだった、庭でのビニールプールも小学生はもう入らないよね?!そんな使わないビニールプールに水風船でも浮かべて、水鉄砲して遊べばそれなりに家で涼しい遊びができるんじゃないかな?

って思いましたが、小学生の男子数名集まると騒々しいんだよな・・・・。

 

ホットケーキ、パンケーキ作り

cb9f8ab6c887a2df9e8b3fa7e7b9b292_s

 

ホットケーキ作りとかもいいですね。お料理女子、お料理男子にしてしまいましょう。息子もお料理のお手伝いはしたがる方なので、ホットプレートを出してきて(←これが案外面倒だったりするけど)楽しみながら焼きたいですね。

型枠などを買ってくると面白いカタチにできていいかもしれません。

手づくり石鹸も、粘土感覚で遊びながら作れて自由研究になります!

子供の自由研究にも使える手作り石鹸の作り方!

 

博物館や水族館へ行く

博物館にも様々なテーマがありますね。昆虫専門の博物館や自然や歴史の博物館、古代の博物館などなど。とは言っても博物館にも規模や料金が様々なので、場合によってはテーマパークの入場料と変わらない場合もあり、お金の掛かる遊び・・・でもあります。

近くに博物館があるのですが、様々なテーマでイベントをしたり、息子が好きなコーナーがあるので何回言っても楽しんでいます。有料ですが、数百円程度で済むので困った時の遊び的な位置づけです。

 

体験教室やイベント参加

夏休み向けに様々な教室で体験レッスンをしたり、イベントを開催しています。息子もお友達が一緒にいれば意外と積極的になるもので、夏休みを利用して習い事教室の体験や短期教室などに参加しています。

夏休みに一時的に体験を受けるだけで終わってもOKですし、子供が興味を持てばその後も入会したり継続することもできます。キッカケになる場合もあるのでおすすめです。特に体験などは無料~500円程度で受けられるのでお得な場合が多いです。

夏休みの工作や自由研究向けのイベントもあります。題材がなかなか見つからないし、親だけのアイディアにも限界を感じる場合もあります。特に低学年のうちはある程度協力できる範囲ですが、高学年になると本人の興味も十分に考慮する必要がありますから、イベントなどがある場合にはフル活用するのも手ですね。

もちろん、年齢に応じたイベントが様々に開催されていて、人気ジャンルになると予約が必要になり、すでに定員でいっぱい・・・と言うのも多いです。そのため、夏休み前にはできれば事前にチェックして予約を入れて、夏休みの予定を埋めてしまうのがおすすめです。

それでも、定員に達していないイベントや飛び込み参加OKのイベントもあるので、情報誌やパンフレットは収集、保管しておくと良いですよ。

 

図書館を利用する

読書をする・・・これって子供にとっても大切ですね。また、夏休みには図書館でもイベントを開催している場合があります。読み聞かせをしてくれたり、工作や自由研究に使える本の推薦コーナーも併設されたりとおすすめです。

 

11f29dab7e77420e716836634eb0eb3a_s

 

何と言っても無料で利用できますし、涼しい・・・いいですね。小学生は国語力には読書が欠かせない。小学校でも学習塾でもとにかく読書量は重要視されています。

 

学習教室やスイミングなど習い事の夏季教室に参加させる

入塾、入会のきっかけにもなる習い事教室の夏季講習、夏季スクールも人気が高いですね。短期間だけですから、子供も興味がちょっとでもあれば体験できます。

学研でも夏の特別教室があり、この夏通ってみる予定です。実際に体験してみると、子供も雰囲気が良ければその後も続けていこう!と思えるようですよ。

スイミングも短期教室は夏休みだけではなく、冬、春などの長期休暇に実施している事が多いですね。夏の暑い日のプールはとてもいいかもしれません。

 

音楽練習室で楽器に触れる

公共の施設利用で体育館などもそうですが、音楽ホールなどに併設されている練習室なども、実は借りる事ができます。すでに音楽に精通してる人が引率する必要があると思いますが、練習室もやはり規模が様々で500円~10000円、ホールももちろん借りれます。

時間も午前のみ、1日など様々です。平日と休日利用で料金が違う場合もあります。

そして、楽器なども借りる事ができて、1回数百円~2000円前後です。自宅では防音設備が無いと思い切り楽器の音を鳴らせないですから、既に習い事をしていてセッションをしたい、合奏をしたい・・・と言う方にはおすすめです。

特に児童が利用する場合には割安料金になる場合があります。

もちろん、楽器は繊細なものなので、レンタルする場合には取扱いは要注意です。経験がある人がいないと厳しい場合もありますし、利用目的の団体が不明だと利用できない施設もあるので、事前に確認してみましょう。

 

最後に・・・

いかがでしょうか?公共の施設って利用する事が少ないのですが、調べてみるとやはりお得感があります。知っている人は結構利用しているのですよね。ついつい民間の商業施設に頼ってしまいがちですが、公共の施設利用は節約にもつながります。

と言う事で、まだまだ夏休み長いですね。避暑地に行けるくらいな家庭でしたら、悩まないのかな?でも、子供はすぐ飽きるんですよね。ってことで、いろいろな事をして過ごしてみましょう。

 













-小学校, 育児, 自由研究・自由工作

Copyright© My mind home , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.