アレッポの石鹸って何?実際に購入してみました。

更新日:

純石鹸ならどんな用途にも使えるよ!

という記事を更新しました⇒純石鹸のすすめ!石鹸を使えばあらゆる洗剤の断捨離に

生活に必要な洗剤ってとても多いもので、それぞれに使い分けをしていると切らさないように買い置きしたり切れたら、買いに走り・・・と洗剤を買い足す生活をしている事が多いと思います。

洗浄できれば良いわけで、体や髪の毛を洗うときに皮膚に害がないものであれば、きっとあらゆるものにも害はないはずです。

髪の毛や顔を洗うときには、洗浄力が強すぎない事が理想的とも言えて、洗いたいけれど洗浄力は弱め・・・という満たすには容易じゃないものが必要となります。

万能石鹸として、日本で人気が高いのがアレッポの石鹸です。アレッポの石鹸で洗顔、ボディ、ヘアシャンプー、食器洗い、衣類の洗濯、水回りのお掃除までできてしまう・・・というものです。

 

アレッポの石鹸とは?配合成分は?

簡単にいうと化学物質が配合されていない石鹸であるというのが、アレッポの石鹸です。アレッポは地名でシリアで作られている石鹸です。シリア産と記載されています。

シリアが石鹸発祥の地とも言われています。

アレッポの石鹸とひとことで言っても、各石鹸メーカーから商品化されているものは多数存在しています。日本国内での流通量も多く、通販サイトなどでも「アレッポの石鹸」「アレッポからの贈り物」と言う石鹸の2種類が一般的です。

私が購入したのは「アレッポの石鹸」です。

アマゾンで購入しました。

DSC_0201

数千年の歴史、伝統がある石鹸であり完全無添加のせっけんとして有名です。私は石鹸の魅力について詳しく知らなかったのですが、節約系のムック本をみていたらこの石鹸を使う事であらゆるムダな洗剤の購入を省いているご家庭が紹介されていました。

アレッポの石鹸はオリーブ(シリア産)、ローレル(月桂樹)を原料として作られています。そして、化学成分は一切含まれていない石鹸です。

昔と同じ製法である鎌炊き製法でつくられ、アレッポの多くの石鹸工場で作られる石鹸にも品質の違いがあるようです。

 

配合成分の記載では・・・

オリーヴ油、苛性ソーダ、水、月桂樹油、オーガニック原料使用

 

ローレルオイル

アレッポの石鹸に配合されているローレルオイルは、たくさんの実から少量しかオイルは採れません。

そのため、非常に貴重なオイルで現地では高価なオイルです。アレッポの石鹸でもローレルオイルの含有率が異なり、エクストラ40、ノーマル、ライトがあります。

 

オリーブオイル

オリーブオイルは化学農薬や化学肥料などを使用しない、自然栽培でつくられたオリーブを使用しています。

オリーブオイルが配合されているアレッポの石鹸は、乾燥後は茶色い色になりますが、作り立ての時はグリーンの色をしています。

そのため、自然乾燥後にカットしてみると中のほうがグリーンです。

 

それぞれローレルオイルとオリーブオイルの含有率の違い

アレッポ エクストラ40⇒オリーブ約50%・ローレル40%

アレッポ ノーマル⇒オリーブ約79%・ローレル8%

アレッポ ライト⇒オリーブオイル約98% : ローレルオイル 2%

 

仕上がりの面では大きな違いが無いものの、お肌のトラブルや乾燥などが気になる方は、エクストラ40がおすすめで、実際に購入した方々のリピートもアレッポの石鹸ではエクストラ40が圧倒的なようですね。

 

 

DSC_0210

実際にカットしてみると思っている以上にグリーンです。濃い抹茶みたいな色。

綺麗にカットできず、失敗しました。たぶん、すぐにボロボロに砕けます 笑

 

 

アレッポの石鹸の使用方法は?

アレッポの石鹸も、ドラッグストアなどで販売されている石鹸も基本的には通常の固形石鹸と同じ使い方です。

タオル、スポンジなどでしっかりと泡立てて洗います。洗顔で使用するときには、キメ細かい泡立ちのためにもこんにゃくスポンジがおすすめのようです。

アレッポの石鹸は、ドラッグストアで購入できる一般的な石鹸と比べるとかなり大きめのサイズ(厚め)です。そのため、カットしながら使いやすいサイズで使う事をおすすめします。

 

アレッポの石鹸の保管方法とは?

アレッポの石鹸は一般的な石鹸に含まれている凝固剤、発泡剤(泡立ちをよくするもの)は含まれていません。

そのため、枠練製法で作られている石鹸は天然のグリセリンが多く含まれています。このグリセリンが水分を引き付ける性質があります。

(お肌にとっては保湿効果が期待できる成分でもあります)

 

湿気が高い場所に保管すると石鹸が水分を含んで柔らかくなってしまうため、湿気を避ける事がポイントです。

手洗い場などの使用中の石鹸でも、水が溜まった状態で放置すると溶けやすいので水きれの良い容器などに保管します。風通しの良い環境が理想的ですね。

 

アレッポ石鹸の香りは・・・

アレッポ石鹸は余分な添加物が配合されていないので、化粧せっけんのようなシャボン、フローラルなどのような香りはありません。

独特の香りで良い香りとは言えませんね。オイルが主成分なので、オイリーな匂いです。そのため、好きな方はほぼいないと思いますが、許容できるかどうかは個人差があるかもしれません。

私は、臭いに鈍感なところがあるので特に気にならない匂いです。大丈夫・・・と言う感じでしょうか。

 

アレッポの石鹸の泡立ちは?

アレッポの石鹸を使用してみると、市販されている一般的な石鹸と比べるととても泡立ちは良い方ではありません。そして、石鹸もとても溶けやすいと感じる方が多いようです。

石鹸を置いておくと表面がとても柔らかくなります。枠練製法で石鹸が作られるまでの過程では、天然グリセリンが豊富に含まれています。グリセリンとは保湿成分の事で、その影響から石鹸の溶けやすさにも影響しているようですね。

保管状態にもよりますが、しっかり水分をきってから風通しの良いところに置くことがポイントです。

 

アレッポの石鹸で内履き洗い

アレッポの石鹸はなんでも使えます。息子が学校から持ち帰ってくる内履き。かなり真っ黒になってきますが、アレッポの石鹸をできるだけ良く泡立ててゴシゴシ洗っています。

汚れがひどいときは石鹸で直接こすり洗いをして、さらにブラシでゴシゴシ。綺麗になります。

とにかくあらゆる生活シーンで使用できる石鹸ですね。

 

-石鹸

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.