初めての宿題と家庭学習のやる気を出させる方法とは?

更新日:

d43925ad1bf2a44b46b2f388767c9b82_s

 

小学校に入学すると、毎日宿題があるよ・・・と言う話を聞いていました。入学してから学校生活にも慣れてきて、今月に入ってから宿題が出るようになり、毎日あります。最初は国語だけ宿題が出ています。音読やプリントなどです。

宿題をする時間は、息子が下校してきて近所の同級生と遊ぶ約束をする事もあるので、帰宅してからやっています。夕食の前には終わらせるようにしています。夕食、お風呂に入ってしまうと一気にその日の疲れが出るようなので、早めがいいかな・・と。

初めて宿題が出た日は、嬉しそうに「今日ね!宿題があるよ」って報告してくれました。何と言っても息子にとっての小学校情報は、ドラえもんです。のび太君みたいに0点を取らないように・・・宿題を忘れないようにするという意気込みです。これが不思議なことなのですが、出木杉君を見習うわけではないのですよね 笑

出木杉君みたいに何でもできるようになるぞ!!って意気込んでほしいのは、勝手な親心なのでしょうね。子供も出木杉君みたいな子は、稀である・・・・と言う事をもう知っているのでしょうね。というわけで、のび太君のようにはならないぞ!という感じで、反面教師にしているようです。

教育委員会(市の)からも家庭学習をしましょう!という内容の冊子のようなものを、学校から配布されました。でも、家庭学習って大切ですよね。

家庭学習は短時間の集中が大切だという事です。

 

 

家庭学習は長時間よりも短時間で集中!

家庭学習を身に着けるために、そもそも勉強とは一体なんなのか?と言う事を知る必要があるかもしれません。集中できないで長時間やる勉強よりも、集中して短時間やる勉強の方が質が高いという事です。短時間で一定のボリュームで勉強を進めていく事です。

 

短時間で勉強をこなすためには、最初の内は集中力を身に着けるトレーニングが大切なのだそうです。子供は家にいれば、テレビにゲーム、おもちゃなど気が散るアイテムが満載です。集中して!と言ったところで、すぐに集中モードに切り替えられる子供は少ないはずです。

集中させるには、サーッとやってしまえば終了する!という成功体験をさせる事が大切なようです。確かに、今息子の宿題は10分も掛からないくらいのボリュームです。休日になるとちょっと追加があるのですが、時間を分けて取り組めば短時間で完了できる内容です。

そして、プリントなども意外と短時間で終っちゃうので、物足りない感じもあるようです。それこそが、やる気を引き出す大切なポイントのような気もしてきます。

よくある、無料アプリで途中までゲームをしたら、簡単すぎてもっと難しいレベルでもっとやりたくなる!・・・みたいな、課金・・・みたいなね。そんな感じに近いのではないでしょうか。

 

そのため、難しい問題をジックリと学ぶ・・・と言う勉強はお勧めできないのだそうです。思考力を磨く・・・という目的もあるかもしれませんが、応用問題などでつまづいてしまうと成功体験ができないままになってしまい、達成感が得られないからでしょうね。

 

1年生の学習でつまづきやすい内容とは・・・

・漢字

カタカナは直線的なので簡単に覚えやすいようですが、漢字は書きとりを繰り返しできるかが勝負のようです。

・繰り上がり、繰り下がりの計算

例のさくらんぼ算ですね。計算問題を繰り返しやって徹底的に鍛える事が大切。

・文章問題

算数などで応用問題として、文章問題は難しく感じるようです。順序よく、理論的に解釈する事が出来なければなりませんし、答えを導き出すための計算方法を自分で見出さなければなりません。

私も苦手だった様な記憶があります。(1年生の頃・・というより小学生の頃ですね)

国語の学びが大切なようです。

小学生1年生の国語、勉強法とは?音読に力を入れている理由とは?

 

スムーズに家庭学習、宿題に取り組ませるにはどうしたら良い?

子供が入学してから急激な成長を感じて、関心している私ですが関心しているばかりではいけないようです。成長する子供と一緒に親も成長する事が必要。05bd16c3a61ce83204178d4febdca761_s

親も子供に育てられると言いますものね。親が強制的にやらせたり、教えたがるのはいけないようです。口と手は出さないが鉄則です。興味のあるもの、やる気、欲しているものについてを察知する事が大切だそうです。

そして、その環境を整えて用意してあげる事・・・と言う事ですね。あくまでもやるか、やらないかの判断は子供がする・・・と言う事でしょうか。

よく親がレールを敷くみたいな言い方をするものですが、レールをこっそり準備しておいて親が準備したものとは知られないように子供が自分でレールを歩き始める・・・と言う事でしょうか?

ちがいます?うん、ちょっと違うかもな。レールほど長いものを敷かない方がいいのかもしれませんね。これも違います?

私はこのように解釈してみました。

 

集中とリラックスは家庭では一体

集中力を高める為には、日頃の家庭がリラックスできる状態である事が大切だそうです。集中力を発揮するためにはリラックスできる時間がしっかりある必要があると。

宿題をしなさい、部屋を片付けなさい、勉強しないと!などと家庭にいる時間に浴びせてしまう言葉が多くなると子供にとってはとてもリラックスはできませんし、やる気は減退しますね。

 

例えば、上司が細かい事まで口出ししてくるとイライラしますし、ストレスになりますよね。子供も一緒と言う事でしょうか。子供も緊張感を感じる時間が増えてしまうとやはり有害なのですね。

-小学校, 育児

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.