クレジットカードのポイント活用術でお得に!

更新日:

生活のためにはどうしても出費はあるものです。同じ金額の物を購入するとしても、できればお得に使いたいものですよね。

消費税Upはストップできませんので、UPしただけ節約・・・

そこで、注目はクレジットカードのポイントです。

 

130590

 

 

お得に上手に買い物をするために、クレジットカード活用のポイントについて調べてみました。

 

ポイント還元率の高いカードをメインに使用する

ポイント還元率は一般的には0.5%と言う事が多いですが、中には1.5%、2%というカードも存在しています。

この還元率の高いポイントをメインカードとして使用する事で、還元額を上手に次の買い物に使いましょう。毎月、3万円程度のクレジットカード使用がある場合には、年額で1800円~5000円程の還元が可能となります。

当然の事ですが、大きなお買いもの、まとまった出費がある時にはぜひポイント還元したいところですね。

 

クレジットカードの優待も有効活用

クレジットカードの種類によって、優待サービスが付与されているものもあります。ポイント還元率がUPする店舗や優待が受けられるなどの場合には、利用頻度が高いほどお得に利用できます。

このようなカードはサブカードとして利用すると良いですが、カードを作りすぎてサブカードが増えてしまうとポイントが分散してしまうので注意が必要です。

 

カード利用明細のチェックはこまめに

クレジットカードの利用明細は、その月の利用額がまとめて記載されるので、支出を知る便利なものです。今は、店頭だけではなく、インターネット通販などの利用もあるため、思っているよりもクレジットカードの利用は増えています。

また、店舗利用以外でも不正で情報を抜き出されてしまう事もあるため、不正利用がないか?などはしっかりとチェックしましょう。

さらに、月額サービスなどの支払もカードで行うケースが多いですが、すでに利用していないのに引き落とされている・・・というものも無いかチェックして、サービスの中止、退会処理を行いましょう。

 

 

今持っているカードの優待サービスや特典を把握しよう!

クレジットカードを持っていても複数持っていると、特に区別する事無く利用している人も多いかもしれません。また、自分が使用しているカードにどのような優待特典があるのか?を把握していないということもあるのではないでしょうか。

ショップや施設利用で◎◎カードを持っていますか?◎◎カードを利用するとお得ですよ!と確認してくれる事はほぼないと思います。sのため、今持っているカードの優待特典を確認しておくことも大切です。

 

キャンペーン、ポイント2倍などの時にまとめ買い!

キャンペーンをしている時や、インターネット通販サイトなどでもポイント◎倍!などがあります。こんな時に購入する予定の物をまとめて使用する事で、還元率もUPできます。

 

 

理想的な所持カードの枚数とは?

 

・集中的に利用するメインカードを1枚持つこと

還元率が高いカードで1.5%以上のものが理想的です。出来るだけ、メインカードを利用する事で、お得度も高まります。

 

・サブカードは2~3枚程度持つ

還元率は1%以上が理想的で、年会費は無料である事が原則!

枚数は3枚程度に留めておき、これ以上持つとカード管理、カードのポイントが分散するリスクを抱える事になってしまいます。

ライフスタイル、行動パターンを見つめ直してみて必要なカードをチョイスしましょう。

 

ポイント還元のために公共料金の支払いもカードで

ポイント還元のためにも、できるだけポイント還元率の良いカードを1枚に絞って使用する事がおすすめ。そこで、ポイントを貯める事が目的ですが無駄遣いはもちろんしない。

なんでもカードの支払に頼ってしまっては、節約どころではなくなってしまいます。無駄遣いを防止しつつ、ポイントを貯めるために水道料金、電気料金、ガス料金、通信料、保険料などの定期的に必ず支払いがある公共料金の支払いをカードに切り替えてしまいましょう。

最近はスーパーなどのちょっとしたお買い物でも、クレジットカードの利用ができます。生活に必要な支出は最低限に抑えつつも必要な支出にはポイントを還元してもらう・・・。

 

カードを上手に利用するために

無駄遣いを避けるためには、クレジットカードでの購入から支払までの期間を短くする事です。支払いまでの期間を(分割やリボ払い)長期にしてしまうとお金の支出管理が難しくなってしまいます。

手数料がかからない支払方法
1回払い
2回払い
ボーナス一括払い
手数料がかかる支払方法
3~24回の分割払い
ボーナス2回払い
リボルビング払い

 

クレジット払いのお金の管理のためには・・・

クレジットカードの利用はとても便利で、インターネットでの支払はクリック一つで支払いが完了してしまいます。そのために、カードを利用した買い物を忘れがちです。

今月の支払、来月の支払と管理できているでしょうか。お金を管理するならば、クレジットカード払いのための管理は、別口座にするのがおすすめです。

生活資金口座とクレジット引落口座を分けていれば毎月のお金の管理も楽になります。もっと言えば、クレジットカード払いの額を都度移動させていれば徹底できるでしょう。

忙しい日々の生活ではひと手間なので、なかなか難しい方もいらっしゃるかもしれませんが、メモを残しておくだけでも支出を把握できます。

 

-お金と節約

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.