大人ニキビと思春期ニキビの原因違いは?解消する洗顔方法

更新日:

思春期の頃にもニキビって嫌なもので、大人になれば治まる・・・と思っていても実際大人になってみると「大人ニキビに悩まされている」っていう方は多いものです。

ニキビ=青春のシンボルとも言われますが、思春期の頃にニキビが無くても大人になって、ニキビができるようになった・・・という方もいます。

私も大人になってニキビがひどい状態になると、メイクでごまかそうと必死になりますが、逆に悪化させてしまいました。ちょうどストレスを感じていた時期でもあり、肌は荒れ放題になったことも多いです。

 

4f57ee350bb307deee342dfdca0e7afe_s

 

そもそも思春期ニキビの原因、大人ニキビの原因と違いを知るところから、専用のケアをしないといけませんね。そして、【ニキビ】【吹き出物】などと呼ばれ方に違いはありますが、医学的には「尋常性ざ瘡」です。

 

大人ニキビと思春期ニキビの原因、違いとは?

思春期ニキビの原因について

思春期ニキビは10代に多く、中高生の年齢になると誰もが経験するお肌の悩みの一つです。

成長期の影響で、男性ホルモンの分泌が活発になるために皮脂分泌も増えます。突如として皮脂分泌が増える為に過剰分泌となり、毛穴に溜まりやすくなります。

そして、皮脂を排出する事が追いつかなくなってしまうため、毛穴に皮脂が詰まった状態となります。さらに古い角質と共に毛穴を塞いでしまう事で、ニキビ菌が繁殖して炎症を引き起こしてしまいます。

額、鼻などのTゾーンと呼ばれる皮脂分泌が盛んな場所に出来やすく、頬などに広がる人もいます。

思春期ニキビは、成長期に出来やすいニキビで、20歳を過ぎると次第に治まります。しかし、この思春期の時期にできるニキビケアを正しく行う事はとても大切です。思春期ニキビは中高生ならば誰もが悩んでいる事ですが、悩みを解決する方法を誰も教えてはくれません。

そこで、我流スキンケアを行うと悪化させてしまったり、お肌のダメージを招きかねないです。正しいケアをするためにも正しいスキンケア方法を知る必要があります。正しい知識を身につける事で、大人になってからのスキンケアや化粧品選びにも役に立ちます。

 

大人ニキビの原因について

大人ニキビの原因は、皮脂の分泌が増えるという点については思春期ニキビと同じですが、ほとんどがホルモンバランスの乱れが原因でニキビができやすくなります。このホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまうのは、生活習慣、ストレスによるものがほとんどです。そのため、脂性肌、乾燥肌などのお肌のタイプに関係無く、あらゆるお肌のタイプに出来る可能性があります。

女性ホルモンと肌荒れ、ニキビの関係

生活習慣である食事、運動不足、飲酒、化粧品やメイク汚れなどが影響して、皮脂が過剰に分泌したりターンオーバーが乱れてしまうためにお肌のバリア機能を失って角化しニキビができるなどです。

大人ニキビの嫌な特徴としては、思春期ニキビは成人して年齢を超えると、自然とできなくなり無くなっていきますが、大人ニキビはいつでもできる可能性があり、治りにくいという点です。出来る限り、ホルモンバランスを乱さず、良い生活習慣で過ごす事がカギとなります。また、日頃の社会生活ではストレスも影響するので解消する工夫が必要になります。

ホルモンバランスを整える、改善には生活習慣見直し!

 

大人ニキビでも改善と予防のためには・・・

1つ目は、洗顔によって、お肌を清潔に保つことが基本です。

2つ目は、角質が厚くならないようにする(角質ケア)

3つ目は、アクネ菌を寄せ付かない肌にする(皮脂コントロール)

この基本を抑える事が大切です。

例えば・・

・お肌を清潔に保つことを意識失過ぎるあまりに洗顔を1日に何回もしてしまう。
・お肌への刺激が気になるために洗浄用の石鹸などを使用しない。
・すすぎをする時に泡が残るのが嫌なので、泡すすぎしやすい熱めのお湯で洗っている。
・手早く洗いたいために洗顔料や石鹸をあまり泡立てていない。

などなどです。
これらに該当している方も多いかもしれませんが、全て誤りです。

このようにニキビを気にしているための行動ですが、逆効果となっている場合があるので、正しい方法を知って実践していきましょう。

 

04f20ea384ef422bf3f627a7f7844fa7_s

 

 

洗顔の目的とは?

洗願は顔の汚れ、余分な皮脂、埃などを綺麗に洗い落とすことが目的です。また、大人の女性の場合には、メイクなどの汚れも落とす事です。

しかし、これらの汚れを落とすことが目的の洗顔ですが、お肌に必要な皮脂、水分を保つための角質層にあるセラミドまで洗い流してしまう過剰な洗顔を避ける事が重要です。

洗顔をする目的は汚れを落とす以外にも、肌を整えるという発想も大切なのです。肌の血液の巡りを良くするためのマッサージ効果や肌のバリア機能を失わない優しい洗顔を心がけましょう。

そのためには、洗願料の泡立てがポイントです。


 

洗顔は1日に何回洗うと良い?

ニキビ予防、改善のためには洗顔によってお肌を清潔に保つことは基本です。しかし、洗願を1日に何度もしてしまうと、皮膚表面を覆いバリア機能を果たすはずの必要な皮脂までも洗い落としてしまうために、お肌の乾燥を招いて肌荒れ、ニキビが出来てしまう原因となります。

また、お肌が乾燥するために皮脂分泌が増えて、過剰分泌なると皮脂が毛穴に詰まって結果ニキビが出来やすいお肌にしてしまいます。

そのため、洗願は朝と夜の1日2回に留めておくことが理想です。背が流れやすいスポーツ時、夏の季節などの場合には、洗顔料を使用せずにぬるま湯、水ですすぎ洗い(素洗い)をして余分な汗を洗い流すようにしましょう。


 

洗顔をする前の準備をしっかり

洗顔をする前に必ず手を洗います。手は様々な物を触ったり、作業をするため雑菌が沢山ついています。そのままの手で洗顔をする事は、顔に雑菌をつけている状態ですので、まずは手を清潔にしましょう。

また、髪の毛が長い方や前髪がかかっている場合には、ターバンや毛を束ねるなどをして顔に髪の毛が触れないようにします。

髪の毛が顔に触れていると泡が付着したり、すすぎ残しの原因となります。


 

洗顔のお湯の温度に注意!

洗顔をする場合には、ぬるま湯が良いです。体温よりも少し低めで、ぬるま湯で洗う理由は、お肌の皮脂を洗い流しやすいためです。32℃~34℃が最適な温度とされています。体感温度では少し冷たいくらいです。水の場合は、皮脂が流れにくく毛穴の皮脂が落ちにくいです。

そして、冬になると寒さのために熱めのお湯で洗いたくなりますが、熱いお湯は必要な皮脂を落としすぎてしまうため避けましょう。35℃以上のお湯は熱めなので、できれば避けたいところです。

入浴で湯船に浸かる時は、38度~40度くらいの温度で入る方が多いかもしれません。つまり、湯船に浸かる事も肌の皮脂をかなり落としてしまいますし、水分量は蒸発しやすい状態にあります。


 

適温のぬるま湯で素洗い

まずは、顔を適温のぬるま湯で素洗いをします。素洗いをする事で、付着している汚れや余分は皮脂を洗い落とします。

 


 

洗顔料をしっかりと泡立て、顔に馴染ませ、優しく洗う

洗顔料は、チューブタイプでも石鹸でも重要なのは泡立てる事です。そして、洗顔料も適切な量を使用します。泡立てには専用の泡立てネットなどを使用すると効率的に、大きく泡立てる事ができます。
弾力があるくらい大きく、弾力のあるホイップのようにしましょう。

顔に直接洗顔料をつけて泡立てるのはやめましょう。

十分に泡立てたら、顔に馴染ませて優しく顔全体を洗います。そこで、指でゴシゴシを擦らないで泡の弾力でやさしく洗っていきます。

おでこ、鼻、目の周り、両ほほ、口周りと顔の中心から生え際に沿って洗っていきます。

 


 

洗顔料をしっかりとすすぎ洗い

洗面器などでのためすすぎではなく、流水でしっかりと洗い流します。できれば、20回~30回は行いたいところです。できれば、ぬるま湯が理想ですが、水でも構いません。

洗顔料のすすぎ残しが肌荒れやニキビの原因となる場合もあります。丁寧にすすぎ洗いをしましょう。


 

優しく清潔なタオルでふき取る

すすぎ洗いが終ったら、清潔なタオルでふき取ります。この時にもタオルでゴシゴシと拭く方がいますが、お肌への刺激は極力なくすようにしましょう。

タオルを押し当てるように水分をふき取ります。

※5分以内に保湿をします。

 

以上が理想的な正しい洗顔方法です。洗顔は毎日の作業のようなもので、適当に済ませている方も多いかもしれません。特に朝の忙しい時間帯の準備は、後回しにしてしまいますね・・・。

日々の洗顔を丁寧に行うだけでもお肌の調子は違いますので、意識してみると良いかもしれませんね。

 

角質ケア

角質の厚さによってニキビが出来やすくなります。夏に角質が厚くなり、ニキビが出来やすい状態です。冬は角質が薄くなり、肌の状態は乱れるので、それでもニキビは出来やすいものです。

角質の厚さ解消には、ピーリング(酸を利用し、古い角質を取り除き皮膚を再生させる)を行います。ピーリングを行う事で、新陳代謝を高めてお肌のターンオーバーを正常にします。

皮膚科などでもケミカルピーリングという本格的な施術が受けられますが、市販のピーリング剤は安全に使える濃度の低いものです。ピーリングタイプの石鹸が一番お手頃で、洗願と一緒に刺激が少なく角質を取り除くことができます。

擦って除去したり、ふき取るタイプのものは刺激となるため、肌荒れの原因になる場合もあります。特に女性は月経周期によってお肌が敏感になる時期があります。

 

アクネ菌を寄せ付かないための皮脂コントロール

思春期ニキビの場合

思春期の皮脂分泌は成長ホルモンによる影響で起こりますが、これはストップする事は出来ません。ホルモンを調整する事は出来ないのですが、摂取する食べ物で油(皮脂)をコントロールする事ができます。

・出来る限り油っぽいメニューは食べないようにする。

・野菜を多く摂りビタミンなどの抗酸化作用のある栄養により、皮脂分泌を抑える。

ここで注意が必要なのは、果物の摂りすぎです。果物も抗酸化作用があり、ビタミンが豊富な物多いです。しかし、糖分も多いため摂りすぎてしまうと皮脂を増やしてしまう場合があります。

皮脂分泌を抑制するために皮膚科で行う治療では・・・

皮脂分泌を抑えるためにビタミンの栄養が欠かせないのですが、皮膚科でのニキビ治療でもビタミン剤が処方されています。ビタミンB2、ビタミンB6、抗酸化作用、色素沈着を抑える為にビタミンCも処方されます。

これらは保険適用で処方されるので、ニキビ多い時、悪化している時など効率的に治したい場合は受診するのが良いです。

 

大人ニキビの場合

女性の場合は、月経周期に大きく関わりがあります。月経周期には、月経期、卵胞期、排卵期、黄体期の4つに分かれています。この中で最もニキビが出来やすいのは、黄体期で月経前の2週間です。

この時期が最も皮脂分泌が多い時期であり、スキンケア、食事にも気を付ける必要があります。

大人ニキビと月経周期についての詳細

 

-美容と健康

Copyright© My mind home , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.