窓ガラスの掃除、窓周りのカーテンやブラインドお手入れできている?

更新日:

 

DSC03494

 

暖かくなってくると心地良い風通しのために、窓を開けることが多くなりませんか?そんな時に気になるのが、窓ガラスや網戸の汚れです。気持ちのいい空気の入れ替えのはずが、汚い汚れも部屋に入ってくる?そんな窓は嫌ですね。特に窓の外側はお掃除は後回しになっているのではないでしょうか。

外に出るのが気持ちいいと感じたときが、窓の外掃除の時期かもしれません。掃除をする時期を決めて、窓を綺麗にして視界を明るくしましょう!

 

部屋から見る窓ガラス

部屋から見る窓ガラスが汚れて曇っているのもスッキリしないですが、窓周りの埃もきになるものですよね。埃が溜まりやすい場所でもあります。部屋の汚れ、ゴミは定期的にお掃除をして貯めないようにしなければなりません。

窓ガラスやカーテンの汚れが無いだけでも、お部屋の印象は変わるようですよ。特に寒い季節には結露がどうしても出てしまいます。結露によって窓ガラスやカーテンにカビが付着しているならば、早めに取り除かないとどんどん広がってしまいます。

マメな換気やお掃除が快適にしてくれます。

 

窓ガラスのお掃除方法とは?

窓ガラス専用の洗剤もありますが、お掃除をするときには洗剤は少な目にして、水拭きします。部屋の外側の汚れを落として、その後部屋の内側の汚れを落とします。

そうすると、窓ガラスの汚れの落ち具合が確認できます。洗剤で汚れを落とした後には、新聞紙やぞうきん、ウエスなどで乾拭きをしましょう。

ウェスについてはこちらの記事が参考になります。

洋服を処分でウエスづくり。

ガンコで落ちない窓ガラスの汚れ掃除どうしたらいい?

お掃除をさぼっていた窓ガラスにはガンコな汚れもあります。そんな時には、バケツに中性洗剤を数滴いれて、雑巾で絞って拭き掃除をすると良いようです。

また、100円ショップなどにもスクイージーがあります。これなら手を汚さず、簡単に綺麗にする事ができますね。画像は我が家にあるスクイージーです。ちょっと汚れているけどね。

DSC03490

 

窓ガラスの掃除手順

1 ほこりを落とす

ブラシや掃除機で埃、汚れを落とします。

2水拭き

ぬるま湯で絞った雑巾を使って、窓枠の端から端へ拭いていく。

3新聞紙でこする

新聞紙を丸めて乾く前に汚れをこすります。

4すりガラス

お風呂や脱衣場、トイレなどのすりガラスは、汚れが入り込んで落としにくいです。そのため洗剤を窓全体に×印にしてふりかけ、タワシなどでこすり落とすと良いです。

DSC03491

5大きい掃出し窓ガラス

リビングなどで多い大きい窓ガラスは、スクイージーを利用してお掃除します。

汚れがひどいときには、中性洗剤を溶かした洗浄水溶液をスプレーしたり、重曹水を使っても◎。

 

子供がシールを窓ガラスに貼ってしまった!どうしたらいい?

子供はシールが大好き。どこでもペタペタ貼られてしまい、剥がせないという状態になっていませんか。窓ガラスにも貼られている家庭は多いものです。

ガラスを傷つけないようにして、カッターでシールをさいの目に切り込みを入れます。シールを濡らして上からラップを貼り付けます。シールをふやかして取れやすくします。最後に糊の後が残っている場合には、除光液でこすると綺麗に落とす事ができます。

最近は、シールはがし専用の液も手軽に買えますね。

我が家ではこれを常備しています。ただし、石油系の臭いがするし、使った後には2度拭きが必要。

DSC03495

重曹でもシールをはがす事ができますよ!

こちらの記事もお掃除で参考になります。

重曹掃除、お部屋と玄関のあらゆる場所、家具を綺麗に!

カーテンのお洗濯きちんとしている?

毎日来ている衣類とは違い、後回しになりがちなカーテンですが、定期的にお洗濯していますか?できれば、2,3か月に1回はお洗濯をするのが理想。

もちろん、汚れ方によってマメにお洗濯したいところです。

カーテンは色、柄、素材など様々ですので、洗濯のための品質表示をしっかりと確認しましょう。色落ちしたり、型崩れしてしまっては台無しですからね。

 

カーテンの素材が高級である場合には・・・

量販店などにあるような既製品は、自宅での洗濯が可能な素材が多いですが、高級な素材である場合はクリーニング店にお任せしましょう。

 

カーテンを自宅でお洗濯する場合には・・・

カーテンを自宅で洗濯をする場合には、金具は全て外しましょう。屏風たたみにして洗濯ネットにいれて洗濯機を回します。また大きいサイズの場合には、お風呂の湯船を利用して選択をすると便利です。

基本的にはお洗濯は1度洗いでも十分ですが、油汚れやタバコのヤニなど汚れがひどい場合には、2階洗いをおすすめします。

すすぎを十分にして、脱水は20秒程度で終わらせます。厚手生地のカーテンは、シワをしっかりとのばして陰干しします。レースなどの薄いカーテンはそのままカーテンレールに戻して乾かしてOK。

 

ブラインドのお掃除もサボると埃が溜まる!

ブラインドは放っておくと埃が溜まりやすいものです。

まずは、ブラインドの埃をはたきなどで取り除いていきます。その後、ブラインドは細く、細かな隙間のお掃除なので、洗剤をつけた軍手をして指先も雑巾にしてお掃除すると楽です。

DSC03496

これなら、子供も遊び感覚でお手伝いが出来そうですよ。

洗剤で落とした後、水拭きもしてしっかりと雑巾などでカラ拭きをして完了です。

 

サッシ

DSC03493

 

レールの部分には、埃、ゴミが溜まりやすく取り除きにくい状態になっている場合もあります。小さ目のブラシや古くなった歯ブラシを使って埃、ゴミをかき出します。

隙間などは掃除機でもなかなかできない部分です。

その後、割りばしなどにウェスなどを巻きつけて、水拭きしていきます。

 

レールがサビている場合には?

ブツブツと錆びている場合には、スチールウールのタワシ、耐水性のサンドペーパーでこすりサビを落としていきます。その後、雑巾で拭き取りカーワックスを塗ると錆び予防になります。

 

網戸の汚れ落としも夏前には終わらせたい!

高圧洗浄機を利用した網戸のお掃除をみると、とても汚れがあるのを目の当たりにしますし、是非とも購入して簡単なお掃除で済ませたい・・・って思ってしまいますが、我が家は高圧洗浄機は買わない!と決めています。

ついつい買わなきゃ!って思ってしまっている自分は、広告に踊らされているんだ!と言い聞かせて。実際に購入しても、健康器具のように買って満足になってしまうのも目に見えているからです。

話を戻して・・・・

網戸の汚れ落としは、窓を開ける機会が増える夏前には終わらせたいですね。

 

DSC03492

 

網戸の汚れ落としの手順

網戸の汚れは内側と外側の2種類です。網戸を外して徹底的に洗浄末うのが理想ですが、女性一人ではなかなか大変です。まずは、内側の汚れ落としからスタートしましょう!

 

①ゴミ、埃を掃き出す

・網戸の内側の汚れ⇒室内から出る埃がメイン

掃除機でゴミや埃を吸い取るか、ブラシでかき出すようにサッサと掃く。

・網戸の外側の汚れ⇒砂埃、水垢などがメイン

外側の砂埃も同様にして、掃除機で吸い取るか掃き出す。

 

②中性洗剤を利用した洗浄水溶液でゴシゴシ

洗浄水溶液を網戸に全体に適度にスプレーして、スポンジ2個を内側、外側で挟むようにしてゴシゴシと汚れを落とします。しっかりと汚れを浮かせていきましょう。

この時に、洗剤を直接スプレーすると全体に行き渡らないために、汚れ落としにムラが出来てしまいます。そのため、洗剤を水に溶かして、たっぷりと全体にスプレーするのがコツ。

アルミサッシは、アルカリ性の洗剤には弱い性質があり、サビやすくなります。中性洗剤がおすすめです。

 

③水スプレーをしてすすぎ

最後は水スプレーをして、雑巾でも水拭きを2,3回繰り返します。

お掃除はこれで終了。

 

最後のひと手間で、虫よけスプレーもする

ちょっとプラスαでは、最後に網戸には虫よけのスプレーをすると、虫が部屋に入ってこないですよ。虫よけスプレーはもちろん、簡単手作りのこちらが参考になります。

ハッカ油で虫よけスプレー、虫よけ軟膏を手作り!

 

-掃除

Copyright© My mind home , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.