月見草油の特徴と効果

更新日:

 

 

学名:Oenothera biennis
抽出方法:低温圧搾法
原料:月見草の種子
標準けん化価:189
主成分:リノール酸70~75%、オレイン酸10~15%、パルミチン酸6~8%、ステアリン酸1~2%、リノレン酸8~10%
注意:酸化しやすい性質なため、購入は少量づつがおすすめ。ブレンドする時は酸化防止効果のあるオイルと混ぜると良い。
生命力の強い植物である月見草が原料なため、オイルの成分もパワフルです。北米先住民は傷の治療に使用していたり、王の万能薬とも呼ばれていたそうです。
痒みを抑えたり免疫力を高めてくれます。お肌にもやさしいオイルなのでアトピー肌にも良いとされています。
リノレン酸を多く含んでいるオイルなので、乾燥肌の方にもおすすめです。まったりとした癖のある香りが特徴です。
石鹸作りで使用する場合には、少量をスーパーファットとして使用するのがおすすめです。

※スーパーファットとは?
トレースが出た石鹸にオイルを後からくわえる方法です。石鹸にオイルが残るのでしっとりとした保湿効果の高い石鹸になります。ホホバ油も酸化しにくいためスーパーファットに向いています。

 

 

-オイル

Copyright© My mind home , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.